画像処理

惑星動画をRenee Video Editorでクロップして大きくする

惑星動画のクロップ方法~Renee Video Editor編~

惑星の画像処理で必要性を感じた動画のクロップ。

画面に小さく写った惑星動画をそのまま無圧縮AVIなどに変換してステライメージやRegiStaxで読み込んでスタック(コンポジット)しても、何となくボヤっとした画像になってしまう

恐らく映像が小さ過ぎて位置合わせがうまくいかないんだと思い、動画自体をクロップして惑星を大きくしてから無圧縮AVI変換して画像処理ソフトで読み込めばいいんじゃね?って事でやってみたら良い感じに画像処理ができました。

なのでクロップできるフリーソフト「Renee Video Editor」をみつけたので、惑星動画をクロップする手順を残しておきます。

一眼カメラのMOV形式のファイルも使えますよ。

Renee Video Editorで惑星動画をクロップする

Renee Video Editorのダウンロード

まずは「Renee Video Editor」をダウンロードして下さい。

下記の窓の社のページからダウンロードできます。

Renee Video Editorインストール

ダウンロードしたら「ReneeVideoEditor_installer.exe」と言うインストーラーをクリックすればインストールが開始します。

日本語ですし、簡単にインストールできます。

惑星をクロップして大きくする

一眼カメラ(canon eos x7i)で撮影したMOVファイルを「Rnee Video Editor」で惑星をクロップして大きくしてみます。

トップ画面の左上の「クロップ」をクリックします。

Renee Video Eidorのトップ画面で「クロップ」をクリックして下さい。

クロップ編集が画面の左上の「ファイルを追加」をクリックして惑星動画を読み込んで下さい。

クロップ編集画面で「ファイルを追加」をクリックする。

木星の動画が取り込まれました。

惑星(木星)の動画が取り込めました。

クロップサイズを変更します。

左の「クロップエリアサイズ」で変更します。

今は「1920×1080」のサイズですが、これを「640×360」にします。

今回は「640×360」でクロップしてみます。

「クロップエリアサイズ」に「640×360」と入力すると惑星を囲っていた枠が小さくなりますので、枠の中心部分の「+」をクリックしながら惑星を中心にします。

クロップエリアサイズで動画サイズを「640×360」と入力し、小さくなった枠を移動させて惑星を中心に入れます。

一番下の「出力形式」を「オリジナル形式を維持」とし、出力先をお好きなところに設定して「開始」バタンをクリックするとクロップ作業が開始されます。

出力形式を「オリジナル形式を維持」として、出力先を選択して「開始」ボタンをクリックするとクロップ処理が開始します。

以上で惑星動画のクロップ作業が終了です。

後はクロップして大きくなった惑星の動画(mov形式など)を無圧縮AVIに変換してからステライメージやRegiStaxなどで読み込んでスタック処理をしていきます。

※ステライメージ8.0fではmovファイルが音声ありでそのまま読み込めるようになっています!

無圧縮(非圧縮)AVIに変換する方法は下記からどうぞ。

一眼カメラのmov形式の惑星動画も、これでステライメージやRegiStaxで画像処理ができるようになりました。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメント

  1. TS009 より:

    Renee Video Editor!自分も使っています。
    操作も直感的で使いやすし、簡単な操作説明は各編集作業メニューに表示になります。
    無料版でここまで簡単にいろいろできていいソフトですね(^^♪

  2. aibou aibou より:

    TS009さんへ
    本当にシンプルで使い易いですよね。
    ソフトの制作者さん???

  3. TS009 より:

    いえm(__)m天体とか惑星とかは無知ですが、Renee Video Editorを使い始めて、子供が小さい時の動画を編集するのに作業方法をネットで見ていたら、ここにも辿り着き、突然お邪魔したました。
    Renee Video Editorはシンプルでいいですよね(^^♪

  4. aibou aibou より:

    TS009さんへ
    そうでしたか。
    パッと見もスマホのアプリ風で取っつき易い感じですよね!

コメントを残す


CAPTCHA