NGC

NGC869+NGC884(ペルセウス座二重星団)

ペルセウス二重星団(NGC869とNGC884)

NGC869+NGC884(ペルセウス座二重星団)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でペルセウス座の散開星団。

位置はα星ミルファクからカシオペア座のδ星ルクバーを繋いで2/3位で2つの中心部は「赤経02h20m39.0s/赤緯+57゚08’43″」です。

適正焦点距離は300~2000㎜位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新中。

天体情報

NGC869+NGC884の天体情報
名称/種類 NGC869(h)+NGC884(χ)「ペルセウス座二重星団」/散開星団
英語名 「Double Cluster」「Perseus Cluster」「Double Cluster h+χ(エイチカイ)」
NGC869の位置 赤経02h19m00.0s/赤緯+57゚09’00”
NGC884の位置 赤経02h22m24.0s/赤緯+57゚07’00”
中心部の位置 赤経02h20m39.0s/赤緯+57゚08’43”
光度/視直径 共に4.0等級/30.0′
距離 共に7,502光年
季節/星座 秋の星座ペルセウス座/Perseus
ペルセウス座のメシエ 【散開星団】M34【惑星状星雲】M76(小亜鈴状星雲)
近くの恒星 ツィー|シェダル|カフ|ミルファク|カペラ
星図 NGC869とNGC884(ペルセウス座二重星団)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

NGC869とNGC884(ペルセウス座二重星団)の位置と周辺の天体や星座がわかる写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影したNGC869+NGC884(ペルセウス二重星団)の位置とペルセウス座周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

NGC869+NGC884(ペルセウス二重星団)の位置とペルセウス座周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO51200/F5/露出10秒/27枚/FL換算約1529mm

一眼レフカメラと反射望遠鏡で2017年09月19日00時43分36秒から撮影したNGC884とNGC869「ペルセウス座二重星団」の天体写真です。

NGC884+NGC869(ペルセウス二重星団/Perseus Double Clusterstar)|ISO51200/F5/露出10秒/27枚/FL換算約1529mm|PENTAX-KP+LXD55

上の撮影データ
2017年09月19日の撮影データ
撮影日時 2017年09月19日00時43分36秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
露光時間 ISO51200/10秒/27枚=総露光時間270秒
NR off
焦点距離 FL換算1143mmの直焦点撮影で画像は約1529mm
トリミング 「6016×4000」から「4496×3003」にトリミング後リサイズ。
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダーク
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→Lab色彩調整→ソフトフィルターマスク→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ
コメント

散開星団は補正ガラスの入っていない普通のニュートン式反射望遠鏡の方が星が十字に煌びやかになって綺麗ですね。

普通の反射望遠鏡欲しい。

それとPENTAX KPは高感度短時間露光ができるので、オートガイドなしの赤道儀追尾だけでも星が止まってくれるのでおススメです。

Koolehaoda 1/4ミニボールヘッド&カメラビデオライト三脚一脚用ホットシューマウントアダプター

カメラ上部のシューに取り付けられるミニ雲台。カメラの上に小型カメラやライトなどを取付けるのに使ってます。あると何かと便利!

天文ファンやカメラが趣味の方はシェアー&フォローをよろしくお願いします!

天体写真ナビ

コメントを残す