NGC

NGC6946(花火銀河)

NGC6946(花火銀河)

花火銀河(NGC6946)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でケフェウス座の中間渦巻銀河。

位置は白鳥座ケフェウス座の境界線付近でα星のアルデミランの近く「赤経20h34m48.0s/赤緯+60゚09’00″」

約9等級で視直径は「11.5 x 10′」位。

適正焦点距離は単体で800~4000㎜位

NGC6939の散開星団も含める場合は600~1600mm位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新します。

IoSystemsInc アクリル製フォーカシングマスク バーティノフマスク 対応径125-180mm[国内正規品]

天体望遠鏡のピント合わせに使うバーティノフマスク。これがあればピント合わせが凄く簡単です。サイズはいろいろあるし、強度も最高です。

天体情報

NGC6946(花火銀河)の天体情報
名称/種類NGC6946「花火銀河」(UGC11597/PGC65001/Arp29/Caldwell12)/中間渦巻銀河
英語名「Fireworks Galaxy」
位置赤経20h34m48.0s/赤緯+60゚09’00″(J2000)
光度/視直径9等級/11.5×10′
距離22,500,000光年
季節/星座秋の星座ケフェウス座
ケフェウス座のメシエなし
近くの恒星アルデミラン|デネブ|カフ|シェダル|ポラリス

写真星図

NGC6946(花火銀河)の位置とケフェウス座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したNGC6946(花火銀河)の位置とケフェウス座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC6946(花火銀河)の位置とケフェウス座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm++KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/149枚/FL換算約1402mmと3587mm

2020年10月20日23時02分43秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して149枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1402mmのNGC6946(花火銀河)の天体写真です。

NGC6946(花火銀河)|ISO25600/F5/露出30秒/149枚/FL換算約1402mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

2020年10月20日23時02分43秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して149枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約3587mmのNGC6946(花火銀河)の天体写真です。

NGC6946(花火銀河)|ISO25600/F5/露出30秒/149枚/FL換算約3587mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

上の撮影データ
2020年10月20日の撮影データ
撮影日時2020年10月20日23時02分43秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/30秒/149枚=総露光時間74分30秒(4470秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】1402mm【下】3587mm
トリミング【上】「5341×3551」→「4912×3266」【下】「5341×3551」→「1920×1277」※web用にリサイズ
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像→ST8で自動コンポジット→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→デジタル現像→ミニマムフィルター星雲マスク→カラーバランス→「R-G」+「B-G」マスク→カラーバランス→Lab色彩調整→恒星のみセルフHDR→カラーバランス→Lab色彩調整→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→バックグラウンドスムース→コントラスト調整
コメント

花火銀河と聞くとM101(回転花火銀河)M83(南の回転花火銀河)かと思いますが、ケフェウス座にあるのは花火銀河(NGC6946)です。

NGCですけど案外大き目な銀河なので、結構撮り易いかと思います。

NGC6939と言う散開星団が近くにあるのですが、今回はこの花火銀河を中央に入れて撮影してみました。

若干淡いのもあってもう少し露光時間を長くしても良かったかもしれません。

ただ僕の撮影地では北側は少し光害があるのでこれ以上は露光できませんでした。

次回はOⅢフィルターやHαナノーバンドフィルターなどで撮影して合成してみたいと思ってます。

多分この花火銀河も赤いポツポツがあると思うんですよね。

青も入っている銀河なので、もっとカラフルに撮影してみたいです。

ISO25600/F5/露出30秒/96枚/FL換算約1604mm

2020年09月15日02時01分40秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して96枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1604mmのNGC6946(花火銀河)と散開星団のNGC6939の天体写真です。

NGC6946(花火銀河)とNGC6939|ISO25600/F5/露出30秒/96枚/FL換算約1604mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

上の撮影データ
2020年09月15日の撮影データ
撮影日時2020年09月15日02時01分40秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/30秒/96枚=総露光時間48分(2880秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約1604mm
トリミングなし※web用にリサイズ
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像→ST8で自動コンポジット→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ミニマムフィルター星雲マスク→カラーバランス→Lab色彩調整→恒星のみセルフHDR→カラーバランス→Lab色彩調整→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→バックグラウンドスムース
コメント

初めてNGC6946(花火銀河)を撮影しましたが、近くにもNGC6939の散開星団が視野に入っていたのでセットで撮影してみました。

北の空はいつも光害が強いので色合いが不自然になってしまった調整し切れませんでした。

天体写真は恒星と星雲のホワイトバランスが凄く大事な気がします。

いくら背景をニュートラルグレーにしても光害があると恒星や星雲の色合いが不自然になってしまう。

画像処理で何とかしたいのですが、次回撮影してもう一度チャレンジしてみようと思います。

とりあえず今回は花火銀河をとりあえず撮ったと言う事で。

遠征に行っても光害の影響は受けるので、光害カットフィルターもちょっと考えようかなぁ。

深夜だとまだマシなんですけど、深夜になるまでが結構光害強いですよねぇ。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


VSGO カメラクリーニング用品 フルフレームセンサースワブ+センサークリーニング液セット DDR-24

カメラメーカーご用達の信頼性が高くてやり易いセンサークリーナー。毎回メーカーに出してられないのでこれで掃除しています。フルサイズ用とAPS-C用とマイクロフォーサイズ用があります。センサーサイズによってハケの大きさが違いますよ。センサークリーナーの超おすすめ品!

天体写真ナビ

コメントを残す