星座

けんびきょう座

けんびきょう座(顕微鏡)/Microscopium(ミクロスコピウム)

顕微鏡座(けんびきょう座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。

季節は秋でメシエはありません。

低空なので撮りにくいですが、銀河のNGC6925|NGC6957|IC5105なら何とか撮れそうかと思います。

その他銀河が多数です。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

星座名/季節けんびきょう座(顕微鏡座)/Microscopium/ミクロスコピウム)|秋の星座
主な恒星特になし
メシエなし
主なNGC【銀河】NGC6925NGC6957
主なIC【銀河】IC5105
隣接する星座やぎ座(山羊座)いて座(射手座)みなみのうお座(南の魚座)|つる座|インディアン座
近くの恒星フォーマルハウト|ヌンキ|アルナイル
星図けんびきょう座周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

顕微鏡座の天体と周辺の星座がわかる写真星図です。

けんびきょう座(顕微鏡座)付近の天体がわかる写真星図です。メシエ天体はなし。主なNGC天体はNGC6925、NGC6957の銀河とIC天体はIC5105の銀河です。

けんびきょう座(顕微鏡座)付近の天体がわかる写真星図

新星景・星空写真

ISO6400/F4.5/60秒/30枚/FL換算約27mm

PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算27㎜/星空はISO6400/露出60秒/F4.5/30枚を加算平均コンポジットで地上景色も同じ設定でコンポジット数は8枚/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正をした2018年10月08日19時48分22秒から撮影したけんびきょう座(顕微鏡座)の新星景写真(星空写真)です。

けんびきょう座(顕微鏡座)の新星景写真|ISO6400/F4.5/60秒/30枚/FL換算約27mm

撮影日時2018年10月08日19時48分22秒~
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターKenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
星空追尾ISO6400/F4.5/60秒×30枚=総露光時間1800秒(30分)
地上固定ISO6400/F4.5/60秒/8枚=総露光時間480秒(8分)
NRoff
焦点距離フルサイズ換算27mm
トリミングなし
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジットと比較明コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8|Digital camera unity5|windows10のペイント
画像処理方法Digital camera unity5でTIFFに変換→windowsのペイントで人工衛星消し→加算平均コンポジット→地上を加算平均コンポジット→比較明コンポジット→比較明同士を合成→加算平均と比較明を合成→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星空と地上を合成→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→光芒マスク→Lab色彩調整→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ
画像処理動画作成したらアップします。
コメントけんびきょう座は高度が低いので撮影が難しいです。南の空の地平線が良く見える撮影地で再チャレンジしたいです。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメントを残す