メシエ

M20(三裂星雲)

M20(メシエ20)三裂星雲

三裂星雲(メシエ20)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で射手座(いて座)の散光星雲。

M20の位置はσ星ヌンキからλ星カウスボレアレスの距離の約2倍付近やや上。

適正焦点距離はM20単体では1000~2500㎜位で、M21を含めると600~1200mm位。

M8(干潟星雲)も含めると約200~500mm位。

一眼カメラとレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

スポンサーリンク

天体情報

名称/種類M20 (NGC6514)「三裂星雲」/散光星雲
位置赤経18h02m28.8s/赤緯-22゚58’49”
光度/視直径6.3等級/29.0′
季節/星座夏/いて座(射手座)
近くの恒星ヌンキ|カウスアウストラリス|サビク|アンタレス
星図M20(三裂星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

星図

M20(三裂星雲)の位置がわかる星図です。

いて座のメシエ天体は、m8(干潟星雲)とm20(三裂星雲)とm21(散開星団)の1フレーム画像が有名ですね。またm17(オメガ星雲)、散開星団はm18-m23-m24-m25、球状星団はm22-m28-m54-m55-m69-m70-m75と数多くメシエ天体があります。

M8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)とM21(散開星団)とM17(オメガ星雲)M22とM28とM54とM55とM69とM70とM75の位置がわかる星図

一眼レフ+反射望遠鏡

ISO1600/F4.8/露出130秒/2枚/FL換算約2344mm

口径25cm/f4.8/EOS KISS x2/ISO1600/露出130秒×2枚を加算平均コンポジットしたM20(三裂星雲)の写真です。

M20(三裂星雲)|ISO1600/F4.8/露出130秒/2枚/FL換算約2344mm

撮影日時2013年8月2日(撮影者Nさん)
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡WHITY DOB(D=250mm F=1200mm)F4.8:ニュートン式
カメラ CANON EOS KISS X2【Amazon】
フィルターなし
露出時間ISO1600/130秒/2枚=総露出時間4分20秒
NR不明
焦点距離FL換算1920mmの直焦点撮影で画像は約2344mm
トリミング「4272×2848」→「3498×1967」
フラット処理なし
ダーク減算カメラのダーク処理
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀アトラスEQ-G赤道儀
自動導入コントローラーオートガイド
画像処理ソフトCanon Digital Photo Professional4(DPP4)
コメント

一眼レフ+カメラレンズ

ISO12800/F6.3/露出30秒/92枚/FL換算約320mm

PENTAX-KPとTAMROM18-200mmズームレンズを使用して焦点距離300㎜(35mm換算)でISO12800/30秒を92枚加算平均コンポジットした2018年03月18日04時04分15秒から撮影したM8干潟星雲(下)とM20三裂星雲(上)の間を通過する火星の天体写真です。

【中央下】M8(干潟星雲)【中央左上】M20(三裂星雲)【左】散開星団M21【中央右上】火星|ISO12800/F6.3/露出30秒/92枚/FL換算約320mm

撮影日時2018年03月18日04時04分15秒~
撮影場所奈良県山添村
カメラ PENTAX KP【Amazon】
レンズ TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII ペンタックスAPS-C専用A14【Amazon】
フィルターなし
露光時間ISO12800/30秒/92枚=総露光時間2760秒(46分)
NRoff
焦点距離FL換算320mm
トリミング「6016×4000」→「5633×3763」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラースカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8【Amazon】
画像処理方法ステライメージ8で自動コンポジット→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→RGB減算マスクで青ハロ除去→ステライメージ8の青ハロ・偽色除去→星マスク→ノイズ処理→ソフトビニング星雲マスク→Lab色彩補正→デジタル現像
画像処理動画青ハロがひどいM8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)と火星の天体写真の画像処理(2018年3月18日撮影分)
コメントRGB分解してBからRを減算したマスクで青ハロ除去し、その後ステライメージ8の青ハロ除去をしたらまずまず青ハロが除去できました。今回カメラレンズで撮影して青ハロって言うのが良くわかった。カメラレンズは開放で使わないで少し絞って撮影した方が青ハロが出なくてよさそうです。しかし、M8とM20の間を火星が通るなんて珍しいし、周囲には木星も土星もあって天の川が大賑わいでした。

カメラは一眼レフ・ミラーレス・コンデジを使用しており、冷却CCDは使っていません。

スポンサーリンク

Kenko 星景写真専用ソフトフィルター ハーフプロソフトン(A)

地上景色はシャープなまま星空だけをソフトにする新しいフィルター

最近の更新

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ペンタックス用 APS-C専用

こういうので星空写真を撮ってみたい。

天体写真ナビ

コメントを残す