NGC

NGC6559+IC4685+IC1274+IC1275+IC4685+NGC6546付近

NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-32)+IC1275(Sh2-31)付近

NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546付近の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で射手座(いて座)の散光星雲+散開星団+球状星団。

M8(干潟星雲)M20(三裂星雲)M21の東側に位置し、全体の視直径は90’×50’位です。

全体の中心位置は「赤経18h09m35.4s/赤緯-23゚42’31″」位

全体の適正焦点距離は単体で500~1000㎜位

M8+M20+M21も入れた適正焦点距離は200~500mm位です。

一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

スポンサーリンク

天体情報

名称/種類【散光星雲】NGC6559+IC4685(Sh2-29)/IC1274(Sh2-31)/IC1275(Sh2-32)/IC4685【散開星団】NGC6546
中心位置赤経18h09m35.4s/赤緯-23゚42’31″(J2000)
光度/視直径9.0等位/90’×50′
季節/星座夏の星座射手座(いて座)
いて座のメシエ【散光星雲】M8(干潟星雲)M17(オメガ星雲)M20(三裂星雲)【散開星団】M18M21M23M24M25【球状星団】M22M28M54M55M69M70M75
近くの恒星ヌンキ|カウスボレアリス|サビク|アンタレス|アルタイル
星図NGC6559付近の星図(www.astro.cz)

写真星図

NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546付近の位置と射手座(いて座)付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影した射手座(いて座)のNGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546の位置がわかる写真星図です。

射手座(いて座)のNGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546の位置と周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

NEXPOW 大容量ポータブル電源48000mAh/178Wh PSE認証済 急速充電 AC150W/DC/USB/Type-C出力

赤道儀とダミーバッテリーでカメラの給電に一晩使っています。コンセント付きで便利です。

一眼レフ+カメラレンズ

CANON EOS KISS X7i+SIGMAズームレンズ150-600mm-F5-6.3-DG-OS-HSM

ISO12800/F6.3/露出15秒/31枚/FL換算約620mmと758mm

2020年05月30日01時44分10秒からシグマのズームレンズ150-600mm-F5-6.3-DG-OS-HSMとキャノンの一眼レフカメラのEOS KISS X7iでISO12800/露出15秒で撮影して31枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約620mmのNGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546+NGC6544の天体写真です。

NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546+NGC6544|ISO12800/F6.3/露出15秒/31枚/FL換算約620mm|SIGMAズームレンズ150-600mm-F5-6.3-DG-OS-HSM+CANON EOS KISS X7i

2020年05月30日01時44分10秒からシグマのズームレンズ150-600mm-F5-6.3-DG-OS-HSMとキャノンの一眼レフカメラのEOS KISS X7iでISO12800/露出15秒で撮影して31枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約758mmのNGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546の天体写真です。

NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546|ISO12800/F6.3/露出15秒/31枚/FL換算約758mm|SIGMAズームレンズ150-600mm-F5-6.3-DG-OS-HSM+CANON EOS KISS X7i

撮影者‎Nさん
撮影日時‎2020年05月30日01時44分10秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラCANON EOS KISS X7i
カメラレンズSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Canon EFマウント【メーカーサイト】
フィルターなし
ISO/露光時間ISO12800/15秒/31枚=総露光時間7分45秒(465秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約620mm(上)と758mm(下)
トリミング【上】「3419×5131」→「3419×4175」【下】「3419×5131」→「3419×2279」※共にWeb用にリサイズ
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセンGP赤道儀(赤緯)+GP2赤道儀(赤経)※ノータッチガイド撮影
コントローラービクセン8Pモーター用一軸コントローラーオートガイド端子付(型番MT28D-USB)
画像処理ソフトステライメージ8|Corel PaintShop Pro2021 Ultimate
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→デジタル現像→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→ガウスぼかしマスク→Lab色彩調整→ミニマムフィルター星雲マスク→Lab色彩調整→ホワイトバランス→トーンカーブ→ホワイトバランス→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)
コメント親戚のNさんが撮影した写真を画像処理しました。キャノンのノーマルX7iでISO12800/15秒だけで撮ったとの事でどれだけ写るのかと思ったのですが、結構赤い部分も出ていますね。カメラの長秒時ノイズ低減をONにしていればこの感度でも十分使えますね。総露出時間が7分少々なので、60分撮影すれば良いでしょうね。ノータッチガイドでも30秒は露光できると思うので、今度は120枚撮ってみて欲しい。次回は僕自身もPENTAX KPで撮影してみよう。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


Sky-Watcher マクストフカセグレン鏡筒 MAK127SP

マクストフカセグレン式で口径:127mm/焦点距離:1500㎜/F12。月や惑星、小さい球状星団に撮影に向いている焦点距離の長い天体望遠鏡です。

天体写真ナビ

コメントを残す