メシエ

M57(リング・ドーナツ・環状星雲)

M57(ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲)

M57(メシエ57)ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

季節は夏で琴座(こと座)の惑星状星雲。

M57の位置はβ星シェリアクとγ星スラファトの中間位で「赤経18h53m34.7s/赤緯+33゚01’43″」

適正焦点距離は5000~30000㎜位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新中。

天体情報

メシエ57の天体情報
名称/種類M57 (NGC6720)「リング星雲」「ドーナツ星雲」「環状星雲」/惑星状星雲
英語名Messier57「Ring Nebula」
位置赤経18h53m34.7s/赤緯+33゚01’43”
光度/視直径9.0等級/2.5′
距離2283光年
季節/星座夏の星座こと座(琴座)
メシエこと座のメシエ夏のメシエ
近くの恒星ベガ
星図M57周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M57(リング星雲/ドーナツ星雲/環状星雲)の位置がわかること座の写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM57(リング星雲)の位置と琴座(こと座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M57(リング星雲)の位置と琴座(こと座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

IoSystemsInc アクリル製フォーカシングマスク バーティノフマスク 対応径125-180mm[国内正規品]

天体望遠鏡のピント合わせに使うバーティノフマスク。これがあればピント合わせが凄く簡単です。サイズはいろいろあるし、強度も最高です。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

CANON EOS KISS X7i+国際光器WHITEY DOB

ISO6400/F4.8/露出4秒/Jpeg7枚/FL換算約9328mm

2017年06月02日23時49分15秒から国際光器の25cmF5の反射望遠鏡「WHITEY DOB」とキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでISO6400/露出4秒で撮影してjpeg7枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約9328mmのM57(リング星雲・環状星雲・ドーナツ星雲)のメシエ天体写真です。

M57(リング星雲/ドーナツ星雲/環状星雲)|ISO6400/F4.8/露出4秒/Jpeg7枚/FL換算約9328mm|CANON EOS Kiss X7i+国際光器WHITEY DOB|上が天の北極

上の撮影データ
2017年6月2日の撮影データ
撮影日時2017年6月2日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡国際光器 WHITEY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO6400/4秒/7枚=総露出時間28秒
NRon
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は約9328mm
トリミング「5184×3456」→「1067×600」
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーなし
画像処理ソフトステライメージ8
コメント

リング星雲とNGC7293(らせん星雲)は似ていますね。

でもリング星雲の方が遥かに小さい感じです。

ISO12800/F4.8/露出4秒/Jpeg6枚/FL換算約9337mm

2017年06月03日00時07分53秒から国際光器の25cmF5の反射望遠鏡WHITEY DOBとキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでIS12800/露出4秒で撮影してjpeg6枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約9337mmのM57(ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲)のメシエ天体写真です。

M57(リング星雲/ドーナツ星雲/環状星雲)|ISO12800/F4.8/露出4秒/Jpeg6枚/FL換算約9337mm|CANON EOS Kiss X7i+国際光器WHITEY DOB|上が天の北極

上の撮影データ
2017年6月3日の撮影データ①
撮影日時2017年6月3日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡国際光器 WHITEY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO12800/4秒/6枚=総露出時間24秒
NRon
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は約9337mm
トリミング「5184×3456」→「1066×600」
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダークのみ
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーなし
画像処理ソフトステライメージ8
コメント

ISO3200/F4.8/露出4秒/Jpeg8枚/FL換算約9328mm

2017年06月03日00時29分03秒から国際光器の25cmF5の反射望遠鏡WHITEY DOBとキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでIS3200/露出4秒で撮影してjpeg8枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約9328mmのM57(ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲)のメシエ天体写真です。

M57(リング星雲/ドーナツ星雲/環状星雲)|ISO3200/F4.8/露出4秒/Jpeg8枚/FL換算約9328mm|CANON EOS Kiss X7i+国際光器WHITEY DOB|上が天の北極

上の撮影データ
2017年6月3日の撮影データ②
撮影日時2017年6月3日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡国際光器 WHITEY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO3200/4秒/8枚=総露出時間32秒
NRon
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は約9328mm
トリミング「5184×3456」→「1067×600」
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーなし
画像処理ソフトステライメージ8
コメント露出時間がもう少し必要ですね。
ISO3200なので他の画像よりノイズは少なめです。

ISO3200/F4.8/露出8秒/Jpeg5枚/FL換算約9319mm

2017年06月03日00時29分03秒から国際光器の25cmF5の反射望遠鏡WHITEY DOBとキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでIS3200/露出8秒で撮影してjpeg5枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約9319mmのM57(ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲)のメシエ天体写真です。

M57(ドーナツ星雲・リング星雲・環状星雲)|ISO3200/F4.8/露出8秒/Jpeg5枚/FL換算約9319mm|CANON EOS Kiss X7i+国際光器WHITEY DOB|上が天の北極

上の撮影データ
2017年6月3日の撮影データ③
撮影日時2017年6月3日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡国際光器 WHITEY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露出時間ISO3200/8秒/5枚=総露出時間40秒
NRon
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は約9319mm
トリミング「5184×3456」→「1068×601」
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダークのみ
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーなし
画像処理ソフトステライメージ8
コメント

F4.8のISO3200で8秒露出ならそこそこ写りますね。

この手の明るくて小さな惑星状星雲はアイピースを使った拡大撮影でも撮れそうな気がします。

スポンサーリンク

Brinno TLC200Pro タイムラプスカメラ(定点観測用カメラ) TLC200Pro 【日本正規代理店品】

乾電池で長時間撮影ができて自動でタイムラプス動画にしてくれ、2種類のレンズに交換もできる。HDRで撮影でき、省電力で5分間隔なら約40日間の連続撮影が可能。天体だけでなくいろんなタイムラプスが楽ちん。

天体写真ナビ

コメントを残す