星座

オリオン座

オリオン座/Orion

オリオン座の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真です。

季節は冬でメシエは散光星雲のM42(オリオン大星雲)とM43にM78(反射星雲/ウルトラマン星雲)。

IC434(馬頭星雲)NGC2024(燃える木)バーナードループエンゼルフィッシュ星雲が有名ですね。

他にシャープレスや銀河が多数あります。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

星座名/季節オリオン座(orion)|冬の星座
主な恒星α星【ベテルギウス】|β星【リゲル】|γ星【ベラトリクス】|δ星【ミンタカ】|ε星【アルニラム】|ζ星【アルニタク】|κ星【サイフ】|λ星【メイサ】|π3星【タビト】|星のバイエル符号(ギリシャ文字)の読み方
メシエ【散光星雲】M42(オリオン大星雲)M43M78(反射星雲/ウルトラマン星雲)
メジャー【散光星雲】IC434(馬頭星雲)NGC2024(燃える木)(馬頭星雲とセット)NGC1788(反射星雲)NGC1977(ランニングマン)(Mオリオン大星雲の上方)NGC2174(モンキー星雲)Sh2-264(エンゼルフィッシュ星雲)Sh2-276(バーナードループ)
主なNGC【散光星雲】NGC1973(オリオン大星雲の上方)NGC1999NGC2071(M78とセット)【惑星状星雲】NGC2022【散開星団】NGC1662NGC1663NGC1981NGC2112NGC2141NGC2169NGC2186NGC2194【銀河】NGC1661NGC1670NGC1678NGC1682NGC1683NGC1684NGC1685NGC1690NGC1691NGC1694NGC1699NGC1700NGC1709NGC1713NGC1719NGC1740NGC1741NGC1753NGC1762NGC1792NGC1819NGC1875NGC1924NGC2119NGC2110
主なIC【散光星雲】IC423IC426IC430【銀河】IC399IC404IC409IC414IC2102IC2112IC4432
主なシャープレス天体【散光星雲】Sh2-265Sh2-278Sh2-279
主なエイベル【銀河】Abell520銀河団
主なACO【銀河】ACO530
隣接する星座おうし座(牡牛座)エリダヌス座うさぎ座(兎座)いっかくじゅう座(一角獣座)ふたご座(双子座)
近くの恒星シリウス|プロキオン|アルデバラン|アルヘナ|ミルザム|メンカル|エルナト|ポルックス|カストル
星図オリオン座周辺の星図(www.astro.cz)

※撮ってないオリオン座の天体写真は調べてリンク(緑色)しておきました。

写真星図

オリオン座の天体の位置と周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影したオリオン座の天体の位置がわかるフルサイズ換算27mmの写真星図です。メシエ天体はM42(オリオン大星雲)、M43、M78(反射星雲・ウルトラマン星雲)、メジャーな天体はIC434(馬頭星雲)、NGC2024(燃える木)、Sh2-276(バーナードループ)、Sh2-264(エンゼルフィッシュ星雲)などです。その他の散光星雲や銀河、散開星団や惑星状星雲もあり。

オリオン座周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

過去の写真星図①過去の写真星図②

星検公式問題集 5級4級 新版

星空宇宙天文検定の為の問題集。何となく受けて見たくなる。過去問見たけど結構難しい。

星野写真

CANON EOS KISS X2+TAMRONズームレンズ28-300mmF3.5-6.3XR Di VC LD

ISO1600/F5.6/4分/16枚/FL換算約42mm

2018年11月10日23時35分20秒から一眼レフカメラのCANON EOS KISS X2 赤外線改造機とTAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LCのカメラレンズでISO1600/F5.6/露出4分/16枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算42㎜のオリオン座の星座線あり星野写真(星空写真)です。

オリオン座の星座線なし星野写真|ISO1600/F5.6/4分/16枚/FL換算約42mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造機+TAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LC

2018年11月10日23時35分20秒から一眼レフカメラのCANON EOS KISS X2 赤外線改造機とTAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LCのカメラレンズでISO1600/F5.6/露出4分/16枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算42㎜のオリオン座の星座線なし星野写真(星空写真)です。

オリオン座の星座線なし星野写真|ISO1600/F5.6/4分/16枚/FL換算約42mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造機+TAMRON ズームレンズ AF28-300mm F3.5-6.3 ASPHERICAL XR LC

