星座

はくちょう座

はくちょう座(白鳥座)/Cygnus(キグナス)

白鳥座(はくちょう座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。

メシエは散開星団のM29とM39。

散光星雲のNGC7000(北アメリカ星雲)|IC5067~5070(ペリカン星雲)|NGC6992(網状星雲)|NGC6960(魔女のほうき星雲)|NGC6888(三日月星雲/クレセント星雲)|Sh2-108(サドル周辺の散光星雲|IC5146(まゆ星雲)|NGC6826(まばたき星雲)|Sh2-101(チューリップ星雲)が有名です。

他にも魅力的な散光星雲があり、Sh2-119|Sh2-106|Sh2-91とSh2-94とSh2-96のセットなどがあります。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

スポンサーリンク

天体情報

星座名/季節はくちょう座(白鳥)/Cygnus(キグナス)/夏
主な恒星α(アルファ)星【デネブ】|β(ベータ)星【アルビレオ】|γ(ガンマ)星【サドル】|ε(イプシロン)星【ギェナー】
メシエ【散開星団】M29M39
メジャー【散光星雲】NGC7000(北アメリカ星雲)IC5067~5070(ペリカン星雲)NGC6992(網状星雲)NGC6960(魔女のほうき星雲)NGC6888(三日月星雲/クレセント星雲)Sh2-108(サドル周辺の散光星雲)IC5146(まゆ星雲)NGC6826(まばたき星雲)Sh2-101(チューリップ星雲)
魅力的【散光星雲】Sh2-119Sh2-106Sh2-91Sh2-94Sh2-96Sh2-91と94と96
シャープレス【散光星雲】Sh2-116Sh2-115Sh2-112Sh2-124Sh2-123Sh2-118Sh2-114Sh2-113Sh2-110Sh2-111Sh2-104Sh99-100Sh2-98Sh2-97
主なNGC【惑星状星雲】NGC7048NGC7027【散開星団】NGC7086NGC7067NGC7082NGC7062NGC7039NGC7044NGC7063NGC6871NGC6834NGC6819NGC6866NGC6811【銀河】NGC7013NGC6824
隣接する星座とかげ座(蜥蜴座)ペガスス座(ペガサス座)こぎつね座(小狐座)こと座(琴座)りゅう座(竜座)ケフェウス座
星図1はくちょう座周辺の星図(www.astro.cz)
星図2はくちょう座周辺の星図2(www.astro.cz)

写真星図

はくちょう座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。

はくちょう座(白鳥座)の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。メシエは散開星団のM29とM39。主な散光星雲はNGC6888(三日月星雲・クレセント星雲)、NGC7000(北アメリカ星雲)、NGC6997(北アメリカ星雲内の散開星団)、NGC6992(網状星雲)、NGC6960(魔女のほうき星雲)。主なICはIC5067(ペリカン星雲)。その他サドル付近の散光星雲やチューリップ星雲などがあります。

はくちょう座付近の天体の位置がわかる写真星図

スポンサーリンク

星野・星空写真

ISO12800/60秒/52枚/F4.5/FL換算約30mm

PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算27㎜/ISO12800/露出60秒/F4.5/52枚加算平均コンポジットした2018年06月17日02時20分56秒から撮影したはくちょう座の天の川と夏の大三角付近の星空写真(星野写真)です。

はくちょう座(白鳥座)の星野写真|ISO12800/F4.5/60秒/52枚/FL換算約30mm

撮影日時2018年06月17日02時20分56秒~
撮影場所奈良県山添村
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターなし
露光時間ISO12800/60秒×52枚=総露光時間3120秒(52分)/F4.5
NRoff
焦点距離FL換算約27mmで撮影して画像は約30mm
トリミングフードのケラレの為、「6016×4000」から「5416×3568」にトリミングし、web用に「1200×764」にリサイズ。画像クリックで「2355×1500」。
フラット補正ソフトビニングフラット補正
コンポジット加算平均コンポジット
ダーク減算なし
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→赤ハロ除去→星マスク→トーンカーブ
画像処理動画はくちょう座付近の天の川の星野写真を画像処理してみた【2018年6月17日撮影分】
コメント青ハロ防止の為にF4.5で撮影しました。ISO12800で60秒露光ですが、ISO6400の60秒でも良かったかもです。次回はサドル付近を拡大して狙ってみたいです。今回はノイズ処理はコンポジット以外やっていません。

サドル周辺の散光星雲(Sh2-108)/ISO25600/F6.3/30秒/123枚/FL換算約303mm

PENTAX KP/tamron18-200mmズームレンズ/焦点距離フルサイズ換算300㎜/ISO25600/露出30秒/F6.3/123枚加算平均コンポジットをした2018年7月19日に撮影したはくちょう座のガンマ星サドル周辺の散光星雲の天体写真です。

サドル周辺の散光星雲(Sh2-108)/ISO25600/F6.3/30秒/123枚/FL換算約303mm

撮影日時2018年07月19日00時20分45秒~
撮影場所奈良県山添村
カメラPENTAX KP
レンズTAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P
フィルターなし
露光時間ISO25600/F6.3/30秒/123枚=総露光時間3690秒(61.5分)
NRoff
焦点距離FL換算約300mmで撮影して画像は約303mm
トリミング「6016×4000」→「5939×3967」。リサイズあり。
コンポジット加算平均コンポジット
ダーク減算なし
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→トーンカーブ→星マスク減算星雲マスク→Lab色彩補正→青ハロ除去→トーンカーブ
画像処理動画作成次第アップします。
コメントISO25600/F6.3/30秒ではやや物足りないですね。次回は1分で撮ろうかと思います。またソフトフィルターを付けての撮影もしてみたい。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

スポンサーリンク

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメントを残す