メシエ

M38

M38(メシエ38)

M38(メシエ38)の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

季節は冬でぎょしゃ座の散開星団。

位置はι星ハッサレーとθ星を繋いだ中間位で「赤経05h28m42.0s/赤緯+35゚50’00″」

適正焦点距離はM38単体は1000~3000mm位。

海外では「Starfish Cluster」と呼ぶ方もいるみたいですが、国内では「ヒトデ星団」とはあまり言う人はいないですかね?

NGC1907の小さな散開星団をセットで撮る場合は500~1000㎜位

IC417(Sh2-234)スパイダー星雲とNGC1931(Sh2-237)フライ星雲とM36まで含める場合は500~600mm位

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲IC405(Sh2-229)勾玉星雲も含める場合は100~200mm位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

メシエ38の天体情報
名称/種類M38(NGC1912)(ヒトデ星団)/散開星団
英語名Messier38「Starfish Cluster」
位置赤経05h28m42.0s/赤緯+35゚50’00”
光度/視直径6.4等級/21.0′
距離3477光年
季節/星座冬の星座ぎょしゃ座(馭者座)
メシエぎょしゃ座のメシエ冬のメシエ
近くの恒星カペラ|アルデバラン|ベテルギウス|ポルックス
星図M38周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M38の位置と周辺の星座やメジャーな天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM38の位置と馭者座(ぎょしゃ座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M38の位置と馭者座(ぎょしゃ座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

世界で一番美しい深宇宙図鑑:太陽系から宇宙の果てまで

500以上の深宇宙の天体と全天の星座や主な天体を網羅した14枚の星図付きの圧倒的に美しい写真

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出10秒/30枚/FL換算約1158mm

2017年09月25日03時08分25秒から反射望遠鏡のミードLXD-55)と一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO25600/露出10秒で撮影して30枚を加算平均コンポジットした撮影したM38のメシエ天体写真です。

【中央】M38【右下】NGC1907|ISO25600/F5/露出10秒/30枚/FL換算約1158mm||ミードLXD55+リコーPENTAX KP|上が天の北極

上の撮影データ
2017年09月25日の撮影データ
撮影日時2017年09月25日03時08分25秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/10秒/30枚=総露光時間300秒
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約1143㎜の直焦点撮影で画像は約1158mm
トリミングなし。「6016×4000」からコンポジットで「5937×3965」。web用にリサイズあり。
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility 5|ステライメージ8|フラットエイド
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→Lab色彩調整→トーンカーブ→ノイズ処理
コメント

右下のNGC1907と相まって綺麗な散開星団ですね。

今度はカメラの設定を低感度×30秒位で撮ってみようと思います。

カメラレンズで300mm位でM36も入れて撮影もしてみたいですね。

スポンサーリンク

光学用ヘリコイドグリス#1500 JHT9110 JAPAN HOBBY TOOL

天体望遠鏡のドローチューブや雲台に使える硬いグリス。赤道儀のギアに使っちゃダメですよ。

天体写真ナビ

コメントを残す