IC

IC434(馬頭星雲)

IC434(馬頭星雲)

馬頭星雲(IC434)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

冬の星座オリオン座の散光星雲。

位置は三ツ星のζ星アルニタクから南に約0°30。

適正焦点距離は馬頭星雲と燃える木とNGC2023を含める形で300~1000mm位。

M42(オリオン大星雲)M43とセットで撮る場合は横画角で200mm、縦画角で300mm位。

M78(ウルトラマン星雲)とセットで撮る場合は横画角で300mm位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新中。

IoSystemsInc アクリル製フォーカシングマスク バーティノフマスク 対応径125-180mm[国内正規品]

天体望遠鏡のピント合わせに使うバーティノフマスク。これがあればピント合わせが凄く簡単です。サイズはいろいろあるし、強度も最高です。

天体情報

IC434の天体情報
名称/種類IC434(馬頭星雲)/散光星雲
英語名Horsehead Nebula
位置赤経05h41m00.0s/赤緯-02゚24’00”
光度/視直径8.3等級/60’×10′
距離1,500光年
季節/星座冬の星座オリオン座/Orion
近くの恒星アルニタク|アルニラム|ミンタカ|ベテルギウス|リゲル|シリウス
星図IC434(馬頭星雲)周辺の星図(www.astro.cz)

写真星図

馬頭星雲(IC434)の位置と周辺の天体がわかる写真星図です。

一眼レフとカメラレンズで撮影したIC434(馬頭星雲)の位置とオリオン座周辺の天体がわかる写真星図です。

IC434(馬頭星雲)の位置とオリオン座周辺の天体がわかる写真星図|PENTAX KP+TAMRON ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII+KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフ+反射望遠鏡

リコーPENTAX KP+ミードLXD55

ISO25600/F5/露出20秒/31枚/FL換算約1153mm

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/ソフトビニングフラット補正/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月26日03時55分34秒から撮影した中央:IC434(馬頭星雲)と左下:NGC2024(燃える木)と中央下:NGC2023。

【中央】馬頭星雲(IC434)【左下】燃える木(NGC2024)【中央下】NGC2023|FL換算約ISO25600/F5/露出20秒/31枚/FL換算約1153mm|左が天の北極

上の撮影データ
2017年09月26日の撮影データ
撮影日時2017年09月26日03時55分34秒~
撮影場所奈良県山添村
反射望遠鏡MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5:シュミット・ニュートン式
カメラリコー PENTAX KP
フィルターなし
露光時間ISO25600/20秒/31枚=総露光時間620秒(10分20秒)
NRoff
焦点距離FL換算約1143mmの直焦点撮影で画像は約1153mm
トリミングなし。「6016×4000」→コンポジットにより「5963×3983」
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算カメラのダーク
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
自動導入コントローラービクセン スカイセンサー2000PC
画像処理ソフトステライメージ8
画像処理方法自動コンポジット→ホワイトバランス→ソフトビニングフラット補正→レベル調整→星マスク→ノイズ処理→星マスク減算星雲マスク→Lab色彩調整→ソフトフィルターマスク→トーンカーブ
コメント

左上の青い丸い光はシュミットニュートン式反射望遠鏡の補正ガラスの影響です。

次回は1時間位掛けて撮影してみます。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


紙誠(株)の植毛紙の粘着シールタイプ 短毛 黒 A4判 2枚

天体望遠鏡やカメラレンズのフードの内側に貼って艶消しに最高!高粘着シールです。

天体写真ナビ

コメントを残す