NGC

NGC1499(カリフォルニア星雲)

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でペルセウス座の散光星雲(HII領域)。

位置はξ星(メンキブ)のすぐ北で「赤経04h00m42.0s/赤緯+36゚37’00″」

光度は6等級で視直径は「145’×40’」位。

適正焦点距離は150~500㎜位

M45(プレアデス星団/すばる)とセットで撮る場合は100mm位がおすすめ。

一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

天体情報

NGC1499(Sh2-220)の天体情報
名称/種類NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲/散光星雲(HII領域)
位置赤経04h00m42.0s/赤緯+36゚37’00”
光度/視直径6.0等/145’×40′
距離1,000光年
季節/星座秋の星座ペルセウス座
ペルセウス座のメシエ【散開星団】M34【惑星状星雲】M76(小亜鈴状星雲)
近くの恒星ミルファク|アルゴル|カペラ|アルデバラン

写真星図

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置とペルセウス座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したNGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置とペルセウス座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置とペルセウス座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm++KenkoソフトフィルターPRO1D

MARBERO ポータブル電源 大容量 60000mAh/222Wh 小型軽量 PSE認証済み AC(200W 瞬間最大300W)/DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0 二年間保証

あらゆる出力に対応するので赤道儀やカメラの電源を取るのに使えるかなり小型のポータブル電源。

一眼レフ+カメラレンズ

CANON EOS KISS X2+シグマ ズームレンズAPO70-200mmF2.8EX DG OS HSM

ISO1600/F2.8/露出2分/15枚/FL換算約321mmと494mm

2020年10月21日01時37分57秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して15枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約321mmのNGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の天体写真です。

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲|ISO1600/F2.8/露光2分/15枚/FL換算約321mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

2020年10月21日01時37分57秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して15枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約494mmのNGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の天体写真です。

NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲|ISO1600/F2.8/露光2分/15枚/FL換算約494mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

上の撮影データ
2020年10月21日の撮影データ
撮影日時2020年10月21日01時37分57秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2(赤外線改造機)
カメラレンズSIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 589547
フィルターなし
ISO/露光時間ISO1600/2分/15枚=総露光時間30分(1800秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】321mm【下】494mm
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀Kenko スカイメモS
コントローラーなし(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Photo Professional4(DPP4)|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法DPP4でホワイトバランスとレベル補正のみRAW現像をしてtiff化→ST8で自動コンポジット→レベル補正→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→カラーバランス→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)→→ミニマムフィルター星雲マスク→トーンカーブ→星雲だけカラーバランス→Lab色彩調整→コントラスト調整→光芒マスク→星だけカラーバランス→背景マスク→背景だけホワイトバランス→レベル補正
コメント

このカルフォルニア星雲は2分15枚だけなので総露出30分ですが、6等級なので良く写りますね!

実は50枚程撮影していたのですが、追尾の失敗で35枚は使えず(TОT)

どうして追尾が失敗したかの謎が多分溶けたので後日確認して記事にしようかと思っています。

恐らくスカイメモSと重量の関係です。

それは後日記事にするとして、カリフォルニア星雲の画像処理は結構やり易い天体かもしれませんね。

明るいので華やかな色が出るからでしょうね。

最近は画像処理の最後に恒星だけセルフHDRする事が多いのですが、今回は何となくこの位星が明るくても良いかなぁと思ってやりませんでした。

次回は100mm位でM45プレヤデス星団も入れて撮って見たいと思います。

カリフォルニア星雲はFL換算300mmが凄くちょうど良いのでカメラレンズ撮影が凄く良いですね。

次は追尾失敗しないぞ!

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


成澤広幸の星空撮影地105選

プロがおすすめする星空スポット

天体写真ナビ

コメントを残す