メシエ天体写真

M58

M58の星図

口径20cm反射望遠鏡/F5/EOS KISS X2/ISO1600/dark1/flat0/露出180秒×1枚

M58の天体写真(口径20cm反射望遠鏡/F5/EOS KISS X2/ISO1600/dark1/flat0/露出180秒×1枚)
撮影日時 2017年5月1日
撮影場所 奈良県山添村
望遠鏡 Kenko NEW Sky Explorer SE200N 反射式(D=200mm F=1000mm)F5
倍率 直焦点
トリミング あり
フィルター なし
赤道儀 アトラスEQ-G赤道儀
カメラ CANON EOS KISS x2(改)
自動導入コントローラー オートガイド
露出時間 180秒×1枚
画像処理ソフト Canon Digital Photo Professional(DPP)
コンポジット なし
ダーク減算 カメラのダークのみ
ノイズリダクション on
フラット処理 なし
その他 近くの恒星はデネボラ、スピカ、アークトゥルス
コメント

口径15.2cm反射望遠鏡/F5/EOS KISS X7i/ISO6400/dark1/flat32/露出45秒×6枚を加算コンポジット

口径15.2cm/F5/EOS KISS X7i/ISO6400/dark1/flat32/露出45秒×6枚を加算コンポジットしたM58の写真です。
撮影日時 2017年4月30日
撮影場所 奈良県山添村
望遠鏡 MEADE LXD55(D=152mm F=762mm)F5
倍率 直焦点
トリミング あり
フィルター なし
赤道儀 ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス
カメラ CANON EOS KISS x7i
自動導入コントローラー スカイセンサー2000PC
露出時間 45秒×6枚
画像処理ソフト Canon Digital Photo Professional(DPP)、RStacker
コンポジット 45秒×6枚加算コンポジット
ダーク減算 カメラのダーク1枚
ノイズリダクション off
フラット処理 32枚
その他 近くの恒星はデネボラ、スピカ、アークトゥルス
コメント 明るさが全く足りなかったので加算平均ではなく6枚を加算してみました。
しかし、それでも全く明るさが足りないので、元々もっと露出を掛けないと渦巻が出ないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
aibokun

コメントを残す


CAPTCHA