メシエ

M81

M81(メシエ81)

メシエ81(M81)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は春でおおぐま座(大熊座)の渦巻銀河。

位置は頭のσ星アルティバーからりゅう座のλ星ギアンサルへ向かって1/3位

適正焦点距離はM81単体は2000~4500mmでM82(葉巻銀河)を入れると約800~2000㎜位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

スポンサーリンク

天体情報

名称/種類M81 (NGC3031)/渦巻銀河
位置赤経09h55m33.3s/赤緯+69゚03’47”
光度/視直径6.9等級/25.7′
季節/星座春/おおぐま座(大熊座)
近くの恒星ドゥベ|メラク|フェクダ|アリオト|ミザール|ポラリス
星図M81周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M81の位置や周辺の天体がわかる写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影したおおぐま座付近の天体の位置がわかる写真星図です。メシエはM81|M82(葉巻銀河)|M97(ふくろう星雲)|M101(回転花火銀河)|M108|M109。その他魅力的な銀河が非常に多数あります。

おおぐま座付近の天体の位置がわかる写真星図

一眼レフ+反射望遠鏡

ISO25600/露出30秒/101枚/FL換算約2256mmと約1995mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット/露出30秒×101枚を加算平均コンポジットした2018年03月17日23時14分21秒から撮影したM81のメシエ天体写真です。

M81|ISO25600/露出30秒/101枚/FL換算約2256mm


口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット/露出30秒×101枚を加算平均コンポジットした2018年03月17日23時14分21秒から撮影したM81とM82(葉巻銀河)のメシエ天体写真です。

【左】M82(葉巻銀河)【右】M81|ISO25600/露出30秒/101枚/FL換算約1995mm|左が北。

撮影日時2018年03月17日23時14分21秒~
撮影場所奈良県山添村
天体望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/30秒/101枚=総露光時間3030秒(約50分30秒)
NRoff
焦点距離FL換算約1143㎜の直焦点撮影でトリミングにより画像は約3581mm(下は約1955mm)
トリミング「4000×6016」→「3048×2032」。下は「3516×2367」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル調整→ソフトビニング星雲マスク→マルチバンドシャープ→トーンカーブ→Lab色彩補正→背景マスク→ノイズ処理→Lab色彩調整→明るさコントラスト調整
画像処理動画M81とM82(葉巻銀河)の天体写真の画像処理をやってみた(2018年3月17日撮影分)
コメントもう少し露光時間を増やした方が良いかも。次はISO25600で40秒にしたい。

ISO6400/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/EOS KISS X7i/ISO6400/露出30秒×10枚を加算平均コンポジットした2017年11月15日19時47分42秒から撮影したM81(左)の天体写真です。

【左】M81【右】M82(葉巻銀河)|ISO6400/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm|右が北

撮影日時2017年11月15日19時47分42秒~
撮影場所奈良県山添村
天体望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5
カメラCANON EOS KISS X7i【Amazon】
フィルターなし
露光時間ISO6400/30秒/10枚/総露光時間300秒
NRon
焦点距離FL換算約1219mmの直焦点撮影でトリミングにより画像は約1584mm
トリミング「5184×3456」→「3987×2658」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダークのみ
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→レベル補正→背景星雲マスク→Lab色彩調整→星雲マスク→Lab色彩補正→トーンカーブ
コメントM81を明るくするとM82が白飛びしちゃって画像処理が難しいですね。またチャレンジして綺麗に撮りたい。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

スポンサーリンク

Kenko 星景写真専用ソフトフィルター ハーフプロソフトン(A)

地上景色はシャープなまま星空だけをソフトにする新しいフィルター

天体写真ナビ

コメントを残す