NGC

NGC7741

NGC7741

NGC7741の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でぺガスス座の棒渦巻銀河。

位置はα星アルフェラッツの近くで秋の四辺形の中にあり、「赤経23h43m54.0s/赤緯+26゚05’00″」

視直径は「4′.4×3′.0」で11.0等級

適正焦点距離は2000~10000㎜位

NGC7741本体の北に隣接している銀河はPGC214984。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

NGC7741の天体情報
名称/種類NGC7741/棒渦巻銀河
位置赤経23h43m54.0s/赤緯+26゚05’00″(J2000)
光度/視直径11.4等級/4′.4×3′.0
距離30,000,000光年
季節/星座秋の星座ぺガスス座
ぺガスス座のメシエ【球状星団】M15
近くの恒星アルフェラッツ|シェアト|マルカブ|アルゲニブ

写真星図

NGC7741の位置とぺガスス座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したNGC7741の位置とぺガスス座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC7741の位置とぺガスス座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm

桐灰化学 桐灰はるカイロ 衣類に貼るタイプ 14時間持続 30個箱入

天体撮影時には望遠鏡の筒の周りに張り付けて一年中霜対策に使ってます。冬は背中とお腹に張り付けて防寒対策。必需品の1つです。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/93枚/FL換算約1964mmと3581mmと9156mm

2020年09月14日20時19分22秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して93枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1964mmのNGC7741の天体写真です。。

NGC7741|ISO25600/F5/露出30秒/93枚/FL換算約1964mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

2020年09月14日20時19分22秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して93枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約3581mmのNGC7741の天体写真です。。

NGC7741|ISO25600/F5/露出30秒/93枚/FL換算約3581mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

2020年09月14日20時19分22秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して93枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約9156mmのNGC7741の天体写真です。。

NGC7741|ISO25600/F5/露出30秒/93枚/FL換算約9156mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

上の撮影データ
NGC7741の撮影データ
撮影日時2020年09月14日20時19分22秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/30秒/93枚=総露光時間46.5分(2790秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】1964mm【中】3581mm【下】9156mm
トリミング【上】「4695×3121」→「3500×2327」【中】「4695×3121」→「1920×1277」【下】「4695×3121」→「751×499」→「1920×1278」にサイズアップ
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像→ST8で自動コンポジット→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ホワイトバランス→星マスク→トーンカーブ→デジタル現像→ミニマムフィルター星雲マスク→マルチバンドウェーブレット→マルチバンドシャープ→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→Lab色彩調整→光芒マスク→Lab色彩調整→ホワイトバランス→バックグラウンドスムース→コントラスト調整
コメント

NGC7741は思ったよりも小さな銀河でした。

トリミングで大きくして見れるようになりましたが、大口径の反射望遠鏡やシュミットカセグレンで撮影するともっと細部まで分解できるんでしょうね。

でも15㎝F5反射でもまずまず形がわかるように撮影できました。

周辺にはPGC天体が山のように映っていますが、小さくて目立たないので星図に番号は殆ど載せませんでした。

今回はISO25600/30秒/93枚で総露出46分だったので、ちょっとノイズが多くて画像処理に苦労。

AIによるDenoiseとバックグラウンドスムースで良くなったので助かりました。

次回はもっと長い焦点距離の望遠鏡で撮影してみたいです。

意外と淡いのでもう少し露光した方が良さそうです。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


光学用ヘリコイドグリス#1500 JHT9110 JAPAN HOBBY TOOL

天体望遠鏡のドローチューブや雲台に使える硬いグリス。赤道儀のギアに使っちゃダメですよ。

天体写真ナビ

コメントを残す