NGC

NGC3166+NGC3169

NGC3166とNGC3169

NGC3166+NGC3169の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は春でろくぶんぎ座の渦巻銀河。

各々の中心位置は「赤経10h14m00.5s/赤緯+03゚26’36″(J2000)」付近でしし座のレグルスから南方向へ「赤経差+00h05m38.6s/赤緯差-8゚31’26″付近」。

NGC3166の光度は10.6等で視直径は4.9’×2.4’位。

NGC3169の光度は10.5等で視直径は4.8’×2.9’位。

適正焦点距離はセットで2000~6000㎜位

天体情報

NGC3166とNGC3169の天体情報
名称/種類 NGC3166+NGC3169/渦巻銀河
NGC3166の位置 赤経10h13m48.0s/赤緯+03゚26’00″(J2000)
NGC3169の位置 赤経10h14m12.0s/赤緯+03゚28’00″(J2000)
中心位置 赤経10h14m00.5s/赤緯+03゚26’36″(J2000)
光度/視野角 【NGC3166】10.6等/4.9’×2.4’【NGC3169】10.5等/4.8’×2.9′
距離 各々約7,000万光年
季節/星座 春の星座ろくぶんぎ座(六分儀座)
ろくぶんぎ座のメシエ なし
近くの恒星 レグルス|アルファルド|デネボラ

写真星図

NGC3166とNGC3169の位置とろくぶんぎ座付近の天体がわかる写真星図です。

NGC3166とNGC3169(左)の位置とろくぶんぎ座周辺の天体がわかる写真星図です。レグルスの南側で中心部の位置は赤経10h14m00.5s/赤緯+03゚26'36"(J2000)」付近です。

NGC3166とNGC3169(左)の位置とろくぶんぎ座周辺の天体がわかる写真星図

中央左がNGC3169で中央右がNGC3166でその右下の小さい銀河がNGC3165です。

NGC3169+NGC3166+NGC3165の位置がわかる写真星図

一眼レフ+反射望遠鏡

Ricoh PENTAX-KP+LXD55+スターリーナイトフィルター

ISO25600/F5/露出30秒/176枚/FL換算約2586mmと4597mm

2022年04月08日20時54分31秒から撮影したろくぶんぎ座のNGC3166(右)とNGC3169(左)とNGC3165(右の凄く小さい銀河)の天体写真です。焦点距離はフルサイズ換算約2586mm。上が天の北極です。

NGC3166(左)+NGC3169(右)+NGC3165(右の凄く小さい銀河)|リコーPENTAX KP+ミードLXD55+KENKO スターリーナイトフィルター|ISO25600/F5/30秒/176枚|FL換算約2586mm

2022年04月08日20時54分31秒から撮影したろくぶんぎ座のNGC3166(右)とNGC3169(左)とNGC3165(右の凄く小さい銀河)の天体写真です。焦点距離はフルサイズ換算約4597mm。上が天の北極です。

NGC3166(左)+NGC3169(右)+NGC3165(右の凄く小さい銀河)|リコーPENTAX KP+ミードLXD55+KENKO スターリーナイトフィルター|ISO25600/F5/30秒/176枚|FL換算約4597mm

上の撮影データ
2022年04月08日の撮影データ
撮影日時 2022年04月08日20時54分31秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター Kenko スターリーナイトフィルター
ISO/露光時間 ISO25600/F5/30秒/176枚=総露光時間1時間28分(5280秒)
ノイズリダクション off
焦点距離 FL換算約2586mmと4597mm
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー ビクセン スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ9|Corel PaintShop Pro Uitimate 2021
画像処理方法 ST9でライトフレームのみ自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル調整→デジタル現像→星マスク→ノイズ処理→RGB分解→RGBそれぞれCorel Paint Shop版Denois AI(ノイズ低減AI)→RGB合成→センサーゴミ消し→恒星周りと星雲のマスク→Lab色彩調整→星雲マスク→星雲のみカラーバランス及びトーンカーブとLab色彩調整→RGB分解→Bチャンネルのみ銀河部分をマルチバンドシャープ→トーンカーブ
コメント

ちょっと1枚当たりの露光時間が短かったように思います。

NGC3169とNGC3169共に中心付近は良く写りますが周辺に凄く淡い部分があって、そこまで写すには思った以上に露出する必要があるみたい。

周囲はかなり淡かったです。

焦点距離は1131㎜で撮影してトリミングしましたがそもそも2000mm以上で撮影したい銀河ですね。

NGC3165が小さく写っていますがかなり小型でPGCみたいな銀河ですね。

シュミカセなどで撮ると良さそうな銀河でした。

天体写真ナビ

コメントを残す