メシエ

M78(ウルトラマン星雲)

M78(メシエ78)ウルトラマン星雲

メシエ78(ウルトラマン星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は冬でオリオン座の反射星雲です。

三ツ星の最左「アルニタク」の北東付近

NGC2071とセットで撮影される事が多く、大きい方がM78です。

セットで撮影する場合の適正焦点距離800~2,000mm位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影したM78を随時更新中。

スポンサーリンク

天体情報

名称/種類M78(ウルトラマン星雲)(NGC2068)/散光星雲・反射星雲
位置赤経05h46m52.1s/赤緯+00゚05’45”
光度/視直径8.0等級/8.0′
季節/星座冬/オリオン座
近くの恒星アルニタク|アルニラム|ミンタカ|ベテルギウス|リゲル|ベラトリクス|シリウス|アルデバラン
星図M78周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M78(ウルトラマン星雲)の位置と周辺のメジャーな天体がわかる写真星図です。

EOS KISS X2(IRカットレス改造)で撮影したオリオン座の天体の位置がわかるフルサイズ換算42㎜の写真星図です。メシエはM42(オリオン大星雲)、M43、M78(反射星雲・ウルトラマン星雲)、メジャーな天体はIC434(馬頭星雲)、NGC2024(燃える木)、Sh2-276(バーナードループ)、Sh2-264(エンゼルフィッシュ星雲)などです。その他の散光星雲や銀河、散開星団や惑星状星雲もあり。

オリオン座周辺の天体がわかる写真星図


PENTAX KPで撮影したオリオン座の天体の位置がわかるフルサイズ換算27mmの写真星図です。メシエ天体はM42(オリオン大星雲)、M43、M78(反射星雲・ウルトラマン星雲)、メジャーな天体はIC434(馬頭星雲)、NGC2024(燃える木)、Sh2-276(バーナードループ)、Sh2-264(エンゼルフィッシュ星雲)などです。その他の散光星雲や銀河、散開星団や惑星状星雲もあり。

オリオン座周辺の天体がわかる写真星図

一眼レフ+反射望遠鏡

ISO51200/露出20秒/32枚/FL換算約1744mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出20秒×32枚を加算平均コンポジットした2017年10月27日01時43分32秒から撮影したM78(左)とNGC2071(右)の天体写真です。

【下】M78(ウルトラマン星雲)【上】NGC2071|ISO51200/露出20秒/32枚/FL換算約1744mm

撮影日時2017年10月27日01時43分32秒~
撮影場所奈良県山添村
望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5
カメラPENTAX KP【Amazon】
フィルターなし
ISO/露光時間ISO51200/20秒×32枚=総露光時間640秒
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約1143㎜の直焦点撮影で画像は約1744mm
トリミング「4000×6016」→「3941×2627」
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8【Amazon】
画像処理方法自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→トーンカーブ→光芒マスク→Lab色彩調整
コメント左がM78で右がNGC2071です。やはりISO51200で32枚だと荒いと思います。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

スポンサーリンク

Kenko 星景写真専用ソフトフィルター ハーフプロソフトン(A)

地上景色はシャープなまま星空だけをソフトにする新しいフィルター

天体写真ナビ

コメントを残す