メシエ

M81

M81(メシエ81)

M81(メシエ81)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は春でおおぐま座(大熊座)の渦巻銀河。

位置は頭のσ星アルティバーからりゅう座のλ星ギアンサルへ向かって1/3位で「赤経09h55m33.3s/赤緯+69゚03’47″」

適正焦点距離はM81単体は2000~4500mmM82(葉巻銀河)を入れると約800~2000㎜位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

メシエ81の天体情報
名称/種類 M81(ボーデの銀河) (NGC3031)/渦巻銀河
英語名 Messier81「Bode’s Galaxy」
位置 赤経09h55m33.3s/赤緯+69゚03’47”
光度/視直径 6.9等級/25.7′
距離 11,740,000光年
季節/星座 春の星座おおぐま座(大熊座)/Ursa Major(ウルサ マヨル)
メシエ おおぐま座のメシエ春のメシエ
近くの恒星 ドゥベ|メラク|フェクダ|アリオト|ミザール|ポラリス
星図 M81周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M81の位置や大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM81の位置と大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M81の位置と大熊座(おおぐま座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約2256mmと約1995mm

2018年03月17日23時14分21秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出30秒で撮影して101枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約2256mmのM81のメシエ天体写真です。

M81|ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約2256mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|上が天の北極


2018年03月17日23時14分21秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出30秒で撮影して101枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1995mmのM81とM82(葉巻銀河)のメシエ天体写真です。

【左】M82(葉巻銀河)【右】M81|ISO25600/F5/露出30秒/101枚/FL換算約1995mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|左が天の北極

上の撮影データ
2018年03月17日の撮影データ
撮影日時 2018年03月17日23時14分21秒~
撮影場所 奈良県山添村
天体望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
露光時間 ISO25600/30秒/101枚=総露光時間3030秒(約50分30秒)
NR off
焦点距離 FL換算約1143㎜の直焦点撮影でトリミングにより画像は約3581mm(下は約1955mm)
トリミング 「4000×6016」→「3048×2032」。下は「3516×2367」
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル調整→ソフトビニング星雲マスク→マルチバンドシャープ→トーンカーブ→Lab色彩補正→背景マスク→ノイズ処理→Lab色彩調整→明るさコントラスト調整
画像処理動画 M81とM82(葉巻銀河)の天体写真の画像処理をやってみた(2018年3月17日撮影分)
コメント

もう少し露光時間を増やした方が良いかも。

次はISO25600で40秒にしたい。

CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55

ISO6400/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm

2017年11月15日19時47分42秒からミードの口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55とキャノンの一眼レフカメラEOS KISS X7iでISO6400/露出30秒で撮影して10枚を加算平均コンポジットした撮影したフルサイズ換算約1584mmのM81とM82(葉巻銀河)のメシエ天体写真です。

【左】M81【右】M82(葉巻銀河)|ISO6400/F5/露出30秒/10枚/FL換算約1584mm|CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55|右が天の北極

上の撮影データ
2017年11月15日の撮影データ
撮影日時 2017年11月15日19時47分42秒~
撮影場所 奈良県山添村
天体望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ CANON EOS KISS X7i
フィルター なし
露光時間 ISO6400/30秒/10枚/総露光時間300秒
NR on
焦点距離 FL換算約1219mmの直焦点撮影でトリミングにより画像は約1584mm
トリミング 「5184×3456」→「3987×2658」
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダークのみ
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→レベル補正→背景星雲マスク→Lab色彩調整→星雲マスク→Lab色彩補正→トーンカーブ
コメント

M81を明るくするとM82が白飛びしちゃって画像処理が難しいですね。

またチャレンジして綺麗に撮りたい。

15cmF5の反射望遠鏡でも綺麗に撮れるはず。

Tinzzi第2世代ヘッドライト充電式・センサー機能付き赤&白LEDライトIPX6

天文屋にありがたい赤色ヘッドライト。凄く弱い光も出せるし、充電式でコスパ納得の第2世代。

天体写真ナビ

コメントを残す