NGC

NGC660

NGC660

NGC660の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でうお座の極リング銀河(Polar Ring Galaxy)。

位置はM74の近くおひつじ座の境界線付近で、「赤経01h43m00.0s/赤緯+13゚38’00″」

光度は10.8等で視直径は「8.5’×3.2」位

適正焦点距離は1500~4500㎜位がおすすめ。

中心部の北側にX字の暗黒帯があり、極方向にリング状に渦の腕が伸びている珍しいタイプの系外銀河。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

NGC660の天体情報
名称/種類NGC660(PGC6318/LEDA6318/UGC1201)/極リング銀河(Polar ring Galaxy)
位置赤経01h43m00.0s/赤緯+13゚38’00″(J2000)
光度/視直径10.8等/8.5’×3.2
距離45,000,000光年
季節/星座秋の星座うお座
うお座のメシエ【銀河】M74
近くの恒星アルレシャ|ハマル|アルフェラッツ|メンカル

写真星図

NGC660の位置とうお座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したNGC660の位置とうお座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC660の位置とうお座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm++KenkoソフトフィルターPRO1D

MARBERO ポータブル電源 大容量 60000mAh/222Wh 小型軽量 PSE認証済み AC(200W 瞬間最大300W)/DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0 二年間保証

あらゆる出力に対応するので赤道儀やカメラの電源を取るのに使えるかなり小型のポータブル電源。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/117枚/FL換算約1256mmと3581mm

2020年10月20日21時12分58秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して117枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1256mmのNGC660の天体写真です。

NGC660の写真星図|ISO25600/F5/露出30秒/117枚/FL換算約1256mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

2020年10月20日21時12分58秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO25600/F5/露出30秒で撮影して117枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約3581mmのNGC660の天体写真です。

NGC660の写真星図|ISO25600/F5/露出30秒/117枚/FL換算約3581mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

上の撮影データ
2020年10月21日の撮影データ
撮影日時2020年10月20日21時12分58秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/30秒/117枚=総露光時間58.5分(3510秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】1256mm【下】3581mm
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像→ST8で自動コンポジット→レベル補正→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→レベル補正星雲マスク→カラーバランス→明部星雲マスク→マルチバンドシャープ→Lab色彩調整→暗部星雲マスク→カラーバランス→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→カブリ補正→カラーバランス→ミニマムフィルター星雲マスク→コントラスト調整→背景マスク→コントラスト調整→星マスク→恒星のみセルフHDR→レベル補正
コメント

ずっと気になっていたNGC660を一回撮って見たかったので撮影しました。

けど!?大体の天体はISO25600/F5/30秒で大体写るのですが、この銀河は中心部は写るのですが周辺の渦の腕部分が凄く淡くて写せきれませんでした・・・

かなり強調してみたのですが、背景ノイズが目立つのでそこそこの強調で断念。

もっとコンポジットすれば良いのでしょうが、そもそもが1枚当たりの露光時間が足りないみたいです。

オートガイドないしなぁ。

次はISO25600/1分露光にするか?ISO51200/30秒にするか。

ただ、僕の撮影地ではISO25600/1分とかは真っ白に白飛びしちゃうので、もうちょっと暗い場所に行った時に撮影する必要があるかも。

若しくはオートガイドで光害カットフィルターですかね?

凄く変わった銀河なのでウキウキしていたのですが思ったように写真にできず残念です。

NGC660を撮影する時は周辺の淡い部分に着目して撮影してもらうと良いかと思います。

中心部が写っているからと安心してはなりませんよ!

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

何にもしないとカメラセンサーやレンズにカビやシミが付くのでカメラやレンズボックス、天体望遠鏡ケースの中に入れてます。湿気を吸うと膨らみます。

天体写真ナビ

コメントを残す