NGC

NGC7635(バブル星雲)

バブル星雲(NGC7635)

バブル星雲(NGC7635)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でカシオペア座の散光星雲。

位置はα星シェダルからβ星カフを繋いだ距離を等倍にした付近。

適正焦点距離は1000~4000㎜位。

バブル星雲とM52を含めると約500~1700mm位。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

名称/種類NGC7635(バブル星雲)/散光星雲
位置赤経23h20m42.0s/赤緯+61゚12’00”
光度/視直径~10等級/15.0′
季節/星座秋の星座カシオペア座/Cassiopeia
近くの恒星カフ|シェダル|ツィー|アルデミラン|デネブ
星図NGC7635(バブル星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

バブル星雲の位置やカシオペア座の天体と周辺の星座がわかる写真星図です。

カシオペア座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。メシエは散開星団のM52とM103。メジャーな天体は【散光星雲】IC1805(ハート星雲)・NGC7635(バブル星雲)・IC1848(胎児星雲・ソール星雲)・NGC281(パックマン星雲)【散開星団】NGC457(ふくろう星団/トンボ星団/ET星団)などです。

カシオペア座周辺の天体がわかる写真星図

一眼レフ+反射望遠鏡

ISO25600/F5/露出20秒/31枚/FL換算約2816mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月25日00時22分44秒から撮影したNGC7635(バブル星雲)の天体写真です。

バブル星雲(NGC7635)|ISO25600/F5/露出20秒/31枚/FL換算約2816mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月25日00時22分44秒から撮影した右下:NGC7635(バブル星雲)と左上:M35の天体写真です。

【左上】M35【右下】バブル星雲(NGC7635)|ISO25600/F5/露出20秒/31枚/FL換算約1725mm

撮影日時2017年09月25日00時22分44秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/20秒/31枚=総露光時間620秒
NRoff
焦点距離FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約2816mm
トリミング「4000×6016」から「2441×1628」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダークのみ
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8にて自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル調整→星マスク→トーンカーブ→ノイズ処理→Lab色彩調整→恒星光芒マスク→Lab色彩調整→ソフトビニング星雲マスクLab色彩調整→星マスク→トーンカーブ→明るさ/コントラスト調整→レベル補正→ソフトフィルターマスク→トーンカーブ
コメントバブル星雲とM52のセットは綺麗ですね。バブル星雲の周辺はもっと赤い星雲があるので、次はもっと露光を増やして淡い部分を出したい。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメントを残す