星座

らしんばん座

らしんばん座(羅針盤座)/Pyxis(ピクセス)

羅針盤座(らしんばん座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真と撮影データです。

季節は冬でメシエはなし。

魅力的な散光星雲Sh2-311や惑星状星雲NGC2818に銀河のNGC2883IC2469がある。

一眼カメラとカメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

星座名/季節らしんばん座(羅針盤座)/Pyxis(ピクセス)|冬の星座
主な恒星特になし|星のバイエル符号(ギリシャ文字)の読み方
メシエなし
メジャー特になし
魅力的【散光星雲】Sh2-312【惑星状星雲】NGC2818【銀河】IC2469NGC2883
主なNGC【散開星団】NGC2627NGC2635NGC2658|【銀河】NGC2613NGC2663NGC2717NGC2772NGC2821NGC2888NGC2891
主なIC特になし
その他シャープレスなし
隣接する星座うみへび座(海蛇座)とも座|ほ座|ポンプ座
近くの恒星アルファルド|シリウス|カノープス
星図らしんばん座周辺の星図(www.astro.cz)

※撮影していない「らしんばん座」の天体は調べてリンク(緑色)しておきました。

写真星図

らしんばん座の天体の位置と周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影した羅針盤座(らしんばん座)付近の天体の位置がわかる写真星図です。季節は冬でメシエはなし。魅力的な散光星雲Sh2-311や惑星状星雲NGC2818に銀河のNGC2883とIC2469がある。

らしんばん座付近の天体の位置がわかる写真星図

Sky & Telescope's Pocket Sky Atlas

高級なリング製本版の使い易くて本格的な人気の星図。

新星景・星空写真

PENTAX KP+TAMRONズームレンズAF18-200mmF3.5-6.3XR DiII

【星空】ISO800/F3.5/1分/30枚/FL換算約28mm

らしんばん座(羅針盤座)の星座線入り新星野写真(星空写真)です。撮影日時は2020年03月20日19時32分26秒から。PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算28㎜/星空追尾はISO800/F3.5/1分/30枚/FL換算約28mmを加算平均コンポジット/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正で星空固定はISO3200/F3.5/15秒/1枚、地上固定はISO1600/F3.5/12秒です。

らしんばん座(羅針盤座)の星座線入り新星野写真|星空追尾:ISO800/F3.5/1分/30枚/星空固定:ISO3200/F3.5/15秒/1枚|地上固定:ISO1600/F3.5/12秒/10枚|FL換算約28mm

撮影日時2020年03月20日19時32分26秒~
撮影場所フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P【メーカーサイト】
フィルターなし
星空追尾ISO800/F3.5/1分×30枚=総露光時間30分(1800秒)
星空固定ISO3200/F3.5/15秒×1枚
地上固定ISO1600/F3.5/12秒×10枚=総露光時間2分(120秒)
NRoff
焦点距離フルサイズ換算約28mm
トリミングなし。「6026×4026」→「4054×2630」にリサイズ
コンポジット加算平均コンポジット
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算ダーク減算なしでホットピクセル除去
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8|Corel PaintShop Pro
画像処理方法ダーク減算なしでホットピクセル除去→星空追尾加算平均コンポジット→地上固定景色コンポジット→3セットのホワイトバランス調整→星空追尾と星空固定を比較明合成→合成部分のノイズ処理→地上景色を合成→ホワイトバランス→周辺減光が少し残るようにソフトビニングフラット補正→右下星空部分だけ若干カブリ補正→星マスク→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→マトリクス色彩補正→Lab色彩調整
画像処理動画作成したらアップします。
コメント羅針盤座のSh2-312はぜひ一度撮影してみたいですね。Hαが写る改造カメラじゃないと厳しいかなぁ?一度ノーマル一眼レフで写真撮ってみます。
HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

何にもしないとカメラセンサーやレンズにカビやシミが付くのでカメラやレンズボックス、天体望遠鏡ケースの中に入れてます。湿気を吸うと膨らみます。

最新の記事

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す