画像処理

惑星動画をRenee Video Editorでクロップして大きくする

惑星動画のクロップ方法~Renee Video Editor編~

惑星の画像処理で必要性を感じた動画のクロップ。

画面に小さく写った惑星動画をそのまま無圧縮AVIなどに変換してステライメージやRegiStaxで読み込んでスタック(コンポジット)しても、何となくボヤっとした画像になってしまう

恐らく映像が小さ過ぎて位置合わせがうまくいかないんだと思い、動画自体をクロップして惑星を大きくしてから無圧縮AVI変換して画像処理ソフトで読み込めばいいんじゃね?って事でやってみたら良い感じに画像処理ができました。

なのでクロップできるフリーソフト「Renee Video Editor」をみつけたので、惑星動画をクロップする手順を残しておきます。

一眼カメラのMOV形式のファイルも使えますよ。

Renee Video Editorで惑星動画をクロップする

Renee Video Editorのダウンロード

まずは「Renee Video Editor」をダウンロードして下さい。

下記の窓の社のページからダウンロードできます。

Renee Video Editorインストール

ダウンロードしたら「ReneeVideoEditor_installer.exe」と言うインストーラーをクリックすればインストールが開始します。

日本語ですし、簡単にインストールできます。

惑星をクロップして大きくする

一眼カメラ(canon eos x7i)で撮影したMOVファイルを「Rnee Video Editor」で惑星をクロップして大きくしてみます。

トップ画面の左上の「クロップ」をクリックします。

Renee Video Eidorのトップ画面で「クロップ」をクリックして下さい。

クロップ編集が画面の左上の「ファイルを追加」をクリックして惑星動画を読み込んで下さい。

クロップ編集画面で「ファイルを追加」をクリックする。

木星の動画が取り込まれました。

惑星(木星)の動画が取り込めました。

クロップサイズを変更します。

左の「クロップエリアサイズ」で変更します。

今は「1920×1080」のサイズですが、これを「640×360」にします。

今回は「640×360」でクロップしてみます。

「クロップエリアサイズ」に「640×360」と入力すると惑星を囲っていた枠が小さくなりますので、枠の中心部分の「+」をクリックしながら惑星を中心にします。

クロップエリアサイズで動画サイズを「640×360」と入力し、小さくなった枠を移動させて惑星を中心に入れます。

一番下の「出力形式」を「オリジナル形式を維持」とし、出力先をお好きなところに設定して「開始」バタンをクリックするとクロップ作業が開始されます。

出力形式を「オリジナル形式を維持」として、出力先を選択して「開始」ボタンをクリックするとクロップ処理が開始します。

以上で惑星動画のクロップ作業が終了です。

後はクロップして大きくなった惑星の動画(mov形式など)を無圧縮AVIに変換してからステライメージやRegiStaxなどで読み込んでスタック処理をしていきます。

無圧縮(非圧縮)AVIに変換する方法は下記からどうぞ。

一眼カメラのmov形式の惑星動画も、これでステライメージやRegiStaxで画像処理ができるようになりました。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメントを残す


CAPTCHA