星座

カシオペア座

カシオペア座/Cassiopeia

カシオペア座の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。

季節は秋でメシエは散開星団M52M103です。

メジャーな散光星雲はIC1805(ハート星雲)NGC7635(バブル星雲)IC1848(胎児星雲・ソール星雲)NGC281(パックマン星雲)

散開星団はNGC457(ふくろう星団/トンボ星団/ET星団)です。

散光星雲のSh2-157Sh2-185Sh2-187Sh2-188Sh2-200なども魅力的でおすすめ。

更に散開星団ではNGC654NGC225NGC102「NGC7790+NGC7788」NGC7789などがあります。

その他カシオペア座A X線源や天の川が通っているのでシャープレスがたくさんあります。

カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

天体情報

カシオペア座の天体情報
星座/季節 カシオペア座(Cassiopeia)|秋の星座
主な恒星 α星【シェダル】|β星【カフ】|γ星【ツィー】|δ星【ルクバー】|ε星【セギン】|星のバイエル符号(ギリシャ文字)の読み方
メシエ 【散開星団】M52M103
メジャー 【散光星雲】IC1805(ハート星雲)NGC7635(バブル星雲)IC1848(胎児星雲・ソール星雲)NGC281(パックマン星雲)【散開星団】NGC457(ふくろう星団/トンボ星団/ET星団)
魅力的 【散光星雲】Sh2-157Sh2-185Sh2-187Sh2-188Sh2-200【散開星団】NGC225NGC654NGC1027NGC7788+NGC7790NGC7789
シャープレス 【散光星雲】Sh2-159Sh2-161Sh2-163Sh2-164Sh2-165Sh2-166Sh2-169Sh2-172Sh2-173Sh2-177Sh2-179Sh2-180Sh2-181Sh2-182Sh2-183Sh2-186Sh2-192-193-194Sh2-196Sh2-198Sh2-201
X線源 【超新星の残骸】カシオペア座A X線源
主なNGC 【銀河】NGC147NGC185NGC278【散開星団】NGC103NGC129NGC133+NGC146NGC189NGC381NGC436NGC559NGC609NGC637NGC659NGC663NGC7879NGC7790
IC 【散光星雲】IC1871【惑星状星雲】IC289
隣接する星座 アンドロメダ座とかげ座(蜥蜴座)ケフェウス座キリン座(麒麟座)ペルセウス座
星図1 カシオペア座周辺の星図1(www.astro.cz)
星図2 カシオペア座周辺の星図2(www.astro.cz)

※撮影していないカシオペア座の天体は参考ページを探してリンク(緑色)しておきました。

写真星図

カシオペア座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したカシオペア座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図を作成しました。メシエは散開星団のM52とM103。メジャーな天体は【散光星雲】IC1805(ハート星雲)・NGC7635(バブル星雲)・IC1848(胎児星雲・ソール星雲)・NGC281(パックマン星雲)【散開星団】NGC457(ふくろう星団/トンボ星団/ET星団)などがあり魅力的でおすすめです。

カシオペア座周辺の天体がわかる写真星図|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+TAMRONズームレンズ28-300mm

星野写真

CANON EOS KISS X2+TAMRON AF28-300mmF3.5-6.3XR Di VC LD

ISO1600/F5.6/4分/18枚/FL換算約42mm

2018年11月10日21時58分00秒から一眼レフとズームレンズで撮影してカシオペア座付近の星座線入り星野写真を作成しました。

カシオペア座の星座線入り星野写真|ISO1600/F5.6/4分/18枚|FL換算約42mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+TAMRONズームレンズ28-300mm

上の撮影データ
2018年11月10日の撮影データ
撮影日時 2018年11月10日21時58分00秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山(奈良県山添村)
カメラ Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 ボディ KISSX2-BODY by Amazon (赤外線改造で使用)
レンズ TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO A20E 手ブレ補正 (キャノン用)【メーカーサイト】
露出時間 ISO1600/F5.6/4分×18枚=総露光時間72分(4320秒)
NR off
焦点距離 フルサイズ換算42mm
トリミング なし
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
フィルター なし
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 加算平均コンポジット→ホワイトバランス→トリミング→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→RGB減算マスク(R-G)→Rのみマトリクス色彩補正→→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→Lab色彩調整
画像処理動画

作成したらアップします。

コメント

やっぱり赤外線改造カメラだと赤が良く出ますね。

KPも改造したい!

でも普通の写真も撮るので無理だ!

PENTAX KP+TAMRONズームレンズAF18-200mmF3.5-6.3XR DiII

ISO6400/F4.5/30秒/52枚/FL換算約42mm

一眼レフカメラとズームレンズで2018年07月16日02時25分43秒から撮影して星座線入りのカシオペア座付近の天の川の星空写真(星野写真)を作成しました。

カシオペア座付近の天の川の星空写真|ISO6400/F4.5/30秒/52枚/FL換算約42mm|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ

上の撮影データ
2018年07月16日の撮影データ
撮影日時 2018年07月16日02時25分43秒~
撮影場所 奈良県山添村
カメラ リコー PENTAX KP
レンズ TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックス用 APS-C専用 A14P by amazon【メーカーサイト】
フィルター Kenko カメラ用ソフトフィルター PRO1D プロソフトン [A](W)
露光時間 ISO6400/30秒/52枚=総露光時間1560秒(26分)/F4.5
NR off
焦点距離 フルサイズ換算42mm
トリミング 「6007×4013」からweb用に「1200×802」にリサイズ。画像クリックで「2246×1500」。
フラット補正 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
フィルター なし
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→トーンカーブ→星マスク→Lab色彩補正→青ハロ除去→トーンカーブ→明るさ/コントラスト調整
画像処理動画

作成したら後日アップします。

コメント

ISO6400/F4.5/30秒は少し露光不足に感じます。

次回はソフトフィルターを付けてISO12800/60秒でやってみようかなぁ?

しかしPENTAX-KPは赤色が結構写りますね

赤が良く写るノーマルカメラはペンタックスもおすすめですね。

BUNDOK(バンドック) フォールディング マット 60×180cm グリーン BD-513G 10mm厚

寝転んで夜空を見上げる時や天体撮影時に機材を置くのに便利。軽いしコンパクトだし常時車に積んでます。かなり厳選してこれにしました。ポツポツが超ちょうど良いです。

天文ファンやカメラが趣味の方はシェアー&フォローをよろしくお願いします!

SiOnyx AURORA 超高感度デイナイトビジョン防水カメラ CDV-100C

α7sのように超高感度なので天体の撮影風景も撮れるし、望遠鏡のファインダーにしても良さそう。赤外線も撮影できるので星空撮影にも良いし、望遠鏡にカメラとして取り付けて写真や動画も撮影したい。Hαも映る優れものですね。

天体写真ナビ

コメントを残す