NGC

NGC2237(ばら星雲)

ばら星雲(NGC2237)

NGC2237(ばら星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は冬で一角獣座(いっかくじゅう座)の散光星雲。

位置はβ星と双子座のγ星アルヘナを結んだ中間で「赤経06h31m48.8s/赤緯+04゚56’50″」。

適正焦点距離は150~1000㎜位。

明るさは6等級で視直径80.0′

中心部の散開星団はNGC2244です。

別名はSh2-275(NGC2237+NGC2238+NGC2239+NGC2244(散開)+NGC2246)やCaldwell49。

一眼カメラとレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

名称/種類 NGC2237「バラ星雲」/散光星雲
別名 Sh2-275(NGC2237+NGC2238+NGC2239+NGC2244(散開)+NGC2246)、Caldwell49
英語名 Rosette Nebula
位置 赤経06h31m48.8s/赤緯+04゚56’50”
光度/視直径 6等級/80.0′
距離 5,219光年
季節/星座 冬の星座いっかくじゅう座(一角獣座)/Monoceros(モノケロス)
一角獣座のメシエ 【散開星団】M50
近くの恒星 ベテルギウス|アルヘナ|アルニタク|プロキオン|リゲル
星図 NGC2237(バラ星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

バラ星雲(NGC2237)の位置といっかくじゅう座周辺のメジャーな天体の写真星図です。

一眼カメラとカメラレンズで撮影したNGC2237(バラ星雲)の位置と一角獣座(いっかくじゅう座)周辺の天体がわかる写真星図を撮りました。

NGC2237(バラ星雲)の位置と一角獣座(いっかくじゅう座)周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/29枚/FL換算約1170mm

一眼レフカメラと反射望遠鏡で2017年09月26日04時22分38秒から撮影したNGC2237(バラ星雲)の天体写真です。

散光星雲がバラ星雲(NGC2237)で中心部が散開星団NGC2244|ISO25600/F5/露出20秒/29枚/FL換算約1170mm|PENTAX-KP+LXD55

上の撮影データ
2017年09月26日の撮影データ
撮影日時 2017年09月26日04時22分38秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
焦点距離 FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約1170mm
トリミング なし。「6016×4000」→コンポジット後「5873×3905」
露光時間 ISO25600/20秒/29枚=総露光時間580秒(9分40秒)
NR off
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダーク
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC
画像処理ソフト Digital Camera Utility 5ステライメージ8
画像処理方法 Digital Camera Utility 5でRAW画像をTIFFに変換→ソフトビニングフラット補正→自動コンポジット→レベル調整→背景マスクでノイズ処理→デジタル現像→星雲マスクで赤色星雲強調
コメント

初めてのバラ星雲なので画像処理で赤色を出しましたが、今度は青もバランスよく出せるようにやってみようと思います

赤メインで強く処理し過ぎた。

PENTAX-KPは赤外線改造カメラ程ではないですが、一般の一眼レフカメラより赤色が比較的出易いですね。

SIONYX AURORA Sports CDV-200C

SIONYX AURORAの中で一番安いスペックだけど高感度性能は同じ。暗い星雲を撮る時にスカイメモの横に付けると凄く見つけやすいので使ってます。天体望遠鏡のファインダーとしても便利。天体撮影風景を撮るのにも最高だし、スマホとWIFI連携もOK。

天文ファンやカメラが趣味の方はシェアー&フォローをよろしくお願いします!

最近の更新

天体写真ナビ

コメントを残す