メシエ

M1(かに星雲)

M1(メシエ1)かに星雲

M1(メシエ1)かに星雲の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

冬の星座おうし座の星雲(超新星の残骸)。

位置はζ星の北側「赤経05h34m30.0s/赤緯+22゚01’00″」視直径が6′×4′と小さい為に適正焦点距離は3000~8000mm位がおすすめ。

8.4等級なので比較的明るい星雲です。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影したM1(カニ星雲)を随時更新中。

天体情報

メシエ1の天体情報
名称/種類 M1 (NGC1952/Sh2-244)「かに星雲」/超新星残骸(1054年出現)
英語名 Messier1「Crab Nebula」
位置 赤経05h34m30.0s/赤緯+22゚01’00”
光度/視直径 8.4等級/6′×4′
距離 7200光年
季節/星座 冬の星座おうし座(牡牛座)/Taurus(タウルス)
メシエ おうし座のメシエ冬のメシエ
近くの恒星 エルナト|ベテルギウス|アルヘナ|アルデバラン|カペラ
星図 M1(かに星雲)周辺の星図(www.astro.cz)
星図2 M1(かに星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M1(かに星雲)の位置とおうし座周辺の写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影したM1(かに星雲)の位置と牡牛座(おうし座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M1(かに星雲)の位置と牡牛座(おうし座)周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約1316mmと3587mm

2017年11月15日23時20分35秒から口径15.2cm反射望遠鏡ミードLXD-55/F5と一眼レフカメラのリコーPENTAX-KPでISO25600/露出20秒を15枚加算平均コンポジットした撮影したフルサイズ換算約1316mmのM1(かに星雲)のメシエ天体写真です。

M1(かに星雲)|ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約1316mm|ミードLXD55+リコーPENTAX KP


2017年11月15日23時20分35秒から口径15.2cm反射望遠鏡ミードLXD-55/F5と一眼レフカメラのリコーPENTAX-KPでISO25600/露出20秒を15枚加算平均コンポジットした撮影したフルサイズ換算約3587mmのM1(かに星雲)のメシエ天体写真です。

M1(かに星雲)|ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約3587mm|ミードLXD55+リコーPENTAX KP

上の撮影データ
2017年11月15の撮影データ
撮影日時 2017年11月15日23時20分35秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
露光時間 ISO25600/20秒/15枚=総露光時間300秒(5分)
NR off
焦点距離 【上】FL換算約1316mm【下】FL換算約3587mm
トリミング 【上】なし【下】「5232×3354」→「1920×1231」
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダーク減算
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→マルチバンドシャープ
画像処理動画 M1(かに星雲)のメシエ天体写真を画像処理してみた(2017年11月15日撮影分)
コメント

15枚コンポジットではまだノイズが多いですね。

ただ、20秒露光でも結構写ったので次は総露出時間を60分にしてみようと思います。

CANON EOS X7i+ミードLXD55

ISO6400/F5/露出30秒/5枚/FL換算約1759mm

2017年01月04日00時36分25秒から口径15.2cm反射望遠鏡(ミードLXD-55)/F5と一眼レフカメラCANON EOS KISS X7iでISO6400/露出30秒で撮影して5枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1759mmのM1(かに星雲)のメシエ天体写真です。

M1(かに星雲)|ISO6400/F5/露出30秒/5枚/FL換算約1759mm|ミードLXD55+キャノン EOS KISS X7i

上の撮影データ
撮影日時 2017年01月04日00時36分25秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ CANON EOS KISS X7i
フィルター なし
NR off
露光時間 ISO6400/30秒×5枚=総露光時間150秒(2分30秒)
焦点距離 FL換算約1759mm
トリミング 「3456×5184」→「3368×2245」
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダーク減算
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→マルチバンドウェーブレット→明るさ/コントラスト調整→ソフトフィルターマスク→トーンカーブ
コメント

CANONのeos X7iはISO6400だと凄くノイズが少なくて良いですが、5枚コンポジットだとちょっと厳しいですね。

総露出時間を上げて撮影してみたい天体です。

画像処理もやり直してみようかな。

かに星雲は天体望遠鏡がおすすめ

かに星雲は大きさが6.0′と非常に小さ目の星雲です。

私の天体写真でもわかるようにフルサイズ換算で1000mm程度ではかなり小さく写りますがトリミングすれば何とかなりそうなサイズです。

トリミングした3587mmで上部の写真ですから当然カメラレンズでは撮影は困難っぽいです。

2000mm位で撮影して2倍にトリミングなどするとそこそこ良い感じになりそうですね。

また、かに星雲の内部はフィラメント構造になっているのでそういう部分を映し出したくなります。

15cmの反射望遠鏡でも総露出時間を長くすると細部のカラフルな色が出てきますよ。

20~30cmの大口径の反射望遠鏡やシュミットカセグレンなどで撮影すると大迫力でおすすめですね。

Kenko 双眼鏡 ultraVIEW 6x30WP ポロプリズム 6倍30口径 防水 020395

僕が使っている6×30の双眼鏡です。超軽量コンパクトで撮影中ずっと首にぶら下げてます。星図を見てこの双眼鏡で見て位置を確認する感じですね。こんな安いのにめちゃシャープです。頻繁に売り切れます。

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す