星座

とかげ座

とかげ座(蜥蜴座)/Lacerta(ラケルタ)

蜥蜴座(とかげ座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。

季節は秋でメシエはありません。

散光星雲のSh2-126や銀河のNGC7223NGC7250が魅力的でおすすめ。

その他散開星団や銀河が多数にあります。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

とかげ座の天体情報
星座名/季節とかげ座(蜥蜴座)/Lacerta(ラケルタ)|秋の星座
主な恒星特になし|星のバイエル符号(ギリシャ文字)の読み方
メシエなし
魅力的【散光星雲】Sh2-126【銀河】NGC7223NGC7250
活動銀河核とかげ座BL
主なNGC【散開星団】NGC7243NGC7245NGC7296【銀河】NGC7197NGC7227NGC7228NGC7231NGC7240NGC7242NGC7248NGC7263NGC7264NGC7265NGC7273NGC7276NGC7277NGC7282NGC7330NGC7379NGC7395
主なIC【惑星状星雲】IC5217【散開星団】IC1434IC1441IC1442【銀河】IC5180IC5191IC5192IC5193
隣接する星座ペガスス座アンドロメダ座カシオペア座ケフェウス座はくちょう座(白鳥座)
近くの恒星アルデミラン|デネブ|サドル|シェアト|カフ|シェダル|マルカブ|アルフェラッツ|エニフ
星図とかげ座周辺の星図(www.astro.cz)

※撮影していないトカゲ座の天体写真は調べてリンク(緑色)しておきました。

写真星図

とかげ座の天体の位置と周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮った秋の星座とかげ座(蜥蜴座)の天体の位置がわかる写真星図です。メシエ天体はなし。散光星雲のSh2-126や銀河のNGC7250とNGC7223が魅力的でおすすめ。その他惑星状星雲や散開星団があります。

蜥蜴座(とかげ座)の天体の位置がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

赤色光小型ハンディライトズーム機能付き3モード WindFire CREE Q5 LED

天体観測では「周囲に迷惑掛けないように」「夜空に目が慣れたままにする為に」いつも赤色ライトを使っています。単3電池×1本タイプ。

星野写真

PENTAX KP+TAMRONズームレンズAF18-200mmF3.5-6.3XR DiII

ISO6400/F4.5/30秒/47枚/FL換算約29mm

一眼レフカメラとズームレンズで2018年11月06日21時42分37秒に撮影した蜥蜴座(とかげ座)の星座線入り星野写真(星空写真)です。

とかげ座の星座線入り星野写真|ISO6400/F4.5/30秒/47枚/FL換算約29mm|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

上の撮影データ
2018年11月06日の撮影データ
撮影日時2018年11月06日21時42分37秒~
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P【メーカーサイト】
フィルターKenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
露出時間ISO6400/F4.5/30秒/47枚=総露光時間23分30秒(1410秒)
NRoff
焦点距離FL換算約27mmで撮影して画像は約29mm
トリミング「6023×4023」から「5488×3666」
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法加算平均コンポジット→ホワイトバランス→トリミング→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→カブリ補正マスク→カブリ補正→ガウスぼかしマスク→マトリクス色彩補正→トーンカーブ→Lab色彩調整
画像処理動画

作成したらアップします。

コメント

とかげ座BL(活動銀河核)と銀河団っぽい小さな銀河が集まった個所が2つあるので、写らないっぽいですがそこら辺をまずは天体望遠鏡とPENTAX-KPで撮ってみたいです。

シュミカセとかあると良いんだけどなぁ

スポンサーリンク

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

何にもしないとカメラセンサーやレンズにカビやシミが付くのでカメラやレンズボックス、天体望遠鏡ケースの中に入れてます。湿気を吸うと膨らみます。

天体写真ナビ

コメントを残す