撮影機材

PENTAX-KPで天体写真

PENTAX-KP(ペンタックスKP)で天体写真

PENTAX-KPで撮影した天体写真を晒していきます。

せっかくペンタックスの高感度一眼レフカメラと言う機材を購入したので、高感度で天体撮影をしました。

天体望遠鏡とPENTAX-KPの星雲・星団・銀河の天体写真が多いですが、星空・星野・星景写真も随時更新します。

画像処理も撮影もまだ下手くそですが、とりあえず天体写真アップしていきます。

スポンサーリンク

M45(すばる・プレアデス星団)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/リアルレゾリューションON/露出20秒×4枚を加算平均コンポジットした2017年11月15日22時28分48秒から撮影したM45(すばる・プレアデス星団)のメシエ天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM45(すばる・プレアデス星団)のメシエ天体写真です。

リアルレゾリューションをONにして、ISO25600で20秒露光した写真を4枚加算平均コンポジットしました。

20秒の露光で周辺の星雲が映るなんて今まで考えられないですよね。

M31(アンドロメダ銀河)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/リアルレゾリューションON/露出20秒×8枚を加算平均コンポジットした2017年11月15日19時47分42秒から撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM31(アンドロメダ銀河)のメシエ天体写真です。

リアルレゾリューションをONにして、ISO25600で20秒露光の写真を8枚加算平均コンポジットしました。

アンドロメダって普通に撮影したら周辺の青い色が出てなかったのですが、リアルレゾリューションをONにしたらかなりカラフルに色が出ました。

ちょっと画像処理をキツく掛けてしまったので荒くなりましたが、今度はもう少し露光時間を長くして淡い部分を出すか?コンポジットするかして無理な画像処理をしないようにしようかと思います。

M51(子持ち銀河)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正/リアレゾOFF/露出20秒×169枚を加算平均コンポジットした2018年03月14日02時45分02秒から撮影したM51(子持ち銀河)のメシエ天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM51(子持ち銀河)のメシエ天体写真です。

リアルレゾリューションはOFFで、ISO51200で20秒露光した写真を169枚加算平均コンポジットしました。

M64(黒眼銀河)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/ダーク減算なし/ソフトビニングフラット補正/リアレゾOFF/露出30秒×101枚を加算平均コンポジットした2018年03月14日00時39分44秒から撮影したM64(黒眼銀河)のメシエ天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM64(黒眼銀河)のメシエ天体写真です。

リアルレゾリューションはOFFで、ISO25600で30秒露光した写真を101枚加算平均コンポジットしました。

はくちょう座付近の天の川とPENTAX KP

PENTAX KP/TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII/フルサイズ換算27㎜/ISO12800/露出60秒/F4.5/52枚加算平均コンポジットした2018年06月17日02時20分56秒から撮影したはくちょう座の天の川と夏の大三角付近の天体写真です。

リアレゾなしのF4.5/ISO12800/60秒露光の写真を52枚加算平均コンポジットしたはくちょう座付近の天体写真です。

中古で9000円で買ったTAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiIIと言うレンズを使用しており、周辺は伸びていますが初心者の僕はそんなに今のところ気になりません(^^;)

M8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)とPENTAX-KP

tamron18-200mmズームレンズとpentax-kpで撮影したM8(干潟星雲)とM20の天体写真です。ISO25600/露出15秒を14枚加算平均コンポジットしました。

PENTAX-KPとTAMRONの18-200mmのズームレンズで撮影したM8「干潟星雲」(下)とM20「三裂星雲」(上)のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で15秒露光の写真を14枚加算平均コンポジットしました。

初めてカメラレンズとPENTAX-KPだけで撮影したのですが、周辺が伸びちゃいました。

この時に気が付いたのが、レンズマウントのガタの分、レンズが下に下がっていて写真の上の方の星が伸びたみたいです。

最近レンズマウントに薄いフィルム(お菓子の袋の切れ端)をレンズマウントの下に挟んでガタを無くして撮影すると、まずまず良い感じになっていたので、今後はそうする予定です。

M8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)が火星に大接近!PENTAX-KP

PENTAX-KPとTAMROM18-200mmズームレンズを使用して焦点距離300㎜(35mm換算)でISO12800/30秒を92枚加算平均コンポジットした2018年03月18日04時04分15秒から撮影したM8干潟星雲(下)とM20三裂星雲(上)の間を通過する火星の天体写真です。

