撮影方法

一眼カメラと天体望遠鏡で惑星を拡大撮影する方法

一眼カメラと拡大撮影アダプターで惑星撮影

一眼カメラ(一眼レフ・ミラーレス)と天体望遠鏡で惑星を拡大撮影する方法です。

惑星を撮る場合はアイピースを使った拡大撮影が一番最初にイメージする撮り方じゃないでしょうか?

なので惑星の拡大撮影方法を順をおって記載してみます。

手順とすれば

  • 赤道儀の極軸合わせ
  • ファインダーの調整
  • 眼視で惑星を見てアイピースの選択
  • 拡大撮影アダプターと一眼カメラを取り付けて惑星の大きさを確認する
  • パーティノフマスクによる恒星でのピント合わせ
  • 一眼カメラの動画機能でISO感度とシャッタースピードを決める
  • 惑星の動画撮影
  • 動画を無圧縮AVIに変換
  • 惑星の画像処理

こんな感じでしょうか。

では、一眼カメラで惑星(木星)を撮ってみましょう。

天体写真っていろんな撮り方がありますね。

スポンサーリンク

赤道儀の極軸調整

赤道儀なしでも撮れない事はないのですが、惑星の撮影は拡大率が高いので直ぐに視野から消えて厄介です。

なので赤道儀があれば極軸調整して追尾撮影しましょう。

小型の望遠鏡ならポータブル赤道儀でも良いですね。

下の写真は今回使用したビクセンSP赤道儀スーパーポラリスです。

赤道儀を使って木星を撮影

ファインダーの調整

ファインダーの調整は結構シビヤに行っておく方が良いです。

惑星の撮影をやっていて思ったのですが、アイピースとカメラを取り付けた状態の倍率において恒星でピント合わせをするのですが、ピントが合った後に赤道儀を惑星に自動コントローラーで移動させた時、拡大率が高くて視野に惑星が入って無いことが多いです。

この時にまた小さいアイピースを付けるとピントがズレちゃうので、そのままアイピースと一眼カメラを取り付けた状態で惑星を視野に入れないといけないのですが、ファインダーが狂っていると惑星探しにイライラします(・_・;)

なのでファインダーはきっちり倍率を上げてシビヤに調整しておいた方が快適ですよ。

眼視で惑星を見てアイピースの選択

とりあえずどんな大きさで撮るかを決めなくちゃいけません。

基本的に天体望遠鏡の有効倍率は口径の2倍と言われています。

口径8cmなら160倍まで、口径15cmでは300倍までが限界と言った形です。

今回は口径15.2cmの反射望遠鏡を使用するので有効倍率約300倍までと言った感じ。

ただ、倍率を上げれば上げる程星像がボヤっとしていくので、僕的には口径の1.5倍の200倍位までが有効倍率かと思ってます。

で、この天体望遠鏡に6mmのアイピースを付けました。

眼視の場合、焦点距離は762mmで6mmアイピースなので127倍です。

この倍率だと少し小さいですが眼視で木星の形も模様も見れました。

この状態でセンサーサイズがAPS-Cのカメラを取り付ければ、眼視の1.5倍以上になるので、6mmアイピースを拡大撮影アダプターに入れて撮影する事にしました。

拡大撮影アダプターと一眼カメラを取り付けて惑星の大きさを確認する

アイピースで大体の大きさが決まれば、拡大撮影アダプターにそのアイピースを取り付けて、Tリングを付けて一眼カメラを取り付けます。

拡大撮影アダプターもいろいろありますし、望遠鏡によって取り付け方は様々です。

基本的には作りがしっかりしたVixenの拡大撮影カメラアダプターがおすすめです。

僕は古いのしかもってませんが、下記の可変拡大撮影アダプターを使っています。

拡大撮影用アダプターとTリングを接続させた写真です。

可変拡大撮影アダプターの中には6mmアイピースを入れましたがこんな感じです。

可変拡大撮影アダプターに6mmアイピースを入れたところです。

基本は上記のような形ですが、今回はもう少し拡大率を上げてみたかったので、可変拡大撮影用アダプターとTリングの間を長くする為にフィルターアダプター(フィルターは入れてない)を間に入れました。

