メシエ

マルカリアンの鎖

マルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)

一眼カメラとカメラレンズや望遠鏡で撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)の天体写真と撮影データや位置のわかる星図です。

位置はしし座のβ星デネボラとおとめ座のε星ビンデミアトリクスの中間位でおとめ座銀河団の中心付近。

構成する銀河は M84|M86|NGC4477|NGC4473|NGC4461|NGC4458|NGC4435-NGC 4438(目の銀河)。

適正焦点距離は800~1200mm位がおすすめ。

これらには共有する固有運動があるようだが、よくわかっていないらしい。

天体情報

マルカリアンの鎖の天体情報
名称/種類 マルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)/銀河鎖
英語名 Markarian’s Chain
位置 【中心付近】赤経12h27m55.0s/赤緯+13゚02’20”
季節/星座 春の星座おとめ座(乙女座)かみのけ座(髪座)
銀河団 おとめ座銀河団
メシエ M84M86おとめ座のメシエ春のメシエ
NGC NGC4402NGC4425NGC4435+NGC4438(目の銀河)NGC4458NGC4461NGC4473NGC4477NGC4479NGC4487NGC4488
近くの恒星 スピカ|デネボラ|アルクトゥールス
星図 マルカリアンの鎖付近の星図(www.astro.cz)

写真星図

マルカリアンの鎖の位置がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとカメラレンズで撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)付近の天体がわかる拡大写真星図です。

マルカリアンの鎖付近の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D


一眼レフカメラとカメラレンズで撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)付近の天体がわかる拡大写真星図です。

マルカリアンの鎖付近の天体がわかる拡大写真星図|FL換算約547mm|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフ+カメラレンズ

PENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

ISO25600/F6.3/30秒/67枚/FL換算約1156mmと845mm

一眼カメラとカメラレンズで撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)の天体写真です。撮影日時は2019年05月03日23時07分06秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算約1156㎜/ISO25600/F6.3/露出30秒/67枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

マルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)|ISO25600/F6.3/30秒/67枚/FL換算約1156mm|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII|上が天の北極

一眼カメラとカメラレンズで撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)の天体写真です。撮影日時は2019年05月03日23時07分06秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算約845㎜/ISO25600/F6.3/露出30秒/67枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

マルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)|ISO25600/F6.3/30秒/67枚/FL換算約845mm|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII|上が天の北極

上の撮影データ
2019年05月03日の撮影データ
撮影日時 2019年05月03日23時07分06秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ リコー PENTAX KP
レンズ TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14PAmazonで探す
フィルター なし
露光時間 ISO25600/F6.3/30秒/67枚/総露光時間33分30秒(2010秒)
NR off
焦点距離 上:FL換算約1156mm/下:FL換算約845mm
トリミング 上:「6016×4000」→「1561×1044」/下:「6016×4000」→「2136×1428」
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→マトリクス色彩補正→トーンカーブ
画像処理動画 作成したらアップします。
コメント

カメラレンズでFL換算約300mmで撮影してトリミングしましたが、計算上1156mmでした。

これなら自分の望遠鏡でも同じくらいの焦点距離になるので今度は望遠鏡で撮影してみたいと思う。

トリミングで拡大してもやはり荒くなりますもんね。

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す