IC

IC1396

ic1396(Sh2-131)

IC1396(Sh2-131)の位置や星図と天体写真や撮影データです。

季節は秋でケフェウス座の散光星雲+散光星雲。

位置はμ星のガーネットスターから「赤経差-00h04m24.4s/赤緯差-1゚16’49″」程「赤経21h39m06.0s/赤緯+57゚30’00″」

視直径は165’×135′

適正焦点距離は50~400㎜位

象の鼻星雲(VDB142)単体では800~2000mm位がおすすめ。

一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

Sky & Telescope's Pocket Sky Atlas

高級なリング製本版の使い易くて本格的な人気の星図。

天体情報

IC1396(Sh2-131)の天体情報
名称/種類IC1396(Sh2-131)(象の鼻星雲含む)/散光星雲+散開星団
象の鼻星雲の英語Elephant’s Trunk Nebula(象の幹星雲)
IC1396の位置赤経21h39m06.0s/赤緯+57゚30’00″(J2000)
VDB142(象の鼻星雲)の中心位置赤経21h34m40.90s/赤緯+57゚28’56.8″付近(J2000)
光度/視野角不明等級/165’×135′
季節/星座秋の星座ケフェウス座
ケフェウス座のメシエなし
近くの恒星アルデミラン|カフ|シェダル|デネブ
みんなのIC1396(Sh2-131)アストロアーツ

写真星図

IC1396(Sh2-131)の位置とケフェウス座付近の天体がわかる写真星図です。

一眼レフカメラとズームレンズで撮影したIC1396(Sh2-131)の位置とケフェウス座周辺の天体がわかる写真星図です。

IC1396(Sh2-131)の位置とケフェウス座周辺の天体がわかる写真星図|リコーPENTAX KP+TAMRONズームレンズ18-200mm

一眼レフ+反射望遠鏡

CANON EOS KISS X2+シグマ ズームレンズ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

ISO1600/F2.8/露出2分/37枚/FL換算約174mmと323mm

2020年09月15日00時04分17秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して37枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約174mmのIC1396(Sh2-131)の天体写真です。

IC1396(Sh2-131)|ISO1600/F2.8/露光2分/37枚/FL換算約174mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

2020年09月15日00時04分17秒からシグマのズームレンズ「APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM」とCANONの一眼レフカメラのEOS KISS X2の赤外線改造カメラでISO1600/F2.8/露出2分で撮影して37枚を加算平均コンポジットしたフルサイズ換算約323mmのIC1396(Sh2-131)の天体写真です。

IC1396(Sh2-131)(中央右が象の鼻星雲)|ISO1600/F2.8/露光2分/37枚/FL換算約323mm|CANON EOS KISS X2 赤外線改造カメラ+SIGMA ズームレンズ APO70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

上の撮影データ
2020年09月15日の撮影データ
撮影日時2020年09月15日00時04分17秒~
撮影場所フォレストパーク神野山
カメラCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2(赤外線改造して使用)
カメラレンズSIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 589547
フィルターなし
ISO/露光時間ISO1600/2分/37枚=総露光時間1時間14分(4440秒)
ノイズリダクションoff
焦点距離FL換算約174mm(上)と323mm(下)
トリミング【上】「4241×2821」→「3900×2594」【下】「4241×2821」→「2105×1400」※共にweb用に圧縮
フラット処理ソフトビニングフラット補正
ダーク減算なし
コンポジット加算平均コンポジット
赤道儀KenkoスカイメモS
自動導入コントローラーなし
画像処理ソフトCANON Digital Photo Professional4(DPP4)|ステライメージ8|Paint Shop Pro 2021 Ultimate
画像処理方法DPP4でRAW現像→ST8で自動コンポジット→ホワイトバランス→カブリ補正→ソフトビニングフラット補正→ホワイトバランス→星マスク→ノイズ処理→トーンカーブ→レベル調整マスク→Lab色彩調整→ミニマムフィルター星雲マスク(赤色のみ)→Lab色彩調整→セルフHDR青ハロ除去(緩和)Corel Paint Shop版Denois AI(ノイズ低減AI)→星マスク→コントラスト調整→カブリ補正→ホワイトバランス
コメント

IC1396を初めて撮ってみました。

自動導入でなくスカイメモSのみで撮ったのですが、ガーネットスターを視野に入れてテスト撮影したら位置がわかりました

ただ目印のガーネットスターってそんなに明るい星じゃないのでどれなのかがわかりにくかったです。

北側に位置するので奈良からだと大阪の光害の影響でカブリが凄くて画像処理するのが厄介。

何とか調整してみましたが凄く面倒でした(;´・ω・)

画像処理していて初めて知ったのですが、IC1396内に「象の鼻星雲」って言うのがあるんですね。

知ってたら望遠鏡でも狙ってたのになぁ。

近くに象の鼻星雲を反射望遠鏡で狙ってみたいな

スポンサーリンク

天文ファンやカメラが趣味の方はフォロー&シェアーよろしくお願いします!


Manfrotto ミニ三脚 POCKET L ブラック MP3-BK

三脚って持ち運びが面倒だけど、このミニ三脚はポケットに入れて持ってられるのでめちゃくちゃ便利です!天体撮影以外にも普段遊びで一眼カメラを首にぶら下げてウロウロしている時もこの三脚だけは持ってます。マジで便利!

天体写真ナビ

コメントを残す