NGC

NGC7479

NGC7479(Caldwell44)

NGC7479の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でペガスス座の棒渦巻銀河。

位置はβ星シェアトからα星マルカブを繋いで2~3°先付近で「赤経23h04m54.0s/赤緯+12゚19’00″」です。

適正焦点距離は3000~17000㎜位。

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

NGC7479の天体情報
名称/種類 NGC7479(C44)/棒渦巻銀河
位置 赤経23h04m54.0s/赤緯+12゚19’00”
光度/視直径 11.0等級/4.1′
距離 105,000,000光年
季節/星座 秋の星座ペガスス座(ペガサス座)/Pegasus
ぺガスス座のメシエ 【球状星団】M15
近くの恒星 マルカブ|シェアト|エニフ|アルフェラッツ|ギエナ|サドル|デネブ
星図 NGC7479周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

NGC7479の位置とペガスス座周辺の星座や天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したNGC7479とぺガスス座周辺の天体がわかる写真星図です。

NGC7479とぺガスス座周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/6枚/FL換算約3575mm

2017年09月26日00時24分55秒から口径15.2cmF5の反射望遠鏡LXD-55と一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO25600/露出20秒で撮影して21枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約3575mmのNGC7479(Caldwell44)の天体写真です。

NGC7479|ISO25600/F5/露出20秒/6枚/FL換算約3575mm|MEADE LXD55+PENTAX KP

上の撮影データ
2017年09月26日の撮影データ
撮影日時 2017年09月26日00時24分55秒~
撮影場所 奈良県山添村
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
露光時間 ISO25600/20秒/21枚=総露光時間420秒(7分)
NR off
焦点距離 FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約3575mm
トリミング 「6016×4000」→「1923×1285」
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 カメラのダーク
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC
画像処理ソフト ステライメージ8
画像処理方法 自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル調整→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→Lab色彩調整→星マスク減算星雲マスク→Lab色彩調整→ソフトフィルターマスク→トーンカーブ
コメント

かなり小さくて暗い銀河なので、もっと大きな望遠鏡で撮影したいですね。

シュミカセとかが良さそうです。

この日は20秒でも星が流れてしまい、64枚中6枚しか星が止まっていなかった。

とりあえず21枚はコンポジットしました。

次回は赤道儀で流れないようにISO25600/30秒で総露出60分を目指して頑張ります。

Koolehaoda 1/4ミニボールヘッド&カメラビデオライト三脚一脚用ホットシューマウントアダプター

カメラ上部のシューに取り付けられるミニ雲台。カメラの上に小型カメラやライトなどを取付けるのに使ってます。あると何かと便利!

天文ファンやカメラが趣味の方はシェアー&フォローをよろしくお願いします!

天体写真ナビ

コメントを残す