上と同じくPENTAX-KPとTAMROMの18-200mmのズームレンズで35mm換算300mmで撮影した天体写真です。

M8(干潟星雲)M20(三裂星雲)に火星が大接近したので撮影してきました。

リアレゾなしのISO12800/30秒/92枚加算平均コンポジットしました。

スタック数を増やせば画質も良くなりますね。

M27(亜鈴状星雲)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/疑似フラット/露出20秒×14枚を加算平均コンポジットした2017年08月19日00時05分56秒に撮影したM27(あれい状星雲)の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM27(亜鈴状星雲)のメシエ天体写真です。

リアレゾなしでISO25600を20秒露光して14枚加算平均コンポジットしました。

もう少し明るめに画像処理すれば良かったかなぁと言った感じですが、短時間露光でもこれだけ写りました。

M33(さんかく座銀河)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出20秒×30枚を加算平均コンポジットした2017年09月24日21時12分36秒から撮影したM33(さんかく座銀河)のメシエ天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM33(さんかく座銀河)のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で20秒露光を30枚加算平均コンポジットです。

流石にM33は暗いのでISO25600/20秒でも周辺の淡い部分が出ていませんね。

今度は30秒か40秒露光してみようかなぁ。

M2とPENTAX-KP

2017年8月2日02時24分08から撮影したM2の天体写真です。カメラはPENTAX-KPで望遠鏡は反射式のLXD55。ISO25600で15秒露出JEPG撮って出し。カメラのダークのみでコンポジットなしです。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM2のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で露出15秒1枚JPEG撮って出しの写真です。

JPEG撮って出し1枚でも普通に写ってます!

M37とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出10秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月25日03時26分52秒から撮影したM37の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM37のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で露出10秒を31枚加算平均コンポジットです。

短時間露光は星が点になるので撮り易いですね。

M93とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出10秒×15枚を加算平均コンポジットした2017年10月27日03時59分31秒から撮影したM93の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM93のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO51200で10秒露光を15枚加算平均コンポジットしました。

ISO51200でも使えるんじゃない?って感じもします。

画像処理がもっとうまくなれば使えそうだなぁ。

NGC2237(バラ星雲)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出20秒×29枚を加算平均コンポジットした2017年09月26日04時22分38秒から撮影したNGC2237(バラ星雲)の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したNGC2237(バラ星雲)の天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で20秒露光を29枚加算平均コンポジットしました。

バラ星雲が露出20秒でここまで写るとか流石ペンタックスKPですね。

別に赤外線カットフィルターを外す改造はしていませんよ。

ドノーマルのペンタックスKPです。

なのに赤いHαが良く写ってますね。

NGC869とNGC884(ペルセウス座二重星団)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/カメラダーク/ステライメージ周辺減光処理/露出10秒×27枚を加算平均コンポジットした2017年09月19日00時43分36秒から撮影したNGC869(左)とNGC884(右)「ペルセウス座二重星団」の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したNGC869とNGC884(ペルセウス座二重星団)の天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で10秒露光を27枚加算平均コンポジットです。

散開星団もリアルレゾリューションを使えばいい感じになりそうなので、次回はリアレゾで撮影しようと思います。

NGC6888(三日月星雲・クレセント星雲)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドのフラット処理/露出20秒×27枚を加算平均コンポジットした2017年09月24日21時48分39秒から撮影したNGC6888(三日月星雲・クレセント星雲)の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したNGC6888(三日月星雲・クレセント星雲)の天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で露出20秒を27枚加算平均コンポジットしました。

淡い星雲ですが、なかなか色が出ててうれしかったですね。

ただ、相当淡い星雲なので、倍くらい露光した方がいいですね。

NGC7635(バブル星雲)とM52とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月25日00時22分44秒から撮影した右上:NGC7635(バブル星雲)と左下:M35の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したNGC7635「バブル星雲」(右上)とM52(左下)のメシエ天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で露出20秒を31枚加算平均コンポジットです。

Hαもきちんと写っていますね。

赤色が意外と写るのがペンタックスKPの良いところです。

IC434(馬頭星雲)とNGC2024(燃える木)とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO25600/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年09月26日03時55分34秒から撮影した中央:IC434(馬頭星雲)と左下:NGC2024(燃える木)と中央下:NGC2023。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したIC434(馬頭星雲)(中央)とNGC2024(燃える木)(左下)の天体写真です。