惑星を拡大撮影する時に望遠鏡と一眼カメラを取り付ける可変拡大撮影アダプター一式です。左側が望遠鏡側で右がカメラ側です。

望遠鏡に取付けた状態はこんな感じです。

天体望遠鏡と一眼レフカメラを可変拡大撮影アダプターで接続した状態です。

アイピースとセンサーの間の距離を広くすることによって拡大率が上がりますので、必要に応じてスリープを繋いだりしても良いと思います。

今回はアイピースとセンサーの距離を約40㎜にしました。

取付けられたら簡単にピント合わせをして大きさを確認して下さい。

この時は動画機能じゃなくてカメラ機能の方が明るく設定できるので見易いと思います。

また、可変拡大撮影アダプターの場合はアダプターの長さを長くする事で更に大きくなります。

この大きさで撮る!と決まればOKです。

今回はセンサーサイズがAPS-Cの一眼レフカメラを取り付けたので、ライブビューモニターで見ると先程の眼視よりも大きく見えます。

アイピースとセンサーの距離が約40㎜だったので、焦点距離を計算すると約7620㎜です。

計算式は・・・

(望遠鏡の焦点距離762mm×アイピースからセンサーまでの距離40mm×35mm換算1.5)÷アイピースの焦点距離6mm=焦点距離7620㎜

約7620㎜での木星の大きさはこんな感じです。

約7620mmで拡大撮影した木星のトリミングなしの大きさです。

これ位の大きさで撮影しておけば、後でトリミングしてもいい感じになると思います。

拡大撮影時の合成焦点距離や直焦点の焦点距離などの自動計算は下記からどうぞ。

惑星のピント合わせ

惑星の拡大撮影で一番難しいのがピント合わせ。

直焦点だとパーティノフマスクを使用すれば簡単にピント合わせができるんですが、拡大撮影となると倍率が高くなって凄くシビアになります。

ライブビューで見ながらピント合わせでも良いですが、ホントに難しいのでパーティノフマスクがあった方が良いと思います。

黒色自作バーティノフマスク

バーティノフマスクは自作でもできますし、面倒な方はネットで購入しても良いと思います。

ネットで購入する場合は望遠鏡の口径を考えてバーティノフマスクのサイズを選んで購入して下さい。

とりあえず惑星から恒星に自動コントローラーで移動させます。

恒星はなるべく明るい星を選んだ方が良いです。

なぜなら拡大率が高くて暗い状態になっているので、パーティノフマスクを被せた時に光量が足りなくなってピント合わせがしにくいからです。

直焦点撮影なら少々暗い恒星でもピント合わせができますが、拡大撮影の場合はかなり暗くなりますので難しくなります。

また、ピントノブを回すと直ぐにブレてしまいますので、少し回してはブレが止まるのを待って星像を確認して、再度ピントノブを回して・・・を繰り返します。

少し触っただけでもピントが変わっちゃいますので、微動ピントノブのある望遠鏡だと良いですね。

この望遠鏡は普通のピントノブなので苦労しました。

一眼カメラの動画機能でISO感度とシャッタースピードを決める

動画機能を使わなくちゃいけないって事はないのですが、今の惑星撮影は動画機能で撮影して、後でコンポジット処理する方法が一般的です。

シャッタースピードは1/30秒位にしておいて、その上でISO感度を変えて明るさを調整するのが良いと思います。

1/60秒や1/125秒、1/250秒で撮影してみましたが、後で動画をコンポジットできるRegistax(レジスタックス)やstellaimage(ステライメージ)で画像処理する時に何だか処理時間が掛かってやりにくいです。

1/30秒の動画ファイルでも十分のシャッタースピードだと思いますので、基本的に1/30秒で撮影するようにすれば良いと思います。

口径が小さい望遠鏡で拡大し過ぎると1/30秒でも暗くて惑星が写らない場合もありますので、その場合はISO感度を上げてみて、それでも暗ければ1/15秒などにシャッタースピードを下げると良いと思います。

