星座

さそり座

さそり座(蠍座)/Scorpius(スコルピウス)

蠍座(さそり座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データです。

季節は夏でメシエは球状星団はM4とM80散開星団はM6とM7。

散光星雲のIC4592(青い馬頭星雲)+IC4601|アンタレス周辺(IC4606+IC4605+Sh2-9+IC4603+IC4604)|Sh2-7+Sh2-1|NGC6357(彼岸花星雲)+NGC6334(出目金星雲)|IC4628(えび星雲)惑星状星雲のNGC6302(バタフライ星雲)とNGC6337(チェリオ星雲)が有名。

その他シャープレスや銀河に散開星団などあり。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

スポンサーリンク

天体情報

星座名/季節さそり座(蠍座)/Scorpius(スコルピウス)/夏
主な恒星α星【アンタレス】|β星【アクラブ】|δ星【ジュバ】|ζ1星【グラフィアス】|θ星【サルガズ】|κ星【ギルタブ】|λ星【シャウラ】|σ星【アルニアト】|ω1星【ジャバトアルアクラブ】
メシエ【球状星団】M4M80【散開星団】M6M7
メジャー【散光星雲】IC4592(青い馬頭星雲)+IC4601アンタレス周辺(IC4606+IC4605+Sh2-9+IC4603+IC4604)|Sh2-7+Sh2-1NGC6357(彼岸花星雲)+NGC6334(出目金星雲)IC4628(えび星雲)【惑星状星雲】NGC6302(バタフライ星雲)NGC6337(チェリオ星雲)
シャープレス【散光星雲】Sh2-13+Sh2-12Sh2-15Sh2-3+Sh2-5+Sh2-6Sh2-4Sh2-2付近
NGC【球状星団】NGC6144NGC6139NGC6496NGC6388【惑星状星雲】NGC6153【散開星団】NGC6451NGC6425NGC6416+M6NGC6374NGC6383周辺NGC6304NGC6496NGC6400NGC6318NGC6281NGC6242NGC6268NGC6231NGC6322NGC6259NGC6249NGC6222NGC6216NGC6192NGC6124
IC【銀河】IC4596NGC6000【惑星状星雲】IC4637IC4663
隣接する星座いて座(射手座)へびつかい座(蛇遣座)てんびん座(天秤座)|おおかみ座(狼座)|じょうぎ座(定規座)|さいだん座(祭壇座)|ぼうえんきょう座(望遠鏡座)|みなみのかんむり座(南冠座)|
近くの恒星サビク|カウスアウストラリス|ヌンキ
星図さそり座周辺の星図(www.astro.cz)

※撮ってない蠍座の天体写真は参考ページを調べてリンクしておきました。

写真星図

さそり座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影した蠍座(さそり座)付近の天体の位置がわかる写真星図です。季節は夏でメシエは球状星団はM4とM80で散開星団はM6とM7。散光星雲のIC4592(青い馬頭星雲)+IC4601|アンタレス周辺(IC4606+IC4605+Sh2-9+IC4603+IC4604)|Sh2-7+Sh2-1|NGC6357(彼岸花星雲)+NGC6334(出目金星雲)|IC4628(えび星雲)と惑星状星雲のNGC6302(バタフライ星雲)とNGC6337(チェリオ星雲)が有名。

さそり座付近の天体の位置がわかる写真星図

スポンサーリンク

新星景・星空写真

ISO3200/F4.5/1分/42枚/FL換算約27mm

一眼カメラとカメラレンズで撮影した蠍座(さそり座)の星座線入り新星景色写真です。撮影日時は2019年04月04日03時10分00秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/ケンコープロソフトンA/フルサイズ換算27㎜/I星空追尾はSO3200/F4.5/1分/42枚で地上固定はIS03200/F4.5/2分/10枚で加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

さそり座の星座線入り新星景写真/FL換算約27mm【星空追尾】ISO3200/F4.5/1分/42枚【地上固定】ISO3200/F4.5/2分/10枚

撮影日時2019年04月04日03時10分00秒~
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラPENTAX KP【Amazon】
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターKenko カメラ用フィルター PRO1D プロソフトン [A]【Amazon】
露光時間【星空追尾】ISO3200/F4.5/1分/42枚=総露光時間42分(2520秒)【地上固定】ISO3200/F4.5/2分/10枚
NRoff
焦点距離FL換算約27mm
トリミングなし。リサイズあり
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8【Amazon】
画像処理方法バッジ処理でRAW現像→自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル調整→センター画像1枚をレイヤーマスクで合成→地上景色画像処理→地上マスク作成→地上景色合成→トーンカーブで地上と星空の明るさ調整→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→上部と左右をカブリ補正→ガウスぼかしマスク→マトリクス色彩補正→トーンカーブ→カラーバランス調整→RGBCMY減算マスクで赤色星雲のみやや強調→レベル調整→トーンカーブ
画像処理動画作成したらアップします。
コメント調べていると聞いた事ある散光星雲がたくさんありました。アンタレス周辺は良く聞くのですが、尻尾の方にたくさん魅力的な天体がありますね。低い位置だから撮影は結構難しそうですけど。赤い星雲はIR改造カメラが必要っぽいかなぁ。一度ノーマルカメラでチャレンジしてみよう。それと今回は比較明合成コンポジットはせずに画像処理してみました。この方がやり易いかも。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

スポンサーリンク

Kenko 星景写真専用ソフトフィルター ハーフプロソフトン(A)

地上景色はシャープなまま星空だけをソフトにする新しいフィルター

天体写真ナビ

コメントを残す