メシエ

M1(かに星雲)

M1(かに星雲)

かに星雲(メシエ1)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

冬の星座おうし座の星雲(超新星の残骸)で、視直径が6.0′と小さい為に適正焦点距離は4000~8000mm位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影したM1(カニ星雲)を随時更新中。

天体情報

名称/種類M1 (NGC1952)「かに星雲」/超新星残骸
位置赤経05h34m30.0s/赤緯+22゚01’00”
光度/視直径8.4等級/6.0′
季節/星座冬の星座おうし座(牡牛座)/Taurus(タウルス)
近くの恒星エルナト|ベテルギウス|アルヘナ|アルデバラン|カペラ
星図M1(かに星雲)周辺の星図(www.astro.cz)
星図2M1(かに星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M1(かに星雲)の位置とおうし座周辺の写真星図です。

おうし座(牡牛座)の天体の位置がわかる写真星図です。メシエはM45(プレアデス星団・スバル)、M1(かに星雲)。メジャーな天体は散開星団のMel25(ヒアデス星団)、散光星雲のSh2-238-NGC1555(ハインドの変光星雲)、Sh2-245(オリオンエリダヌススーパーバブル)など。その他惑星状星雲や散開星団など。

おうし座(牡牛座)周辺の天体がわかる写真星図

一眼レフ+反射望遠鏡

ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約3841mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正/リアレゾOFF/露出20秒×15枚を加算平均コンポジットした2017年11月15日23時20分35秒から撮影したM1(かに星雲)のメシエ天体写真です。

かに星雲(M1)|ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約3841mm

撮影日時2017年11月15日23時20分35秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/20秒/15枚=総露光時間300秒(5分)
NRoff
焦点距離FL換算約1143㎜で直焦点撮影でトリミングにより画像は約3841㎜相当
トリミング「6016×4000」から「1790×1007」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク減算
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→マルチバンドシャープ
画像処理動画M1(かに星雲)のメシエ天体写真を画像処理してみた(2017年11月15日撮影分)
コメント15枚コンポジットではまだノイズが多いですね。ただ、20秒露光でも結構写りますね。次は総露出時間を60分にしてみようと思います。

ISO6400/F5/露出30秒/5枚/FL換算約2038mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/EOS KISS X7i/ISO6400/カメラのダーク/ソフトビニングフラット補正/露出30秒×5枚を加算平均コンポジットした2017年01月04日00時36分25秒から撮影したM1(かに星雲)のメシエ天体写真です。

かに星雲(M1)|ISO6400/F5/露出30秒/5枚/FL換算約2038mm

撮影日時2017年01月04日00時36分25秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i【Amazon】
フィルターなし
NRoff
露光時間ISO6400/30秒×5枚=総露光時間150秒(2分30秒)
焦点距離FL換算約1219㎜の直焦点撮影でトリミングにより画像は約2038mm相当
トリミング「5184×3456」→「3100×2068」
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク減算
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→マルチバンドウェーブレット→明るさ/コントラスト調整→ソフトフィルターマスク→トーンカーブ
コメント5枚コンポジットだとノイズが多いですね。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメントを残す