メシエ

M81

M81(メシエ81)

M81(メシエ81)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は春でおおぐま座(大熊座)の渦巻銀河。

位置は頭のσ星アルティバーからりゅう座のλ星ギアンサルへ向かって1/3位で「赤経09h55m33.3s/赤緯+69゚03’47″」

適正焦点距離はM81単体は2000~4500mmM82(葉巻銀河)を入れると約800~2000㎜位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

MARBERO ポータブル電源 大容量 60000mAh/222Wh 小型軽量 PSE認証済み AC(200W 瞬間最大300W)/DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0 二年間保証

あらゆる出力に対応するので赤道儀やカメラの電源を取るのに使えるかなり小型のポータブル電源。

天体情報

メシエ81の天体情報
名称/種類M81(ボーデの銀河) (NGC3031)/渦巻銀河
英語名Messier81「Bode’s Galaxy」
位置赤経09h55m33.3s/赤緯+69゚03’47”
光度/視直径6.9等級/25.7′
距離11,740,000光年
季節/星座春の星座おおぐま座(大熊座)/Ursa Major(ウルサ マヨル)
メシエおおぐま座のメシエ春のメシエ
近くの恒星ドゥベ|メラク|フェクダ|アリオト|ミザール|ポラリス
星図M81周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M81の位置や大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM81の位置と大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M81の位置と大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約2256mmと約1995mm

2018年03月17日23時14分21秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出30秒で撮影して101枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約2256mmのM81のメシエ天体写真です。

M81|ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約2256mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|上が天の北極


2018年03月17日23時14分21秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出30秒で撮影して101枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1995mmのM81とM82(葉巻銀河)のメシエ天体写真です。

【左】M82(葉巻銀河)【右】M81|ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約1995mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|左が天の北極

上の撮影データ
2018年03月17日の撮影データ
撮影日時2018年03月17日23時14分21秒~
撮影場所奈良県山添村
天体望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/30秒/101枚=総露光時間3030秒(約50分30秒)
NRoff
焦点距離FL換算約1143㎜の直焦点撮影でトリミングにより画像は約3581mm(下は約1955mm)
トリミング「4000×6016」→「3048×2032」。下は「3516×2367」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル調整→ソフトビニング星雲マスク→マルチバンドシャープ→トーンカーブ→Lab色彩補正→背景マスク→ノイズ処理→Lab色彩調整→明るさコントラスト調整
画像処理動画M81とM82(葉巻銀河)の天体写真の画像処理をやってみた(2018年3月17日撮影分)
コメント

もう少し露光時間を増やした方が良いかも。

次はISO25600で40秒にしたい。

CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55

ISO6400/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm

2017年11月15日19時47分42秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでISO6400/露出30秒で撮影して10枚を加算平均コンポジットした撮影したフルサイズ換算約1584mmのM81とM82(葉巻銀河)のメシエ天体写真です。

【左】M81【右】M82(葉巻銀河)|ISO6400/F5/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm|CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55|右が天の北極

上の撮影データ
2017年11月15日の撮影データ
撮影日時2017年11月15日19時47分42秒~
撮影場所奈良県山添村
天体望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露光時間ISO6400/30秒/10枚/総露光時間300秒
NRon
焦点距離FL換算約1219mmの直焦点撮影でトリミングにより画像は約1584mm
トリミング「5184×3456」→「3987×2658」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダークのみ
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→レベル補正→背景星雲マスク→Lab色彩調整→星雲マスク→Lab色彩補正→トーンカーブ
コメント

M81を明るくするとM82が白飛びしちゃって画像処理が難しいですね。

またチャレンジして綺麗に撮りたい。

15cmF5の反射望遠鏡でも綺麗に撮れるはず。

スポンサーリンク

SVBONY SV503 EDレンズ屈折望遠鏡 口径80mm/焦点距離560mm/F7

SMCレンズコーティングでダブルセパレーションレンズ構造、解像度は1.5秒で集光力は130.6x、2インチデュアルスピードフォーカサー付きで3.88kg

天体写真ナビ

コメントを残す