メシエ

M31(アンドロメダ銀河)

M31(メシエ31)アンドロメダ銀河

アンドロメダ銀河(メシエ31)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でアンドロメダ座の渦巻銀河。

M31の位置はα星アルフェラッツとβ星ミラクの中間からカシオペア座のα星シェダルに向かって1/3位。

適正焦点距離は150~1000㎜位。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新中。

天体情報

名称/種類M31(アンドロメダ銀河)(NGC224)/渦巻銀河
位置赤経00h42m42.0s/赤緯+41゚16’00”
光度/視直径3.5等級/178.0′
季節/星座秋の星座アンドロメダ座
近くの恒星ミラク|シェダル|アルマク|アルフェラッツ
星図1M31(アンドロメダ銀河)周辺の星図(www.astro.cz)
星図2M31(アンドロメダ銀河)周辺の星図2(www.astro.cz)

写真星図

アンドロメダ銀河の位置や天体及び周辺の星座がわかる写真星図です。

アンドロメダ座の天体の位置や周辺の星座がわかる写真星図です。メシエはM31(アンドロメダ銀河)とM32とM110。惑星状星雲はNGC7662(青い雪玉星雲)。その他NGCの散開星団やICがあり、シャープレスはなし。

アンドロメダ座周辺の天体の位置がわかる写真星図

一眼レフ+カメラレンズ

ISO51200/F6.3/露出30秒/32枚/FL換算約318mm

タムロンズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII でフルサイズ換算300㎜/F6.3/PENTAX-KP/ISO51200/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正/リアルレゾリューションON/露出30秒×32枚を加算平均コンポジットした2018年08月11日00時57分31秒から撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。

M31(アンドロメダ銀河)|ISO51200/F6.3/露出30秒/32枚/FL換算約318mm

撮影日時2018年08月11日00時57分31秒~
撮影場所奈良県山添村
カメラリコー PENTAX KP
レンズTAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターなし
露光時間ISO51200/LRGB各30秒/32枚=総露光時間3840秒(64分)
リアレゾON
NRoff
焦点距離FL換算約300㎜で撮影して画像は約318mm
トリミング「6026×4026」→「5672×3760」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
コンポジット加算平均コンポジット
ダーク減算なし
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8でバッジコンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→トーンカーブ→星マスク→スターエンハンス→明るさ/コントラスト調整→ノイズ処理→トーンカーブ→Lab色彩調整→光芒星雲マスク→トーンカーブ→Lab色彩調整→明るさ/コントラスト調整
画像処理動画作成したらアップします。
コメント今回リアレゾをONにして撮影してみたのですが、写真が緑色でした。多分光害の影響で緑が強く出た為だと思います。また、リアレゾONの画像をステライメージ8の自動コンポジットをしても位置が合いません。仕方なくバッジ処理でコンポジットしました。思ったような画像にはならなかったので、カメラレンズでのアンドロメダもこれからもっとチャレンジしてみようと思います。

一眼レフ+反射望遠鏡

【HDR】ISO51200/F5/露出30秒/30~116枚/FL換算約1294mm

2019年10月06日22時46分35秒から撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正/リアレゾOFF/露出30秒×116枚を加算平均コンポジットで焦点距離はFL換算約1294mm。

M31(アンドロメダ銀河)|ISO51200/30秒×116枚(ISO25600からRAW現像で増感)ISO25600/30秒×116枚|ISO12800/30秒×70枚|ISO6400/30秒×31枚|ISO3200/30秒×30枚(ISO6400からRAW現像で減感)|FL換算約1294mm

撮影日時2019年10月06日22時46分35秒~
撮影場所奈良県山添村フォレストパーク神野山
カメラリコー PENTAX KP
天体望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
フィルターなし
露光時間ISO51200/30秒×116枚(ISO25600からRAW現像で増感)|ISO25600/30秒×116枚|ISO12800/30秒×70枚|ISO6400/30秒×31枚|ISO3200/30秒×30枚(ISO6400からRAW現像で減感)=総露出時間=1時間48分30秒
HDR合成HDRマスク合成
リアレゾOFF
NRoff
焦点距離FL換算約1143㎜で撮影して画像は約1294mm
トリミングなし。「5320×3536」→「4000×2658」にリサイズ
フラット処理ソフトビニングフラット補正
コンポジット加算平均コンポジット
ダーク減算なし
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8でRAW現像→自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→Lab色彩調整→RGB減算マスク→Lab色彩調整(青)→ケラレ処理→光害カブリ処理→ホワイトバランス
画像処理動画作成したらアップします。
コメントノータッチガイドなので露出時間を30秒に固定してISOを変えてHDRにしてみました。アンドロメダ銀河は簡単に撮影できるけど画像処理が凄く難しい気がします。特にRGBのバランスがしっくりくるところに合わせるのが凄く難しい。光害の影響も重なると納得いくバランスがみつからない。それと銀河の中心部の色とか明るさの滑らかさのような点も重要な気がしました。また周辺の淡い部分の出し方も重なるとホントに難しい天体だと感じます。さて、次はどうやって撮影するか悩むところです。もっと時間を掛けて撮影して画像処理がし易くなるようにした方がいいのかなぁ。。。

ISO25600/F5/露出20秒/32枚/FL換算約1328mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/リアルレゾリューションON/露出20秒×32枚を加算平均コンポジットした2017年11月15日19時47分42秒から撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。

【中央】M31(アンドロメダ銀河)【左上】M32【右下】M110|ISO25600/F5/露出20秒/32枚/FL換算約1328mm

撮影日時2017年11月15日19時47分42秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
カメラリコーPENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/LRGB各20秒×32枚=総露光時間2560秒(42分40秒)
リアレゾON
NRon
焦点距離FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約1328mm
トリミング「6016×3960」→「5175×3457」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Camera Utility 5|ステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル補正→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→星マスク→トーンカーブ→ノイズ処理→光芒マスク→Lab色彩調整→明るさ/コントラスト調整
コメント始めてリアルレゾリューションをONで撮影してみました。やはり色は出易いと感じます。次回はONとOFFの差をじっくり撮影して記事にしたいと思います。

ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約1148mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラのダーク減算処理/ソフトビニングフラット補正/リアレゾOFF/露出20秒×16枚を加算平均コンポジットした2017年08月30日23時20分05秒から撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。

【中央】M31(アンドロメダ銀河)【左上】M32【右下】M110|ISO25600/F5/露出20秒/15枚/FL換算約1148mm

撮影日時2017年08月30日23時20分05秒~
撮影場所奈良県山添村
望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5
カメラリコーPENTAX-KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/20秒/16枚=総露光時間320秒(5分20秒)
NRon
焦点距離FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約1148mm
トリミング「6016×4006」→「5889×4001」
フラット処理ソフトビニングフラット
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→光芒マスク→Lab色彩調整
コメントアンドロメダは短い焦点距離の方が良いかもしれないですね。800mm位がいいのかなぁ。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

24000mAh/85W/AC出力付き大容量高速充電モバイルバッテリー

天体撮影にはこういうモバイルバッテリーがあると便利ですね。カメラのバッテリーやレンズヒーターなどいろいろ充電するのに便利。

天体写真ナビ

コメント

  1. vyふvつゔゅgyjgyj より:

    M81のことをM82と書いてあります。

  2. aibou aibou より:

    vyふvつゔゅgyjgyjさんへ
    ホントですね!?
    修正しました。ご指摘ありがとうございます!

コメントを残す