星座

天の川

天の川の天体写真

天体写真と言えば天の川ですよね!

天の川だけの写真や星空(天体)と地上を固定させた星景写真、所謂「新星景写真」の天の川も撮影しています。

新星景写真は単なる合成ではなくて、その撮影地で見た位置関係が正確に合っているのが新星景写真ですよね。

僕はphotoshopを持っていないので、ステライメージで画像処理しています。

夏のさそり座~いて座の天の川や白鳥座付近の天の川の星野写真、秋のカシオペア座付近の天の川の星野・星景写真や冬のオリオン座付近の天の川の星野・星景写真も撮っていこうと思います。

一眼カメラを使用して星空写真を撮影するのは楽しいですね!

Kenko 双眼鏡 ultraVIEW 6x30WP ポロプリズム 6倍30口径 防水 020395

僕が使っている6×30の双眼鏡です。超軽量コンパクトで撮影中ずっと首にぶら下げてます。星図を見てこの双眼鏡で見て位置を確認する感じですね。こんな安いのにめちゃシャープです。頻繁に売り切れます。

夏の天の川

初めての新星景写真

星空がISO6400/30sec/F4.5/120枚を加算平均コンポジット、地上が4枚加算平均コンポジットをしたPENTAX-KPとTAMRONズームレンズ(18~200mm)にてフルサイズ換算27㎜で2018年7月15日21時41分43秒から撮影したさそり座~いて座付近の天の川の新星景写真(星空・地上固定)です。

撮影日時 2018年7月15日21時41分43秒~
撮影場所 奈良県山添村
カメラ PENTAX KP【Amazon】
レンズ TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルター なし
ISO/露光時間/F値 星空:ISO6400/30秒×120枚=総露光時間3600秒(60分)/F4.5、地上:ISO6400/30秒×4枚/F3.5
NR off
焦点距離 フルサイズ換算27mm
トリミング なし
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット、比較明コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8【Amazon】
画像処理方法 星空と比較明の合成マスク→星空と比較明を合成→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→星マスク減算星雲マスク→Lab色彩調整→地上マスク→地上合成→明るさ/コントラスト調整→星マスク減算星雲マスク→Lab色彩調整
画像処理動画 作成したら後日アップします。
コメント 初めて新星景写真をアップしましたが、画像処理が難しいですね。星景写真は低空の光害や霞みがあってうまくいかない。だから全体的に思った色にならないです。これから練習していきます。

はくちょう座(白鳥座)

PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算27㎜/ISO12800/露出60秒/F4.5/52枚加算平均コンポジットした2018年06月17日02時20分56秒から撮影したはくちょう座の天の川と夏の大三角付近の星空写真(星野写真)です。

撮影日時 2018年06月17日02時20分56秒~
撮影場所 奈良県山添村
カメラ リコー PENTAX KP
レンズ TAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P
フィルター なし
ISO/露光時間/F値 ISO12800/60秒×52枚=総露光時間3120秒(52分)/F4.5
NR off
焦点距離 フルサイズ換算27mm
トリミング フードのケラレの為、「6016×4000」から「5416×3568」にトリミングし、web用に「1200×764」にリサイズ。画像クリックで「2355×1500」。
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→赤ハロ除去→星マスク→トーンカーブ
画像処理動画 はくちょう座付近の天の川の星野写真を画像処理してみた【2018年6月17日撮影分】
コメント はくちょう座の天の川も魅力的ですよね。次はソフトフィルターを付けて撮ってみたいです。ISOとか露光時間はこれくらいで良いかなぁ。

秋の天の川

カシオペア座

カシオペア座付近の星座線入り星野写真です。撮影日は2018年11月10日21時58分00秒~で、一眼レフカメラ(CANON EOS KISS X2 IRカットレス改造)/カメラレンズ(TAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LC)/フルサイズ換算42㎜/ISO1600/F5.6/露出4分/18枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

撮影日時 2018年11月10日21時58分00秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 ボディ KISSX2-BODY IRカットレス改造
レンズ TAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LC キャノン用 APS-C専用 A061E
フィルター なし
露出時間 ISO1600/F5.6/4分×18枚=総露光時間72分(4320秒)
焦点距離 フルサイズ換算42mm
トリミング なし
NR off
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 加算平均コンポジット→ホワイトバランス→トリミング→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→RGB減算マスク(R-G)→Rのみマトリクス色彩補正→→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→Lab色彩調整
画像処理動画 作成したらアップします。
コメント やっぱりIRカットレスだと赤が良く出ますね。これでソフトフィルターを付ければいい感じになるかもしれません。カシオペア座の天の川も綺麗ですよね。

冬の天の川

オリオン座

オリオン座の星座線入り星野写真(星空写真)です。撮影日は2018年10月09日03時50分54秒~。一眼レフカメラ(PENTAX KP)/カメラレンズ(TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用)/フルサイズ換算27㎜/ISO12800/F4.5/露出1分/32枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

撮影日時 2018年10月09日03時50分54秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ リコーPENTAX KP
カメラレンズ TAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P
フィルター Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロソフトン [A]【Amazon】
露出時間 ISO12800/F4.5/1分×32枚=総露光時間32分(1920秒)
焦点距離 フルサイズ換算27mm
トリミング なし
NR off
フラット補正 なし
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 加算平均コンポジット→ホワイトバランス→トリミング→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→RGB減算マスク(R-G)→RのみトーンカーブとLab色彩調整→マトリクス色彩補正→ガウスぼかし星マスク→トーンカーブ→Lab色彩調整
画像処理動画 作成したらアップします。
コメント 今回はソフトフィルターを付けてのオリオン座ですが、ちょっとオリオン大星雲が白飛びしちゃいました。ISOを下げるか露光時間を短くするかですね。ただ、天の川メインだとオリオン白飛びするのは仕方ないので、HDR撮影をしたら良いかもしれませんね。

いっかくじゅう座(一角獣座)

いっかくじゅう座(一角獣座)の星座線入り星野写真(星空写真)です。撮影日時は2018年11月11日00時25分07秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/プロソフトンA/フルサイズ換算27㎜/ISO1600/露出120秒/F4.5/11枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

撮影日時 2018年11月11日00時25分07秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ リコーPENTAX KP
レンズ TAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P
フィルター Kenko PRO1D プロソフトンA
露出時間 ISO1600/F4.5/2分×11枚=総露光時間22分(1320秒)
NR off
焦点距離 フルサイズ換算27mm
トリミング なし
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 加算平均コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→マトリクス色彩補正→トーンカーブ
画像処理動画 作成したらアップします。
コメント いっかくじゅう座はソフトフィルターがあるといい感じですね。この時は星座の写真をメインに撮ったので天の川はそんなに写ってないですが。

スポンサーリンク

Kenko 星景写真専用ソフトフィルター ハーフプロソフトン(A)

地上景色はシャープなまま星空だけをソフトにする新しいフィルター

最近の更新

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

天体写真ナビ

コメントを残す