NGC

NGC2438

NGC2438

NGC2438の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は冬で「とも座」の惑星状星雲。

位置は散開星団M46の中(中心からやや北寄り)にあり「赤経07h41m50.8s/赤緯-14゚44’09″」

適正焦点距離は2438単体で6000~23000㎜位。

M46とNGC2438のセットでは1000~1500mm位。

M47も含めると300~800mm位。

一眼カメラと望遠鏡で撮影したNGC2438の天体写真を随時更新中。

天体情報

名称/種類NGC2438「ひょうたん星雲」/散開星団
英語名Calabash Nebula
位置赤経07h41m50.8s/赤緯-14゚44’09″(J2000)
光度/視直径10.0等級/1.1′
季節/星座冬の星座とも座(艫座)/Puppis(プッピス)
とも座のメシエM46M47M93
近くの恒星シリウス|プロキオン|カノープス|アルファルド
星図NGC2438周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

一眼カメラとカメラレンズで撮影したNGC2438と艫座(とも座)付近の天体の位置がわかる写真星図です。

NGC2438と艫座(とも座)付近の天体の位置がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO51200/露出10秒/27枚/FL換算約1158mmと3587mm

2017年10月27日02時33分02秒から口径15.2cm/F5の反射望遠鏡LXD-55と一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO51200/露出10秒を27枚加算平均コンポジット撮影したフルサイズ換算約1158mmのNGC2438とM46の天体写真です。

NGC2438とM46|ISO51200/露出10秒/27枚/FL換算約1158mm|LXD55+PENTAX KP

2017年10月27日02時33分02秒から口径15.2cm/F5の反射望遠鏡LXD-55と一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO51200/露出10秒を27枚加算平均コンポジットした撮影したフルサイズ換算約3587mmのNGC2438の天体写真です。

NGC2438|ISO51200/露出10秒/27枚/FL換算約3587mm|LXD55+PENTAX KP

撮影日時2017年10月27日02時33分02秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO51200/10秒/27枚=総露光時間270秒(4分10秒)
NRoff
焦点距離FL換算約1158mm(上)とトリミングにより約3587㎜(下)
トリミング「6026×4026」→「4164×2781」にリサイズ(上)と「「6026×4026」→「1920×1280」にトリミング(下)
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→デジタル現像→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→ガウスぼかしマスク→Lab色彩調整
コメントNGC2438単体で撮影することは少なそうですが、シュミカセなどで大きく撮影すると結構綺麗な惑星状星雲だと思います。周囲に少し赤いHαもあるので赤外線改造カメラで撮っても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

VSGO カメラクリーニング用品 フルフレームセンサースワブ+センサークリーニング液セット DDR-24

カメラメーカーご用達の信頼性が高くてやり易いセンサークリーナー。毎回メーカーに出してられないのでこれで掃除しています。フルサイズ用とAPS-C用とマイクロフォーサイズ用があります。センサーサイズによってハケの大きさが違いますよ。センサークリーナーの超おすすめ品!

天体写真ナビ

コメントを残す