IC

IC410(おたまじゃくし星雲)

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は冬でぎょしゃ座の散光星雲。

中心部は散開星団のNGC1893となっており、おたまじゃくし星雲(タドポール星雲)と合わせてSh2-236となっている。

位置は御者座の五角形の真ん中よりやや南付近でβ星エルナトからα星カペラに向かって1/4位で「赤経05h16m12.0s/赤緯+34゚16’00″」

光度は約10等級で視直径は「55’×60’」位。

適正焦点距離は単体で600~1,200㎜位

IC405(勾玉星雲)を含めたSh2-229全体も入れる場合は500~600mm位

更にIC417(Sh2-234)スパイダー星雲、NGC1931(Sh2-237)フライ星雲なども含める場合は200~300mm位

更にM36M38及びSh2-230まで含める場合は100~200mm位がおすすめ。

一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新します。

天体情報

IC410(Sh2-236)の天体情報
名称/種類IC410(Sh2-236/C43/LBN807)「おたまじゃくし星雲」「タドポール星雲」/散光星雲
英語Tadpole Nebula
位置赤経05h16m12.0s/赤緯+34゚16’00″(J2000)
光度/視直径10.0等/55’×60′
距離12,000光年
季節/星座冬の星座ぎょしゃ座
ぎょしゃ座のメシエ【散開星団】M36M37M38
近くの恒星エルナト|メンカリナン|カペラ|アルデバラン|ベテルギウス|カストル|ポルックス

写真星図

IC405(Sh2-229)勾玉星雲の位置とぎょしゃ座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲の位置とぎょしゃ座周辺の天体がわかる写真星図です。

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲の位置とぎょしゃ座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm++KenkoソフトフィルターPRO1D

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したぎょしゃ座のIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲(左)とIC405(Sh2-229)勾玉星雲(右)周辺の焦点距離約330mmの写真星図です。

ぎょしゃ座のIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲(左)とIC405(Sh2-229)勾玉星雲(右)周辺の焦点距離約330mmの写真星図|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

MARBERO ポータブル電源 大容量 60000mAh/222Wh 小型軽量 PSE認証済み AC(200W 瞬間最大300W)/DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0 二年間保証

あらゆる出力に対応するので赤道儀やカメラの電源を取るのに使えるかなり小型のポータブル電源。

一眼レフ+カメラレンズ

CANON EOS KISS X2+シグマ ズームレンズAPO70-200mmF2.8EX DG OS HSM

ISO1600/F2.8/露出2分/35枚/FL換算約1123mmと702mmと330mm

2020年10月21日00時08分28秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して35枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約1123mmのIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲の天体写真です。

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲|ISO1600/F2.8/露光2分/35枚/FL換算約1123mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

2020年10月21日00時08分28秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して35枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約702mmのIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲の天体写真です。

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲|ISO1600/F2.8/露光2分/35枚/FL換算約702mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

2020年10月21日00時08分28秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して35枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約330mmのIC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲(左)とIC405(Sh2-229)勾玉星雲(右)の天体写真です。

IC410(Sh2-236)おたまじゃくし星雲(左)とIC405(Sh2-229)勾玉星雲(右)|ISO1600/F2.8/露光2分/35枚/FL換算約330mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

上の撮影データ
2020年10月21日の撮影データ
撮影日時2020年10月21日00時08分28秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2(赤外線改造機)
カメラレンズSIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 589547
フィルターなし
ISO/露光時間ISO1600/2分/35枚=総露光時間70分(4200秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約【上】1123mm【中】702mm【下】330mm
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀Kenko スカイメモS
コントローラーなし(オートガイドなしで赤道儀追尾のみ)
画像処理ソフトDigital Photo Professional4(DPP4)|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法DPP4でホワイトバランスとレベル補正のみRAW現像をしてtiff化→ST8で自動コンポジット→レベル補正→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→レベル補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→Corel PaintShopのDenoise AI(ノイズ低減AI)ミニマムフィルター星雲マスク→トーンカーブ→星雲だけカラーバランス→RGB減算マスク(B-Gチャンネル)→カラーバランス→コントラスト調整→光芒マスク→恒星のみカラーバランス→背景マスク→背景のみカラーバランス→バックグラウンドスムース→レベル補正→コントラスト調整
コメント

IC410(おたまじゃくし星雲)って骸骨星雲とかドクロ星雲とも言われてるんですかね?

検索すると時々ドクロ星雲って記述されている方もいらっしゃるようです。

確かにドクロにも見える気がしますね。

まぁどう見たらおたまじゃくしなのか?ドクロなのか?は人それぞれですけどね。

で、撮影しての感想ですが、おたまじゃくし星雲は勾玉星雲よりも淡いように思います。

初めて撮影する時は大体カメラレンズでセットで撮る方が多いと思いますが、天体望遠鏡で1,000mm位で単体撮影しても良さそうです。

中心部に散開星団のNGC1893があるので、何となくNGC2237(バラ星雲)を小さくした的な印象ですね。

今回はCANONのX2の赤外線改造カメラで撮影しましたが、時間を掛ければノーマルカメラでも十分に写る星雲だと思います。

僕はオートガイドがないので、次はPENTAX KPで高感度多枚数撮影をしてガンガン重ねてみようと思います。

周囲にはIC417(Sh2-234)スパイダー星雲やNGC1931(Sh2-237)フライ星雲などもあるので、望遠鏡で単体撮影するかトリミングするか悩むところですが、別々に撮影するのは大変なのでトリミングしてしまうのが良いかもしれません。

やっぱり次も300mm位で撮る事になるかなぁ。

同時撮影するか悩むところです。

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


Manfrotto ミニ三脚 POCKET L ブラック MP3-BK

三脚って持ち運びが面倒だけど、このミニ三脚はポケットに入れて持ってられるのでめちゃくちゃ便利です!天体撮影以外にも普段遊びで一眼カメラを首にぶら下げてウロウロしている時もこの三脚だけは持ってます。マジで便利!

天体写真ナビ

コメントを残す