メシエ

M18

M18(メシエ18)

M18(メシエ18)の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

季節は夏で射手座(いて座)の散開星団。

M18の位置はμ星の北北東約4°弱位でM17(オメガ星雲)の下付近で「赤経18h19m59.9s/赤緯-17゚06’36″」

適正焦点距離は約1000~3000mm位がおすすめ。

一眼カメラとレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

メシエ18の天体情報
名称/種類M18 (NGC6613)/散開星団
英語名Messier18
位置赤経18h19m59.9s/赤緯-17゚06’36”
光度/視直径6.9等級/9.0′
距離4900光年
季節/星座夏の星座いて座(射手座)
メシエいて座のメシエ夏のメシエ
近くの恒星ヌンキ|サビク|アルタイル|アンタレス
星図M18周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M18の位置といて座の天体や周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM18の位置と射手座(いて座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M18の位置と射手座(いて座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

IoSystemsInc アクリル製フォーカシングマスク バーティノフマスク 対応径125-180mm[国内正規品]

天体望遠鏡のピント合わせに使うバーティノフマスク。これがあればピント合わせが凄く簡単です。サイズはいろいろあるし、強度も最高です。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55

ISO6400/F5/露出45秒/5枚/FL換算約2464mm

2017年05月01日02時46分25秒から15.2cmF5の反射望遠鏡ミードLXD55とキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでISO6400/露出45秒で撮影して5枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約2464mmのM18のメシエ天体写真です。

M18|ISO6400/F5/露出45秒/5枚/FL換算約2464mm|CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55|上が天の北極

上の撮影データ
2017年5月1日の撮影データ
撮影日時2017年5月1日02時46分25秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO6400/45秒/5枚=225秒(3分45秒)
NRoff
焦点距離FL換算1219mmの直焦点撮影で画像は約2464mm
トリミング「5184×3456」→「2564×1709」
フラット処理青空フラット32枚
ダーク減算カメラのダーク1枚
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトCanon Digital Photo Professional4(DPP4)RStacker
コメント

初トライのM18。

とにかく全てのメシエ天体を撮影する為に美しさは無視でがむしゃらに撮影中でございます。

2回目のメシエマラソンの時はもっと同じ望遠鏡とカメラでもっと綺麗に撮ります!

スポンサーリンク

星検公式問題集 5級4級 新版

星空宇宙天文検定の為の問題集。何となく受けて見たくなる。過去問見たけど結構難しい。

天体写真ナビ

コメントを残す