メシエ

M54

M54(メシエ54)
名称/種類 M54(NGC6715)/球状星団
位置 赤経18h55m03.2s/赤緯-30゚28’47”
光度/視直径 7.7等級/9.1′
季節/星座 夏/いて座
近くの恒星 ヌンキ・カウスアウストラリス・アンタレス・アルタイル
星図 M54周辺の星図(www.astro.cz)

M54の星図

一眼カメラで撮影したメシエ54の天体写真や撮影データを随時更新中。

スポンサーリンク

LXD55/F5/PENTAX-KP/ISO25600/露出3秒×32枚

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出3秒×32枚を加算平均コンポジットした2017年09月24日20時06分06秒から撮影したM54(球状星団)のメシエ天体写真です。

撮影日時 2017年09月24日20時06分06秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
倍率 直焦点
カメラ PENTAX-KP(一眼レフ)/APS-C
ISO/露光時間 ISO25600/3秒×32枚=総露光時間96秒
コンポジット 加算平均コンポジット
ダーク減算 カメラのダーク
ノイズリダクション off
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
トリミング 「5955×3977」から「1207×806」にトリミング。web用にリサイズあり。
フィルター なし
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト フラットエイド・ステライメージ8
画像処理方法 ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→明るさ/コントラスト調整→星マスク→トーンカーブ→ノイズ処理→Lab色彩調整
コメント 球状星団の中央だけ明るくなってしまうので、その処理に星雲マスクを使いました。M54は凄く小さいですね。

LXD55/F5/PENTAX-KP/ISO25600/露出15秒×10枚

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出15秒×10枚を加算平均コンポジットした2017年08月22日22時24分46秒から撮影したM54の天体写真です。

撮影日時 2017年08月22日22時24分46秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
倍率 直焦点
カメラ PENTAX-KP/(一眼レフ)APS-C
ISO/露光時間 ISO25600/15秒×10枚=総露光時間150秒
コンポジット 加算平均コンポジット
ダーク減算 カメラのダークのみ
ノイズリダクション on
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
トリミング 「5959×3981」から「1281×856」にトリミング。web用にリサイズあり。
フィルター なし
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 ステライメージ8で自動コンポジットソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩調整→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→背景マスク→トーンカーブ
コメント 薄曇りのなかだったので色が出なかった。今度はもう少し枚数を増やしてコンポジットしようと思う。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメントを残す


CAPTCHA