メシエ

M14

M14(メシエ14)

M14(メシエ14)の位置や星図と天体写真やカメラやレンズなどの撮影データです。

季節は夏で蛇遣座(へびつかい座)の球状星団。

位置はβ星ケバルライからμ星に向かって2/3位で「赤経17h37m36.0s/赤緯-03゚15’00″」

適正焦点距離は2000~8000㎜位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

折りたたみ椅子 超軽量超コンパクトなのに耐荷重150㎏の高さ調整アウトドアチェア

天体撮影時に高さ調整できる何かコンパクトな椅子は無いかと思って購入しました。釣りやキャンプにも活躍してます。これは買って良かった超おススメ品!

天体情報

メシエ14の天体情報
名称/種類M14 (NGC6402)/球状星団
位置赤経17h37m36.0s/赤緯-03゚15’00”
英語名Messier14
光度/視直径7.6等級/11.7′
距離30300光年
季節/星座夏の星座へびつかい座(蛇遣座)
メシエへびつかい座のメシエ夏のメシエ
近くの恒星サビク|ラスアルハゲ|アンタレス
星図M14周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

M14の位置や蛇遣座の天体や周辺の星座がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したM14の位置と蛇使座(へびつかい座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

M14の位置と蛇使座(へびつかい座)周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

CANON EOS KISS X7i+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/10枚/FL換算約3699mm

2017年04月24日03時59分48秒から15.2cmF5の反射望遠鏡「ミードLXD-55」とリコーの一眼レフカメラPENTAX-KPでISO25600/露出20秒で撮影して10枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約3699mmのM14(球状星団)のメシエ天体写真です。

M14|ISO25600/F5/露出20秒/10枚/FL換算約3699mm|リコーPENTAX KP+ミードLXD55|上が天の北極

上の撮影データ
2017年04月24日の撮影データ
撮影日時2017年04月24日03時59分48秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラCANON EOS KISS X7i
フィルターなし
露光時間ISO25600/20秒/10枚=総露光時間200秒(3分20秒)
NRoff
焦点距離FL換算1219mmの直焦点撮影で画像は約3699mm
トリミング「5184×3456」→「1708×1139」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク減算処理
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→明るさ/コントラスト調整
コメント

メシエ14は黄色っぽい球状星団ですね。

15㎝F5でもそこそこの大きさに撮れるのでおススメです。

HDRしなくてもいけるかな?

次に撮影した時は画像処理も上達していると思うので次回頑張ります。

スポンサーリンク

Kenko 双眼鏡 ultraVIEW 6x30WP ポロプリズム 6倍30口径 防水 020395

僕が使っている6×30の双眼鏡です。超軽量コンパクトで撮影中ずっと首にぶら下げてます。星図を見てこの双眼鏡で見て位置を確認する感じですね。こんな安いのにめちゃシャープです。頻繁に売り切れます。

天体写真ナビ

コメントを残す