メシエ

M67

M67(メシエ67)

M67(メシエ67)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は春でかに座の散開星団。

M67の位置はα星アクベンスの西側付近で「赤経08h51m33.6s/赤緯+11゚50’53″」

適正焦点距離は600~2000㎜位がおすすめ。

海外では「King Cobra Cluster」と言うかたもいるようですが日本では「キングコブラ星団」とはあまり聞かないですかね?

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

メシエ67の天体情報
名称/種類 M67(キングコブラ星団)(NGC2682)/散開星団
位置 赤経08h51m33.6s/赤緯+11゚50’53”
英語名 Messier67「King Cobra Cluster」
光度/視直径 6.9等級/30.0′
距離 2,700光年
季節/星座 春の星座かに座(蟹座)
メシエ かに座のメシエ春のメシエ
近くの恒星 レグルス|プロキオン|ボルボックス|カストル
星図 M67周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M67の位置と周辺の星座やメジャーな天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM67の位置と蟹座(かに座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M67の位置と蟹座(かに座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO51200/F5/露出10秒/31枚/FL換算約1749mm

2017年10月27日03時43分39秒から反射望遠鏡のミードLXD-55と一眼レフカメラのリコーPENTAX-KPでISO51200/露出10秒で撮影して31枚を加算平均コンポジットしたM67のメシエ天体写真です。

M67|ISO51200/F5/露出10秒/31枚/FL換算約1749mm|ミードLXD55+リコーPENTAX KP|上が天の北極

上の撮影データ
2017年10月27日の撮影データ
撮影日時 2017年10月27日03時43分39秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
ISO/露光時間 ISO51200/10秒/31枚=総露光時間310秒
ノイズリダクション off
焦点距離 FL換算約1143㎜の直焦点撮影からトリミングで約1749mm
トリミング 「4000×6016」→「3931×2620」
フラット処理 フラットエイドでフラット画像を作成して処理
ダーク減算 カメラのダーク
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト Digital Camera Utility5ステライメージ8フラットエイド
画像処理方法 Digital Camera Utility 5でRAW現像及びtiffに変換→フラットエイドでフラット画像作成→全数フラット処理→ステライメージ8で自動コンポジット→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→Lab色彩調整→マトリクス色彩補正
コメント

補正ガラスの入った反射望遠鏡はスパイダーのキラッとした輝きがないから散開星団には向いてないのかなぁと思うけど、それでもどうにかならないか一度考えてみよう。

純粋なニュートン式反射望遠鏡ならキラキラ光る感じで撮影できそうですね。

最近の更新

天体写真ナビ

コメント

  1. アバター aibou より:

    shimaさんへ
    修正してみました。
    向きがイマイチよくわかんないのですが、これで向きがあってますかねぇ?
    またその都度ページを修正する時に天体の向きを気にして修正してみます。
    おーきにです!
    ちょっと向きの勉強してみます。

  2. アバター aibou より:

    shimaさんへ
    なんか向きが変ですね。
    向きはあんまり気にせずアップしていたので、これを期に向きに注意してアップするようにしてみます。
    ありがとうございます!

  3. アバター shima より:

    いつも楽しく見させて頂いてます(^^♪
    差支え無ければ、
    M67の写真が鏡像になっている可能性があります。

コメントを残す