メシエ

M78(ウルトラマン星雲)

M78(メシエ78)ウルトラマン星雲

M78(メシエ78)ウルトラマン星雲の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は冬でオリオン座の反射星雲です。

位置は三ツ星の最左「アルニタク」の北東付近で「赤経05h46m52.1s/赤緯+00゚05’45″」

NGC2071とセットで撮影される事が多く、大きい方がM78です。

セットで撮影する場合の適正焦点距離800~2,000mm位

IC434(馬頭星雲)とセットで撮る場合は横画角で300mm位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影したM78を随時更新中。

天体情報

メシエ78の天体情報
名称/種類M78(ウルトラマン星雲)(NGC2068)/散光星雲・反射星雲
英語名Messier78
位置赤経05h46m52.1s/赤緯+00゚05’45”
光度/視直径8.0等級/8.0′
距離1,600光年
季節/星座冬の星座オリオン座/Orion
メシエオリオン座のメシエ冬のメシエ
近くの恒星アルニタク|アルニラム|ミンタカ|ベテルギウス|リゲル|ベラトリクス|シリウス|アルデバラン
星図M78周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M78(ウルトラマン星雲)の位置と周辺のメジャーな天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM78(ウルトラマン星雲)の位置とオリオン座周辺の天体がわかる写真星図です。

M78(ウルトラマン星雲)の位置とオリオン座周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII+KenkoソフトフィルターPRO1D

NEXPOW 大容量ポータブル電源48000mAh/178Wh PSE認証済 急速充電 AC150W/DC/USB/Type-C出力

赤道儀とダミーバッテリーでカメラの給電に一晩使っています。コンセント付きで便利です。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO51200/F5/露出20秒/32枚/FL換算約1744mm

2017年10月27日01時43分32秒から反射望遠鏡のミードLXD-55と一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO51200/露出20秒で撮影して32枚を加算平均コンポジットした撮影したM78(左)とNGC2071(右)のメシエ天体写真です。

M78(ウルトラマン星雲)とNGC2071|ISO51200/F5/露出20秒/32枚/FL換算約1744mm|ミードLXD55+リコーPENTAX KP|上が天の北極

上の撮影データ
2017年10月27日の撮影データ
撮影日時2017年10月27日01時43分32秒~
撮影場所奈良県山添村
望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
ISO/露光時間ISO51200/20秒×32枚=総露光時間640秒
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約1143㎜の直焦点撮影で画像は約1744mm
トリミング「4000×6016」→「3941×2627」
フラット補正ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→トーンカーブ→光芒マスク→Lab色彩調整
コメント

やはりISO51200で32枚だと荒いと思います。

次回は同じ感度で露光30秒にして120枚をPENTAX KPで撮影してみようかなぁ。

カメラレンズでも撮影できるのでおススメです。

スポンサーリンク

HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 プロキット【3本セット+収納ファイバークロス】 ブラック KMC-LP17BKT

クリーニングキットを持ち歩くのは邪魔になるって時でもこのレンズペンがあればカメラレンズのホコリなどを傷を付けずにクリーニングできる。

天体写真ナビ

コメントを残す