星座

しし座

しし座(獅子座)/Leo(レオ)

獅子座(しし座)の天体の位置や情報と一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真です。

季節は春でメジャーな天体は三つ子銀河(M65+M66+NGC3628)しし座Ⅰ銀河団(M95+M96+M105付近)しし座Ⅱ銀河団(NGC3607付近)ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)などがある。

またNGC2903+NGC2905|NGC3521|NGC3640付近|NGC3705付近|NGC3810も魅力的でおすすめ。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

しし座の天体情報
星座名/季節 しし座(獅子座)/Leo(レオ)|春の星座
主な恒星 α星【レグルス】|β星【デネボラ】|γ星【アルギエバ】|δ星【ゾズマ】|ζ星【アダフェラ】|θ星【シェルタン】|λ星【アルテルフ】|μ星【ラサルス】|星のバイエル符号(ギリシャ文字)の読み方
メシエ M65M66M95M96M105
メジャー 三つ子銀河M65/M66/NGC3628)|ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)|しし座Ⅰ銀河団|しし座Ⅱ銀河団
魅力的 【銀河】NGC2903+NGC2905NGC3521NGC3640付近NGC3705付近NGC3810
主なNGC 【銀河】NGC2911NGC2916NGC3041NGC3098NGC3162NGC3226-NGC3227NGC3239NGC3301NGC3346NGC3367+NGC3377NGC3370NGC3384+NGC3389NGC3412NGC3433NGC3489NGC3507NGC3593NGC3596NGC3599付近NGC3607-NGC3608付近NGC3626NGC3646NGC3655NGC3666NGC3681NGC3684NGC3686NGC3808NGC3872NGC3900NGC4008
隣接する星座 かに座(蟹座)うみへび座(海蛇座)ろくぶんぎ座(六分儀座)コップ座おとめ座(乙女座)かみのけ座(髪座)おおぐま座(大熊座)こじし座(小獅子座)
近くの恒星 アルファルド|スピカ
星図 しし座周辺の星図(www.astro.cz)
星図2 しし座周辺の星図2(www.astro.cz)

※撮ってない獅子座の天体写真は参考ページを調べてリンク(緑色)しておきました。

写真星図

しし座の天体の位置と周辺のメジャーな天体の位置がわかる写真星図です。

しし座の天体の位置がわかる写真星図です。メシエはM65|M66|M95|M96|M105。三つ子銀河やしし座Ⅰ銀河団とⅡ銀河団にヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)が有名。魅力的な銀河はNGC2903+NGC2905|NGC3521|NGC3640付近|NGC3705付近|NGC3810など。

しし座付近の天体の位置がわかる写真星図

星野写真

PENTAX KP+TAMRONズームレンズAF18-200mmF3.5-6.3XR DiII

ISO1600/F4.5/1分/26枚/FL換算約28mm

一眼カメラで撮影した獅子座(しし座)の星座線入り星野写真(星空写真)です。撮影日時は2019年04月03日21時22分41秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/ケンコープロソフトンA/フルサイズ換算約28㎜/ISO1600/露出1分/F4.5/26枚を加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正です。

しし座の星座線入り星野写真|FL換算約28mm

上の撮影データ
2019年04月03日の撮影データ
撮影日時 2019年04月03日21時22分41秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ リコー PENTAX KP
レンズ TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14PAmazonで探す
フィルター Kenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
露光時間 ISO1600/F4.5/1分/26枚=総露光時間26分(1560秒)
NR off
焦点距離 FL換算約28mm
トリミング 「6016×4000」→「5744×3648」
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 RAW現像→自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→マトリクス色彩補正→トーンカーブ
画像処理動画

作成したらアップします。

コメント

しし座は大きいのでAPS-Cセンサーに18mmレンズでは27㎜になるので厳しいかと思いましたが綺麗に入っていますね。

星空写真はフルサイズ一眼も欲しくなる時がありますね

SAMYANG単焦点広角レンズ14mm/F2.8ペンタックスK用フルサイズ対応

F2.8だとめちゃくちゃ明るい!14mmだしAPS-Cに付けても21mm位で超広角ですね。KPで星景写真用に欲しい。他にキャノンやソニーやニコンなどもあります。

天文ファンやカメラが趣味の方はシェアー&フォローをよろしくお願いします!

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す