星座

みなみのうお座

みなみのうお座(南の魚座)/Piscis Austrinus(ピスキス アウストリヌス)

南の魚座(みなみにうお座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。

季節は秋でメシエはなし。

銀河のNGC7314が魅力的です。

その他小さな銀河がありますね。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

星座名/季節みなみにうお座(南の魚座)/Piscis Austrinus(ピスキス アウストリヌス)|秋の星座
主な恒星α(アルファ)星【フォーマルハウト】
メシエなし
魅力的【銀河】NGC7314
主なNGC【銀河】NGC7135NGC7172NGC7176NGC7221NGC7229
主なIC特になし
隣接する星座みずがめ座(水瓶座)やぎ座(山羊座)けんびきょう座(顕微鏡座)|つる座(鶴座)|ちょうこくしつ座(彫刻室座)
近くの恒星デネブカイトス|アルナイル|ザウラク
星図みなみのうお座周辺の星図(www.astro.cz)

※撮影していない南の魚座の天体は調べてリンクしておきました。

写真星図

南の魚座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。

みなみのうお座(南の魚座)の天体の位置がわかる写真星図です。主なNGCは銀河のNGC7135、NGC7172、NGC7176、NGC7221、NGC7229、NGC7314です。メシエはなし。

みなみのうお座(南の魚座)の天体の位置がわかる写真星図

新星景・星空写真

ISO6400/F4.5/60秒/30枚/FL換算約27mm

みなみのうお座(南の魚座)の星座線入り星空写真(新星景写真)です。撮影日時は2018年10月08日22時06分44秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/プロソフトンA/フルサイズ換算27㎜/星空(ISO6400/露出60秒/F4.5/)30枚を加算平均コンポジット/比較明も同じく30枚/地上固定も同じで4枚コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正。

みなみのうお座(南の魚座)の星座線入り新星景写真|ISO6400/F4.5/60秒/30枚/FL換算約27mm

撮影日時2018年10月08日22時06分44秒~
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターKenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
星空追尾ISO6400/F4.5/60秒×30枚=総露光時間1800秒(30分)
地上固定ISO6400/F4.5/60秒×4枚=総露光時間240秒(4分)
NRoff
焦点距離フルサイズ換算約27mm
トリミング「6012×4012」から2×2ソフトビニングで「3006×2006」。これから「2976×1986」にややトリミング。
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均+比較明合成
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility 5|Windows10のPaint(人工衛星消し)|ステライメージ8
画像処理方法tiff変換→paintで人工衛星消し→星空加算平均コンポジット→星空比較明コンポジット→地上加算平均コンポジット→各ホワイトバランス調整→星空加算平均と星空比較明をマスクを使って合成→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→レベル補正→トーンカーブ→Lab色彩補正→カブリマスク→カブリ補正→地上二値マスク作成→星空と地上を合成
画像処理動画作成したらアップします。
コメント南の魚座はNGCの銀河が少しあるだけのようですね。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメントを残す