NGC

NGC6369(小さな幽霊星雲)

NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)

NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で「へびつかい座」の惑星状星雲。

位置はΘ星の近くで「赤経17h29m18.0s/赤緯-23゚46’00″」です。

視直径は1.1’と小さく、適正焦点距離は8000~30000㎜位。

13等級と非常に暗いですが、写真で撮るとエメラルドグリーンをしていて天王星みたいに見える。

CHART32のNGC6369のように撮るには僕のような素人では現状むりだなぁ。

中央と周辺の淡い部分の光度差が大きいのでHDRがおススメだと思います。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

名称/種類NGC6369「小さな幽霊星雲」/惑星状星雲
英語名Little Ghost Nebula
位置赤経17h29m18.0s/赤緯-23゚46’00″(J2000)
光度/視直径13.0等/1.1′
距離推定2,000~5,000光年
季節/星座夏の星座へびつかい座(蛇使座)
蛇使座のメシエ【球状星団】M9M10M12M14M19M62M107
近くの恒星サビク|アンタレス|カウスボレアリス
星図NGC6369周辺の星図(www.astro.cz)
星図2NGC6369周辺の星図2(www.astro.cz)

写真星図

NGC6369(小さな幽霊星雲)の位置とへびつかい座(蛇使座)付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラと反射望遠鏡で撮影してNGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の位置と蛇使い座(へびつかい座)付近の天体がわかる写真星図を作成しました。

NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の位置と蠍座蛇使い座(へびつかい座)付近の天体がわかる写真星図|LXD55+PENTAX KP

Sky & Telescope's Pocket Sky Atlas

高級なリング製本版の使い易くて本格的な人気の星図。

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO12800/露出30秒/64枚/FL換算約1182mmと5381mm

2020年5月29日00時01分28秒から一眼レフカメラと反射望遠鏡で撮影したへびつかい座のNGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の天体写真です。フルサイズ換算約1182㎜の天体写真です。

NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)|ISO12800/F5/30秒/64枚/FL換算約1182mm|LXD55+PENTAX-KP

2020年5月29日00時01分28秒から一眼レフカメラと反射望遠鏡で撮影したへびつかい座のNGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の天体写真です。フルサイズ換算約5381㎜の天体写真です。

NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)|ISO12800/F5/30秒/64枚/FL換算約5381mm|LXD55+PENTAX-KP

上の撮影データ
2020年5月29日の撮影データ
撮影日時2020年5月29日00時01分28秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
ISO/露光時間ISO12800/30秒/64枚=総露光時間32分(1920秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約1182mm(上)と5381mm(中と下)
トリミング【上】「5826×3884」→「3000×2000」にリサイズのみ【下】「5826×3884」→「1920×1280」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算ダーク減算なしで簡易ホットピクセル除去
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトステライメージ8|Digital Camera Utility5|Corel PaintShop Pro2019 Ultimate
画像処理方法RAW現像→TIFF化→ダーク減算なしで簡易ホットピクセル除去→自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル補正→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→デジタル現像→センサーゴミマスク→センサーゴミ処理→ホワイトバランス→星雲マスク→セルフHDR合成ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→マトリクス色彩補正→明るさコントラスト調整→星マスク→ノイズ処理→ホワイトバランス
コメント

小さな幽霊星雲と言う名前も付いているので一眼レフと反射望遠鏡で撮影してみましたがフルサイズ換算1200㎜程度では何が何だか・・・

これは高感度で小さなセンサーのCMOSカメラとシュミットカセグレンを使って焦点距離を長くしてオートガイドで撮影しないと無理そうですね。

こういう深宇宙の小さな惑星状星雲を写すのは難しい。

おすすめ天体から外した方がいいのかなぁ。

NASA以外の参考画像が見当たらなかったのが納得です。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


通気速干ポケットたっぷり 防紫外線 UVカットカメラマン ベスト お洒落 ファッション オールシーズン スタイリッシュベスト メンズ ジャケット 釣り用 撮影用 登山用 多機能

天体撮影時にはこのベストをよく着ています。ポケットめちゃくちゃ多いので最高ですね。内ポケットも2つあります。分厚く重いですが、僕は夏でもよく着ています。夜ならちょうど良いですよ。

天体写真ナビ

コメントを残す