NGC

NGC6822(バーナード銀河)

NGC6822(バーナード銀河)

バーナード銀河(NGC6822)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は夏で射手座(いて座)の不規則銀河。

位置は射手座のρ¹星と山羊座α星アルゲディの中間辺りで「赤経19h44m56.2s/赤緯-14゚48’20″」で視直径は15.5’x13.5’で9.0等級です。

適正焦点距離は単体で500~2500㎜位

一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

天体情報

名称/種類 「バーナード銀河/バーナードの銀河」(NGC6822/IC4895/Caldwell57)/不規則銀河
英語名 Barnards Galaxy
位置 赤経19h44m56.2s/赤緯-14゚48’20″(J2000)
光度/視直径 9.0等/15.5’x13.5′
季節/星座 夏の星座射手座(いて座)
いて座のメシエ 【散光星雲】M8(干潟星雲)M17(オメガ星雲)M20(三裂星雲)【散開星団】M18M21M23M24M25【球状星団】M22M28M54M55M69M70M75
近くの恒星 アルゲディ|アスケラ|ヌンキ|カウスボレアリス|サビク|アンタレス|アルタイル
星図 NGC6822(バーナード銀河)周辺の星図(www.astro.cz)
星図2 NGC6822(バーナード銀河)周辺の星図2(www.astro.cz)

写真星図

NGC6822(バーナード銀河)の位置と射手座(いて座)付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影した射手座のNGC6822(バーナード銀河)の位置がわかる写真星図です。

NGC6822(バーナード銀河)の位置と射手座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII

一眼レフカメラ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/80枚/FL換算約1206mm

2020年05月30日02時51分29秒から口径15.2cmF5のミードの反射望遠鏡LXD-55とリコーの一眼レフカメラのPENTAX-KPでISO25600/露出20秒で撮影して80枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1206mmのNGC6822(バーナード銀河)の天体写真です。

NGC6822(バーナード銀河)|ISO25600/F5/露出20秒/80枚/FL換算約1206mm|MEADE LXD55+リコーPENTAX KP

撮影日時 2020年05月30日02時51分29秒~
撮影場所 フォレストパーク神野山
反射望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミットニュートン式
カメラ リコー PENTAX KP
フィルター なし
ISO/露光時間 ISO25600/20秒/80枚=総露光時間26分40秒(1600秒)
ノイズリダクション off
焦点距離 FL換算約1206mm
トリミング なし。「5709×3795」でweb用に画像圧縮
フラット処理 ソフトビニングフラット補正
ダーク減算 なし
コンポジット 加算平均コンポジット
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフト ステライメージ8|Digital Camera Utility5|Corel PaintShop Pro2021 Ultimate
画像処理方法 Digital Camera Utility5でRAW現像→ステライメージで自動コンポジット→ホワイトバランス→レベル調整→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→レベル補正→トーンカーブ→デジタル現像→星マスク→ノイズ処理→カブリ補正→ミニマムフィルター星雲マスク→Lab色彩調整→トーンカーブ→PGCのみの星雲マスク→Lab色彩調整→Lab色彩調整→カブリ補正→ガウスぼかしマスク→トーンカーブ→ホワイトバランス→PaintShopのDeNoise AI
コメント 追尾がうまくいかなくて露光20秒で撮ったのですが、それでも星が流れてしまいました。後で気が付いたのですがクランプを強く締め過ぎていたようです。バーナード銀河は意外と暗くて淡いのでもっと露光した方が良いですね。ISO25600/F5なら40秒位にしたいかな。赤道儀だけなので40秒は厳しいかもしれないのでISO51200/20秒とかで次回は総露出1時間露光をしてみたいと思います。そうすればもう少し色が出てくれそうな気がする。それと低空からなのか?ホワイトバランスがうまく合わなくて画像処理が厄介でした。この写真も何か色合いがおかしい。
JAPAN HOBBY TOOL 光学用 ヘリコイドグリス#1500 JHT9110

天体望遠鏡のドローチューブや雲台を快適にする硬いグリス。赤道儀のギアに使っちゃダメですよ。

僕は#1500を使ってますが、タカハシなどのしっかりしたドローチューブには#250番くらいが良いかも。

天体写真ナビ

コメントを残す