メシエ

M17(オメガ星雲)

M17(メシエ17)オメガ星雲

オメガ星雲(メシエ17)の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

季節は夏で射手座(いて座)の散光星雲。

M17の位置はμ星の北北東付近で「赤経18h20m59.4s/赤緯-16゚07’01″」

適正焦点距離は約500~2000mm位がおすすめ。

一眼カメラとレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

メシエ17の天体情報
名称/種類M17 (NGC6618)「オメガ星雲」「白鳥星雲」「チェックマーク星雲」「馬蹄(ていてつ)星雲」/散光星雲
英語名Messier17「Omega Nebula」「Swan Nebula」「Checkmark Nebula」「Horseshoe Nebula」
位置赤経18h20m59.4s/赤緯-16゚07’01”
光度/視直径6.0等級/46.0′
距離4200光年
季節/星座夏の星座いて座(射手座)
メシエいて座のメシエ夏のメシエ
近くの恒星ヌンキ|カウスアウストラリス|サビク|アンタレス|アルタイル
星図M17(オメガ星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M17(オメガ星雲)の位置といて座の天体や周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM17(オメガ星雲)の位置と射手座(いて座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M17(オメガ星雲)の位置と射手座(いて座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

MARBERO ポータブル電源 大容量 60000mAh/222Wh 小型軽量 PSE認証済み AC(200W 瞬間最大300W)/DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0 二年間保証

あらゆる出力に対応するので赤道儀やカメラの電源を取るのに使えるかなり小型のポータブル電源。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出40秒/39枚/FL換算約1739mm

2018年04月13日02時54分06秒から15.2cmF5の反射望遠鏡ミードLXD-55とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出40秒で撮影して39枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1739mmのM17(オメガ銀河)のメシエ天体写真です。

M17(オメガ銀河)|ISO25600/F5/露出40秒/39枚/FL換算約1739mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|上が天の北極

2018年04月13日の撮影データ
撮影日時2018年04月13日02時54分06秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/40秒/39枚=総露光時間1440秒(約24分)
NRoff
焦点距離FL換算1143mmの直焦点撮影で画像は約1739mm
トリミング「6016×4000」→コンポジット後「5971×3989」→「3952×2640」にトリミング
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→レベル補正→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→マルチバンドウェーブレッド
画像処理動画M17(オメガ星雲)のメシエ天体写真を画像処理してみた(2018年4月13日撮影分)
コメント

赤外線フィルターを外さないと淡い赤い部分はなかなか出てこないですね。

とりあえず今回は総露出時間を60分にしようと思ったのですが雲が出て24分しか撮れませんでした。

今度はもう少し露光時間を多くするかISO感度を51200にするかして、総露出時間を60分にしてみようと思います。

それか画像処理が上達したら出せるのかもしれません。

CANON EOS KISS X7i+国際光器WHITEY DOB

ISO12800/F4.8/露出58秒/5枚/FL換算約1946mm

2017年06月03日03時13分04日から国際光器の25cmF4.8の反射望遠鏡WHITEY DOBとキャノンの一眼レフカメラEOS kiss X7iでISO12800/露出58秒で撮影して5枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1946mmのM17(オメガ星団)のメシエ天体写真をです。

M17(オメガ星団)|ISO12800/F4.8/露出58秒/5枚/FL換算約1946mm|CANON EOS Kiss X7i+国際光器WHITEY DOB|上が天の北極

2017年6月3日の撮影データ
撮影日時2017年6月3日3時13分04秒~(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡国際光器 WHITEY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO12800/58秒/5枚=総露出時間290秒
NRoff
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は1946mm
トリミング「5184×3456」→コンポジット後「5113×3409」
フラット処理疑似フラット画像を作成してフラット処理
ダーク減算カメラのダーク処理
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーオートガイド
画像処理ソフトステライメージ8
コメント

親戚のNさん撮影のオメガ星雲。

x7iと30cm反射望遠鏡でいろんな天体撮ってみたかったなぁ。

CANON EOS KISS X2+自作ニュートン式反射望遠鏡

ISO1600/F4.5/露出300秒/2枚/FL換算約800mm

2012年05月19日03時08分28秒から11cm/F4.5の自作反射望遠鏡とキャノンの一眼レフカメラEOS KISS x2でISO1600/露出300秒で撮影して2枚を加算平均コンポジットしたM17(オメガ星雲)のメシエ天体写真です。

M17(オメガ星雲)|ISO1600/F4.5/露出300秒/2枚/FL換算約800mm|CANON EOS KISS X2+11cm/500mm自作ニュートン式反射望遠鏡|上が天の北極

2012年5月19日の撮影データ
撮影日時2012年5月19日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡自作ニュートン式反射望遠鏡(D=110mm F=500mm)F4.5
カメラCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2
フィルターなし
露出時間ISO1600/300秒/2枚=総露出時間600秒
NRoff
焦点距離FL換算800mmの直焦点撮影
トリミングなし
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダーク処理
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーオートガイド
画像処理ソフトCanon Digital Photo Professional4(DPP4)
コメント

これはNさん自作&撮影のオメガ星雲。

この焦点距離の望遠鏡とキャノンx2の改造カメラならHαを撮るのに凄く良さそうです。

この時は赤外線改造しているか不明との事ですが、改造してそうな気もするけどなぁ。

スポンサーリンク

ステラナビゲータ11

天文ファンなら持っておきたい純国産の天文シミュレーションソフトウェアの最新バージョン。とにかく役に立つ!

最新の記事

天体写真ナビ

コメントを残す