リアレゾなしのISO25600で露出20秒を31枚加算平均コンポジットです。

画像処理がうまければもっと綺麗な写真にできたと思うのですが、そこそこ赤いHαが写ってますね。

ペンタックスKPは赤外線フィルター外さなくても良いと思います。

M78とPENTAX-KP

口径15.2cm反射望遠鏡(LXD-55)/F5/PENTAX-KP/ISO51200/カメラダーク/フラットエイドでフラット/露出20秒×31枚を加算平均コンポジットした2017年10月27日01時43分32秒から撮影したM78(左)とNGC2071(右)の天体写真です。

PENTAX-KPと口径15.2cmの反射望遠鏡LXD-55に取付けて撮影したM78(ウルトラマン星雲):左、NGC2071:右の天体写真です。

リアレゾなしのISO51200で露出20秒を31枚加算平均コンポジットです。

白い反射星雲ですが、ISO51200でもそこそこ写りました。

ペンタックスKPの天体写真は随時追加していきます。

まだまだペンタックスKPで星空写真・星野写真・星景写真なども撮りたいので頑張ります!

まだ他にもペンタックスKPで撮影した天体写真はありますので、随時追加していきたいと思います。

他にも天体写真がありますので、下記も確認して下さい。

PENTAX-KPと同時購入した物

PENTAX-KPを購入した時に下記も同時に購入しました。

KP用大容量互換バッテリー2個とUSB充電器セット

天体写真は一晩カメラを使うので絶対にバッテリーが持ちません。

だから大容量のバッテリーを2個とモバイルバッテリーで充電できるUSB充電器のセットをアマゾンで購入しました。

これは買ってホントに良かったと思います。

星空写真にしろ望遠鏡に取付けるにしろ、モバイルバッテリーで充電できるのは最高です。

コンポジットの為に何枚も写真を撮影すると思うのですが、その間1つのバッテリーで1時間半近く持ちますので、使用している間にモバイルバッテリーでもう一つのバッテリーを充電しておけば、ちょうどバッテリーが無くなる頃に充電が完了します!

これで一晩でも二晩でも関係なく無限ループ充電ができるので最高です!

たまに液晶をつけっぱなしでバッテリーが早くなくなって充電が間に合わなくても、ノーマルのバッテリーもあるのでどうにでもなります。

このバッテリーセットはちょっとお勧めです。

PENTAX-KP用のTリング

僕は天体望遠鏡でも撮影しますので、必ずTリングが必要になります。

KPと天体望遠鏡を取り付けるのに下記のTリングもアマゾンで購入しました。

タイマー機能付き電子リモコンシャッター

KPは1回の露光時間が20分までならカメラ本体でインターバル撮影ができるので電子リモコンは必要ないのですが、それ以上露光する場合は必要になりますし、電子リモコンがあるといつ撮影が終了したかが音でもランプでも表示してくれるのでわかり易くて使い勝手が良い点とように思いますので、1つはもっておいても良いと思います。

KP用のタイマー機能付きの電子リモコン自体がみつからなかったのですが、CANON用の電子リモコンに変換アダプターを取り付ければKPで使えます!

CANON用と差込口の穴の大きさが違うだけなんですね。

って事で下記の電子リモコンシャッターと変換アダプターを購入して使用しています。

PENTAX用とも書いていますが、KPは穴の大きさが違いますので必ず変換アダプターも購入しておいて下さい。

それとKPで総露出時間を合わせた「低感度長時間露光少数枚VS高感度短時間露光多数枚」のテストもやってみました。

カメラを高感度設定にして短時間露光でも、コンポジット数を増やせば同じような天体写真が撮れそうですよ。

スポンサーリンク

天体写真ナビ

コメント

  1. ぺんたきしあん より:

    初めまして。こちらのブログ楽しく拝見させていただいています。
    KPとアストロトレーサー機能での天体写真に関する記事が少ないので非常に参考になります。
    こちらの記事、Twitterに貼り付けさせてもらっても大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。

  2. aibou aibou より:

    ぺんたきしあんさんへ
    コメントありがとうございますー。
    是非貼っつけてやって下さいませー!
    KPってめちゃ良いんですけどねぇ。
    またレビュー記事でも書いてみますねぇ。
    よろしくですー!

