Sh2

Sh2-101(チューリップ星雲)

チューリップ星雲(Sh2-101)

Sh2-101(チューリップ星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で白鳥座(はくちょう座)の散光星雲(輝線星雲)。

位置はη星から「赤経差+00h03m07.6s/赤緯差+0゚20’04″」程で「赤経19h59m57.5s/赤緯+35゚17’28″」

視直径は70’x50’位

適正焦点距離は単体で300~2500㎜位

一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

SiOnyx AURORA 超高感度デイナイトビジョン防水カメラ CDV-100C

α7sのように超高感度なので天体の撮影風景も撮れるし、望遠鏡のファインダーにしても良さそう。赤外線も撮影できるので星空撮影にも良いし、望遠鏡にカメラとして取り付けて写真や動画も撮影したい。Hαも映る優れものですね。

 

天体情報

Sh2-101の天体情報
名称/種類Sh2-101(チューリップ星雲)/散光星雲(輝線星雲)
英語Tulips Nebula
位置「赤経19h59m57.5s/赤緯+35゚17’28″」(J2000)
光度/視直径等級不明/70’x50′
距離8,000光年
季節/星座夏の星座白鳥座(はくちょう座)
はくちょう座のメシエ【散開星団】M29M39
近くの恒星サドル|アルビレオ|デネブ|ギェナー|ベガ|アルタイル

写真星図

チューリップ星雲(Sh2-101)の位置と白鳥座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したチューリップ星雲(Sh2-101)の位置とはくちょう座周辺の天体がわかる写真星図です。

チューリップ星雲(Sh2-101)の位置と白鳥座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm

一眼レフ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/150枚/FL換算約1464mmと2185mm

2020年08月24日23日04分48秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO2500/F5/露出30秒で撮影して150枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1464mmのSh2-101(チューリップ星雲)の天体写真です。

Sh2-101(チューリップ星雲)|ISO25600/F5/露出30秒/150枚/FL換算約1464mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

2020年08月24日23日04分48秒からミードの反射望遠鏡LXD55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX KPでISO2500/F5/露出30秒で撮影して150枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約2185mmのSh2-101(チューリップ星雲)の天体写真です。

Sh2-101(チューリップ星雲)|ISO25600/F5/露出30秒/150枚/FL換算約2185mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55

上の撮影データ
2020年08月24日の撮影データ
撮影日時2020年08月24日23日04分48秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
フィルターなし
ISO/露光時間ISO25600/30秒/150枚=総露光時間75分(4500秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】1464mm【下】2185mm
トリミング【上】なし「4703×3127」※Web用にリサイズ【下】「4703×3127」→「3152×2096」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像→ST8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→デジタル現像→ミニマムフィルター星雲マスク→Lab色彩調整→ホワイトバランス→トーンカーブ→ホワイトバランス→恒星マスク→Lab色彩補正→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→カブリ補正→レベル補正→ホワイトバランス
コメント

ノーマルカメラでシャープレスはどうかと思ったけど、たくさん重ねればまぁまぁ赤い星雲が出てきますね。

これだけ出れば良いかな。

改造カメラでも一度チューリップ星雲にチャレンジしてみたいです。

しかし白鳥座にはたくさんシャープレスがあるのでカメラレンズでも狙わないと。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


Brinno TLC200Pro タイムラプスカメラ(定点観測用カメラ) TLC200Pro 【日本正規代理店品】

乾電池で長時間撮影ができて自動でタイムラプス動画にしてくれ、2種類のレンズに交換もできる。HDRで撮影でき、省電力で5分間隔なら約40日間の連続撮影が可能。天体だけでなくいろんなタイムラプスが楽ちん。

天体写真ナビ

コメントを残す