今回の僕の場合はISO12800で1/30秒位がちょうどよい明るさになりました。

これは各々の機材などで変わってきますので調整して下さい。

ただ、惑星撮影の場合は基本的にカメラの明るさを±0よりもやや暗めに撮る方が良さそうです。

明る過ぎると白飛びして模様が出にくい感じがします。

なので1/30秒で明るさを±0・-1・-2位の3パターンを撮影しておくと良いかと思います。

惑星の動画撮影

シャッタースピードとISO感度が決まれば最後に動画撮影です。

惑星動画は音声があると画像処理ソフトが読み取ってくれないので、元々OFFにしておいたら良いかなと思います。

もちろん後で無音性の動画に変換すれば良いのでどちらでも構いません。

次に何秒動画を撮影するかと言うポイントがあります。

1/30秒で30秒撮影すれば900フレーム、1分なら1800フレーム、2分なら3600フレーム撮影する事になります。

多ければ多い程、後でスタックして良いフレームだけ抜き出せば良いのですが、多過ぎてもソフトが読み込まなかったり処理に時間が掛かったりします。

ステライメージは何万フレームでも読み込んでくれますが、Registax6では上限があるようです。

シャッタースピードが1/30秒なら、最長でも1回2分までで良いのではないかと思います。

3600フレームあれば、良い画像だけ抜き出しても500フレーム位はあるかと思います。

それだけスタックすればそこそこの画像になると思います。

更にフレーム数を増やせばコンポジット数が増えるので良さそうです。

惑星の画像処理

惑星の動画を画像処理する場合は、動画形式を変換してから必要なソフトで取り込む形になります。

一眼カメラで撮影した動画をクロップ&変換するソフト

一眼カメラは大体MOV形式のファイルが生成されるカメラが多いです。

惑星の動画処理ソフトはMOVに対応していない場合もあるので、MOV→無圧縮AVIやMPEG-1 Videoなどに変換する必要がある感じ。

また、動画から取り出した画像フレームで位置合わせする場合に、惑星を画面いっぱい近くに大きくした状態で位置合わせをしないときっちり合わないので、コンポジットの精度を上げる為に始めにクロップしたい場合もあります。

僕がクロップに使っているソフトは「Renee Video Editor」です。

惑星動画のクロップについては下記からどうぞ。

で、クロップが終わった動画を無圧縮(非圧縮)AVIに変換する場合に僕が使っている変換ソフトはFree Video Converterです。

ダウンロードやインストール、使い方は下記に記載しています。

ステライメージ8で惑星の画像処理

ステライメージ8では、惑星の画像処理がこれ1本で全て可能です。

また、多くの動画形式に対応しているし、何GBでも読み込んでくれるので、比較的やり易いと思います。

  • AVI形式:無圧縮、Cinepak、Motion JPEG、DV、Intel Indeo、Microsoft RLE、Microsoft Video 1、Microsoft YUV
  • MPEG形式:MPEG-1 Video (映像のみのMPEG-1ファイル)、MPEG-1 System (映像+音声のMPEG-1ファイル)

惑星の画像処理で必須なウェーブレットもありますし、画像復元処理もあります。

またアイシャープマスクも効果的です。

凄く使いやすいので僕はステライメージ8で惑星の画像処理をしています。

下記は初めて木星を画像処理した写真です。

まだまだですが、ステライメージだけで処理しました。

25cm反射望遠鏡(white dob)/F4.8/CANON EOS X7i/35秒/809枚を加算平均コンポジットした2018年04月19日に撮影した木星の天体写真です。

Registax6

フリーの惑星画像処理ソフトと言えばRegistax6ですね。

多くの方が使っているようなので、使い方もいろんな方が記載してくれています。

スタック処理はステライメージ8より早くて良いのですが、指定されている動画形式(無圧縮AVI、MPEG、SER)などにしても読み込めない事があり、画像処理できない事があります。

小さいサイズなら読み込める感じで、読み込める動画サイズは2GB位かもしれません。

無圧縮AVIなら30秒未満なら2GB以下になるかと思います。

ソフト自体が英語ですし、少ししきい値が高い気がします。

Autostackkert3

これもフリーの惑星画像処理ソフトです。

Registax6よりも簡単な操作でできるのですが、スタック専用って感じのソフトです。

なのでスタックした後の画像ファイルをRegistax6かステライメージ8で読み込んでウェーブレットなどの画像処理をする必要があるので、これだけでは完結しない感じです。

また、Registax6と同じファイル形式に対応しているとの事ですが、Autostackkert3も何故か読み込めない場合があるので(´;ω;`)ウッ…ってなる事があります。

これも2GB位までなら読み込める感じがします。

無圧縮AVIなら30秒以下が良いかもしれません。

惑星撮影は大気の状態が重要

惑星撮影は拡大率が高いので大気の揺れが非常に大きく影響します。

何回もチャレンジして、大気の揺れの少ない時に当たればラッキーです。

どこでも撮影できるのが惑星の利点なので、僕も何回もチャレンジしようと思います。

カメラは一眼カメラでも良いですし、webカメラを改造してアイピースの代わりにして撮影する方法もありますので、また今度記載したいと思います。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメントを残す


CAPTCHA