Sh2

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で白鳥座の超新星の残骸。

全体はNGC6960(魔女のほうき/網状星雲西側)NGC6992(網状星雲東側)+NGC6995+IC1340+NGC6974+NGC6979+ピケリングトライアングル+南東の結び目などで構成されている。

位置はε星ギェナーから南へ3°付近で中心位置は「赤経20h51m59.8s/赤緯+30゚58’38″」位。

適正焦点距離は150~500㎜位。

一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

天体情報

Sh2-103の天体情報
名称/種類 Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)/超新星残骸
英語名 「Veil Nebula」「Cygnus Loops」
中心位置 赤経20h51m59.8s/赤緯+30゚58’38″(J2000)
距離 1,470~2,100光年
光度/視直径 8~9等級/180′
季節/星座 夏の星座はくちょう座(白鳥座)/Cygnus(キグナス)
白鳥座のメシエ 【散開星団】M29M39
近くの恒星 ギェナー|デネブ|サドル|ベガ|アルタイル|アルデミラン
星図 はくちょう座周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)の位置やはくちょう座周辺のメジャーな天体の写真星図です。

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)の位置がわかる白鳥座付近の写真星図です。ε星ギェナーの南側の矢印部分です。

Sh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)の位置がわかる白鳥座付近の写真星図

Sh2-103(はくちょう座ループ)の写真星図です。左側が網状星雲東側(NGC6992+NGC6995+IC1340+南東の結び目)で右側が網状星雲西側(魔女のほうき)でNGC6960です。中央北側にピケリングトライアングルがあります。上が天の北極で焦点距離はフルサイズ換算約524mm。

Sh2-103(はくちょう座ループ)の写真星図|【左】網状星雲東側(NGC6992+NGC6995+IC1340+南東の結び目)【右】網状星雲西側(魔女のほうき)NGC6960【右上】ピケリングトライアングル【左下】南東の結び目|FL換算約524mm

一眼レフ+カメラレンズ

リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズAF18-200mmF3.5-6.3 XR DiII

ISO12800/F6.3/露出2分/39枚/FL換算約310mm/524mm

2021年09月09日22時18分09秒から撮影しました。全体がSh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)で右下がNGC6960(魔女のほうき/網状星雲西側)で左上がNGC6992(網状星雲東側)です、右上に見える星がε星ギェナーで右上が天の北極となっておりフルサイズ換算約310mmの天体写真です。

【全体】Sh2-103(はくちょう座ループ)【右下】NGC6960(魔女のほうき/網状星雲西側)【左上】NGC6992(網状星雲東側)|FL換算約310mm

2021年09月09日22時18分09秒から撮影しました。全体がSh2-103(網状星雲/はくちょう座ループ)で右下がNGC6960(魔女のほうき/網状星雲西側)で左上がNGC6992(網状星雲東側)でです。天の北極となっておりフルサイズ換算約524mmの天体写真です。

【全体】Sh2-103(はくちょう座ループ)|FL換算約524mm【右下】NGC6960(魔女のほうき/網状星雲西側)【左上】NGC6992(網状星雲東側)

上の撮影データ
2021年09月09日の撮影データ
撮影日時 2021年09月09日22時18分09秒~
撮影場所 奈良県山添村
レンズ TAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII キヤノン用 APS-C専用 A14E
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
露光時間 ISO12800/2分/39枚=総露光時間4680秒(78分)
NR off
焦点距離 FL換算約【上】310mm【中】524mm
トリミング 【上】4000×2674【下】3451×2301※全てweb用にリサイズ
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 スカイメモS
自動導入コントローラー なし
画像処理ソフト ステライメージ9|Corel PaintShopPro Ultimate2021
画像処理方法 RAWを自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル調整→ST9の周辺減光処理を少しだけ→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→RGB分解→RGBそれぞれ星マスク→それぞれノイズ処理(青だけ若干シャープ)→RGB合成→トーンカーブ→デジタル現像→恒星中心部のホワイトバランス→恒星周りのホワイトバランス→RGB合成→ミニマムフィルター星雲マスク→星雲のホワイトバランス→星雲をLab色彩調整→青ハロ除去→RGBそれぞれCorel PaintShopでDenoise(ノイズ低減AI)→RGB合成→ガウスぼかしマスク→コントラスト調整
コメント

300mmのカメラレンズで天頂の網状星雲を視野に入れるの結構難しいですね。

撮って確認しようにも星雲が淡いので102400/10秒位で撮って初めて位置がわかりました(;’∀’)

見つけ方はε星のギェナーのちょっと南なので、ギェナーを視野の上に入れると入ってくる感じですね。

ISO12800/F6.3/2分で網状星雲を撮った時のヒストグラムは真ん中よりやや右側位までになっていて、これ以上露光すると白飛びするのでそれで撮影。

コンポジットしてレベル強調して殆ど網状星雲が写ってなかったのでビビりました(;’∀’)

神野山では9等級の網状星雲をノーマルカメラで撮る場合は星雲が光害に負けてしまうので公害カットフィルターがあった方が良いと思いました。

左右の西側と東側は何とか画像処理で出ましたが、ピケリングトライアングルと南東の結び目などは殆ど出ず。

今度はステーリーナイトフィルターかナローバンドフィルターを付けて撮影してみたいです。

改造カメラにすれば赤い部分も映るのでそれでも良さそうですね。

でもノーマルカメラのままフィルターでどうなるのかやってみようと思います。

ノーマルで撮影して別途Hαのナローバンドフィルターで高感度で撮って合成するのもやってみたい。

神野山ではノーマルカメラでは8等級位まで良いかもしれません。。

淡い星雲は厄介ですねぇ。

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す