NGC

NGC2359(トールの兜星雲)

NGC2359(トールの兜星雲)

NGC2359(トールの兜星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

冬の星座おおいぬ座の散光星雲。

位置はα星シリウスといっかくじゅう座のα星の中間位で、光度は9等級で視直径は8’位。

すぐ西側に重なるように淡い散光星雲IC468がありNGC2359とIC468でSh2-298となっている。

中心付近に超高温の巨星HD56925(WR7)がある。

適正焦点距離は単体では800~2,500mm位

300mm位で撮るとかもめ星雲(IC2177+NGC2327)も視野に入るがトールの兜星雲がかなり小さくなる。

天体情報

NGC2359(トールの兜星雲)の天体情報
名称/種類 NGC2359(Sh2-298)「トールの兜星雲」「トールのヘルメット星雲」「アヒル星雲」/散光星雲
英語 「Thor’s Helmet Nebula」「Duck Nebula」
NGC2359(トールの兜星雲)の位置 赤経07h18m31.0s/赤緯-13゚13’08″(J2000)
HD56925(WR7)の位置 赤経07h18m29.1316s/赤緯-13゚13′01.507″(J2000)
光度/視直径 9等級/8′
距離 11,970光年
季節/星座 冬の星座おおいぬ座
近くの恒星 シリウス
星図 NGC2359周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

NGC2359(トールの兜星雲)の位置とおおいぬ座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC2359(トールの兜星雲)の位置とおおいぬ座周辺の天体がわかる写真星図です。シリウスの左側にある矢印部分です。

NGC2359(トールの兜星雲)の位置とおおいぬ座周辺の天体がわかる写真星図

NGC2359(トールの兜星雲)のフルサイズ換算約1157mmの写真星図です。中央がトールの兜星雲でその右側に散光星雲のIC469があり、全体がSh2-298となっています。

NGC2359(トールの兜星雲)の写真星図|FL換算1157mm

反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/189枚/FL換算約1157mmと2451mm

2021年11月05日01時30分23秒から撮影したおおいぬ座の散光星雲NGC2359(トールの兜星雲)の天体写真です。焦点距離はフルサイズ換算約1157mm。IC468は淡くて殆ど写っていませんが、トールの兜と合わせてSh2-298となります。上が天の北極です。

NGC2359(トールの兜星雲)|Meade LXD55+リコーPentax KP+Kenkoスターリーナイトフィルター|FL換算約1157mm

2021年11月05日01時30分23秒から撮影したおおいぬ座の散光星雲NGC2359(トールの兜星雲)の天体写真です。焦点距離はフルサイズ換算約2451mm。IC468は淡くて殆ど写っていませんが、トールの兜と合わせてSh2-298となります。上が天の北極です。

NGC2359(トールの兜星雲)|Meade LXD55+リコーPentax KP+Kenkoスターリーナイトフィルター|FL換算約2451mm

上の撮影データ
2021年11月05日の撮影データ
撮影日時 2021年11月05日01時30分23秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ リコー PENTAX KP
レンズ MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルター Kenko スターリーナイトフィルター
露光時間 ISO25600/F5/30秒/189枚=総露光時間1時間34分30秒(5670秒)
NR off
焦点距離 フルサイズ換算約【上】1157mm【下】2451mm
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC
画像処理ソフト ステライメージ9|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法 ST9で自動コンポジット→レベル調整→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→デジタルノイズ処理→Corel paintshop版のDeNoise AI(ノイズ低減AI)→恒星周りと星雲のマスク→Lab色彩調整→ミニマムフィルター星雲マスク→Lab色彩調整→ホワイトバランス→トーンカーブ→センサーカブリ調整
コメント

以前にフィルターなしでトールの兜星雲を撮影した時は周辺は殆ど写ってなかったのでボツにしたのですが、今回は同じ機材にスターリーナイトフィルターでチャレンジしてみたらきっちり写ってくれました。

ノーマルカメラなので赤い部分が少し物足りないですが周辺まで写って嬉しい!

さすがにIC468は殆どわからないですが、そこは次回の目標としておきます。

オートガイドがあればもっともっと露光してモクモクにできるかもしれないですね。

神野山位の光害ではこのスターリーナイトフィルターが良い感じです。

もう天体望遠鏡に取り付けておくのが当たり前になってきました。

天体写真ナビ

コメントを残す