画像処理

惑星動画の自動コンポジット(ステライメージ8編)

惑星動画の自動コンポジット~ステライメージ8編~

惑星の動画をステライメージ8で取り込んで自動コンポジット(自動スタック)する画像処理の手順をやってみます。

stellaimageに読み込む前段階は下記のようにやっています。

上記の事をしてからステライメージに読み込んでいます。

動画でご覧になる方は下記からどうぞ。

では、一眼カメラで撮影したMOV形式の動画をクロップ後に無圧縮AVIに変換した後にステライメージ8で読み込むところからやっていきます。

スポンサーリンク

動画の自動コンポジット

動画の読み込み

左上の「ファイル」「動画を開く」をクリックして、読み込みたい動画を選択します。

ステライメージ8のメニューバーの左上「ファイル」から「動画を開く」をクリックします。

PCから読み込みたい動画を選択します。

今回は一眼カメラで撮影したmov形式の動画をクロップ後に無圧縮AVIした35秒で約1GBの木星動画を読み込みます。

※テストで無圧縮AVIの80GBの動画を読み込んでみましたが、時間は掛かりますが読み込めました。

PC内の惑星動画を選択してステライメージ8に読み込ませます。

動画が読み込まれると動画コンポジットパネルが表示されます。

ステライメージ8に動画が読み込まれ、動画コンポジットパネルが表示されます。

動画コンポジットパネルの操作

動画が読み込まれたら、次にコンポジット分析範囲を指定します。

最初は読み込んだ動画全てをコンポジット分析範囲に指定すれば良いと思います。

動画コンポジットパネル中央付近の「開始」をクリックして、白文字の「1」を赤文字の「1」にします

ステライメージ8の動画コンポジットパネルの「開始」ボタンを押すと白文字の「1」が赤文字の「1」に変わります。

次にスライドバーの上にマウスを合わせ、クリックしながら一番右までスライドさせます。

ステライメージ8の動画コンポジットパネルのスライドバーをクリックしながら一番右まで移動させます。

スライドバーを一番右まで移動させたら、「終了」ボタンをクリックして数字を赤色に変えます。

これでフレーム「1」~「1066」までの範囲をコンポジット分析範囲とした事になります。

ステライメージ8の動画コンポジットパネルで終了ボタンを押すと白色から赤色の数字に変わります。

動画コンポジットパネルの「コンポジットボタン」を押すと「◯◯枚のフレームのコンポジット処理を実行します」と言うダイアログが表示されますので、「OK」を押して分析を開始します。

※「◯◯枚のフレームのコンポジット処理を実行します」と表示されますが、これはコンポジットを実行するのではなく、分析を開始するだけです。

ステライメージ8の動画コンポジットパネルの「コンポジット」ボタンをクリックし、「◯◯枚のフレームのコンポジット処理を実行します」と言うダイアログが表示されたら「OK」ボタンをクリックして分析を開始します。

するとスライドバーが右へ動き出し、自動で分析をしてくれます。

ステライメージ8の動画コンポジットパネルが自動で分析を開始してスライドバーが右へ移動する。

分析が終了したら「動画フレームパネル」が表示され、「対象フレームリスト」が表示されます。

「対象フレームリスト」でまずやるべき事は、「評価値」の部分をクリックして評価値の高い順に並べる事からです。

ステライメージ8の動画フレームパネルで評価値の高い順に並べます。

高評価順に並び変えたら各フレームをクリックしてみて下さい。

すると左側にそのフレームの画像が表示されますので、どの画像までコンポジットするかの範囲を決めていきます。

今回僕は高評価の上から154枚だけをコンポジットしてみようと思います

今回はフレーム「1~154」までコンポジットしたいので、「155~1066」のフレームを対象外にしてみます

フレーム「155」をクリックします。

ステライメージ8の動画フレームパネルの155番をクリックする

次にマウスで右のスクロールバーをクリックしながら一番下までスクロールさせます。

ステライメージ8の動画フレームパネルのスライドバーを一番下までスクロールさせます。

そしてキーボードの「Shift」を押しながら一番下のフレームをクリックすると「155~1066」までのフレームが全て青く選択されます。

ステライメージ8の動画フレームパネルでPCの「Shift」ボタンを押しながら一番下をクリックして選択範囲を全て指定する。

青く選択された状態で「一括チェック・オン/オフ」ボタンをクリックすると選択範囲のフレームの☑ボタンが外れて除外されます

ステライメージ8の動画フレームパネルの「一括チェック・オン/オフ」ボタンを押すと選択範囲のチェックボタンが解除されます。

これでフレーム「1~154」をコンポジットする選択範囲にできました。

最後にコンポジットの設定です。

  • 位置合わせに☑
  • 「画像の重心」を選択
  • ピクセル補間=バイジュービック
  • 合成方法=加算平均
  • 範囲外の値を除外=チェックを外す(必要なら☑を入れて下さい)

ステライメージ8の動画コンポジットの設定はこのような設定で良いかと思います。

これで「OK」をクリックすると「タイトル設定ダイアログ」が出てきますので、後で何枚コンポジットしたかわかり易いように「average154」などと名前を付けておくと良いかと思います。

ステライメージ8の動画コンポジット後のファイル名を決めます。

「OK」を押すと自動コンポジットが開始されます。

しばらく待つとコンポジットされたfitsファイルが生成されますので、画像処理する前に一度PCに保存しておくと後で何度でも処理をし直せます

動画コンポジットが終了し、fitsファイルが生成される。

後はコンポジットされたfitsファイルを画像処理して下さい。

初めて僕が木星を画像処理した画像が下記にあります。

手順や動画も作成していますので、良ければご覧ください。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメントを残す


CAPTCHA