2018年11月10日の撮影データ
撮影日時2018年11月10日23時35分20秒~
過去の写真過去の星座線あり過去の星座線なし
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 ボディ KISSX2-BODY (赤外線改造で使用)
レンズTAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO A20E 手ブレ補正 (キャノン用)【メーカーサイト】
フィルターなし
露出時間ISO1600/F5.6/4分×16枚=総露光時間64分(3860秒)
NRoff
焦点距離フルサイズ換算約42mm
トリミングなし
コンポジット加算平均コンポジット
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算簡単ホットピクセル除去
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトCanon Digital Photo Professional4(DPP4)| ステライメージ8|Corel Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法DPP4でRAW現像してtiff化→ST8にてバッジ処理で簡易ホットピクセル除去をしてfits化→自動コンポジット→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル調整→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→デジタル現像→センサーゴミ取り除き画像処理→ミニマムフィルター星雲マスク→カラーバランス→Lab色彩調整→光芒マスク→カラーバランス→Lab色彩調整→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→明暗マスク→コントラスト調整→ホワイトバランス
画像処理動画作成したらアップします。
コメント

2020年10月に再処理しました。

初回処理画像はガウスぼかしマスクをしてトーンカーブで明るく派手に仕上げましたが今回は大人しく処理してみました。

前の方が良いような今回の方が良いような?

写真は画像処理で全く違う写真になりますね。

Canonのeos kiss x2の赤外線改造機ですが、露光時間が短めだったので思ったほど赤色は出ていないです。

まぁバーナードループやエンゼルフィッシュ星雲は淡いですもんね。

しかしオリオン座は夜空を眺めていても綺麗で魅力的な星座ですね。

PENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

ISO12800/F4.5/1分/32枚/FL換算約29mm

2018年10月09日03時50分54秒からリコーの一眼レフカメラPENTAX KPとTAMRONズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用のカメラレンズでISO12800/F4.5/露出1分/32枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算28㎜のオリオン座の星座線入り星野写真(星空写真)です。

オリオン座の星座線入り星野写真|ISO12800/F4.5/1分/32枚|FL換算約29mm|リコーPENTAX KP+タムロンズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII|+ KenkoソフトフィルターPRO1D

10月09日03時50分54秒からリコーの一眼レフカメラPENTAX KPとTAMRONズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用のカメラレンズでISO12800/F4.5/露出1分/32枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算28㎜のオリオン座の星座線なし星野写真(星空写真)です。

オリオン座の星座線なし星野写真|ISO12800/F4.5/1分/32枚|FL換算約29mm|リコーPENTAX KP+タムロンズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII|+ KenkoソフトフィルターPRO1D

2018年10月09日の撮影データ
撮影日時2018年10月09日03時50分54秒~
過去の写真過去の星座線あり
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P【メーカーサイト】
フィルターKenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
露出時間ISO12800/F4.5/1分/32枚=総露光時間32分(1920秒)
NRoff
焦点距離フルサイズ換算約29mm
トリミングなし
フラット補正なし
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility5|ステライメージ8|Corel PaintShop Pro2021 Ultimate
画像処理方法Digital Camera Utility5でRAW現像してtiff化→ST8で自動コンポジット→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル調整→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→カブリ補正→ミニマムフィルター星雲マスク→トーンカーブ→カラーバランス→Lab色彩調整→R減算マスク→カラーバランス→光芒マスク→カラーバランス→Lab色彩調整→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→明暗マスク→コントラスト調整→ホワイトバランス→セルフHDR→カブリ補正→レベル調整→ホワイトバランス
画像処理動画作成したらアップします。
コメント

こちらも2020年10月に再処理しました。

前回処理ではエンゼルフィッシュやバーナードループがあまり出ていませんでしたが、画像処理次第で結構赤い星雲が浮かびました。

PENTAX KPはノーマルカメラですがやっぱり赤い星雲がまぁまぁ出る気がしますね。

上のeos X2の改造カメラと露光時間が違うので何とも言えませんが、比べても良い感じに出ていると思います。

KenkoのPRO1Dプロソフトンと言うソフトフィルターを付けた写真になるので星座の形が良くわかりますね。

前回の写真は派手に仕上げたのですが今回は大人し目に仕上げました。

それでもオリオン大星雲が白飛びしているので、何枚か露光時間を短くした写真を撮っておいてHDRマスク合成をすれば良かったかと思っています。

スポンサーリンク

ステラナビゲータ11

天文ファンなら持っておきたい純国産の天文シミュレーションソフトウェアの最新バージョン。とにかく役に立つ!

最新の記事

天体写真ナビ

コメントを残す