  3. ぺんたきしあん より:

    aibouさま
    ありがとうございます!
    お使いなのは赤道儀でしたね
    それにしてもリアレゾ素晴らしいですね!

  4. aibou aibou より:

    ぺんたきしあんさんへ
    赤道儀使ってますよ。
    リアレゾはかなり良さそうですね。
    ただ、天体写真に使う場合は星を止めないとリアレゾは変な写り方をしますね。
    上に載ってるM45のリアレゾありの写真は20秒露光です。
    リアレゾ20秒って事はL=20秒、R=20秒、G=20秒、B=20秒なので合計1分20秒星を止めないといけません。
    焦点距離1000mで1分20秒星が流れないようにしようと思うと必ず赤道儀がいりますね。
    また、リアレゾはオートガイドで追尾したらもっと効果を発揮するでしょうね。
    一度、リアレゾの動体補正をONにして撮ってみましたけど、星の周りが黒く丸く影ができてしまってダメでした。
    リアレゾの動体補正は、写真の中で動いた箇所に関しては補正しないと言うだけの機能のようです。
    リアレゾに関しては動体補正OFFで撮影しないといけない感じですね。

  5. おじさん より:

    すてきですね~

    って、自分と同じカメラで腕が違うとこんなすてきな写真が撮れるんですね(^^;)私には宝の持ち腐れなのかな(笑)

  6. aibou aibou より:

    おじさんへ
    kp使ってらっしゃるんですね!
    これまでは取り敢えず全部のメシエ撮りたかったので急いで撮りまくってました。
    今年は綺麗に撮るのをチャレンジしようと思ってます。
    宝の持ち腐れなんて事言わず、一緒に情報交換しながら撮りましょー。
    僕なんか大した事ないですが、僕が知ってる事ならなんでもお教えしますよ。
    ツイッターとかG +やってるならフォローし合いましょー!

  7. yooshi より:

    初めまして、aibouさん。
    年初より天体写真に興味を持って、こちらのHPで色々勉強させて頂き
    PENTAX KPと新型の望遠50-300mmPLMを購入しました。
    しばらくアストロトレーサーで撮影を楽しんでいましたが、300mmだと20秒でも
    微妙に流れることがあるので、結局赤道儀まで購入しちゃいました。

    KPと赤道儀で予想以上の出費になってしまい、今はKP+300mmカメラレンズで
    楽しんでいます。いずれaibouさんお勧めのニュートン反射15cmを買おうかと思っています。

    KP、天体撮影に使いやすいですよね!高感度ももちろんなんですが、3ダイヤルに
    よるパラメータ変更やインターバル撮影(30秒以上もできますよ~)-10度対応
    グローブ越しでも、手探りでも操作可能など暗い撮影現場でも問題なく操作できます。

    色々な実験や画像処理など非常に参考になる記事が多く、天体初心者の私でも
    すんなり理解できました。ありがとうございます。

  8. aibou aibou より:

    yooshiさんへ
    おぉ!KP仲間が増えた!
    アストロレーサーは300㎜だと結構厳しそうですねぇ。
    でも星空写真を手軽に撮るにはあると便利でうらやましい。
    15㎝のニュートン反射F5はオールマイティで良いですよ~!
    ちなみにインターバル撮影30秒以上できるって、どうやってやるんですか?
    ダイヤルをBにするとインターバル設定できないし、ダイヤルをMにすると30秒までしか露光できなくないですか?

  9. yooshi より:

    Bモードで最長20分まで設定できて、カーソル右ボタンでインターバル設定できないですか?
    私はいつも1分、30枚、開始トリガー2秒で設定してます。(1天体30分)
    今のところレリーズタイマーリモコンは無くてもいいかな、と思ってます。

    赤道儀買ってからはアストロトレーサーは全く使わなくなりました。
    確かにお手軽ですよ。精密キャリブレーションは1分あればOKですし、場所も自由に移動できますから。
    KPではアストロトレーサーインターバル撮影も出来ますから、画像処理すれば中々の作品ができますよ。

  10. aibou aibou より:

    yooshiさんへ
    ホントですね!?
    液晶の右の丸い緑のボタンで切り替えたらできました!
    この緑のボタンって切り替えするボタンなんですね。
    ずっと切り替えてなかったから30秒だったようです。
    これは記事を修正しておかなければ!
    いや~ありがとうございます!

コメントを残す


CAPTCHA