撮影機材

初心者におすすめな赤道儀の選び方

初心者におすすめな赤道儀の選び方

天体写真を綺麗に撮るには赤道儀がおすすめです。

しかし、初めてこういう撮影機材を購入する方にとってはどれが良いのか選ぶのが難しいと思います

また、購入してから失敗した!?って事が無いようにしたいものです。

なので、赤道儀の選び方として僕が実際に使用していて思う事を書いておきますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

赤道儀

天体写真に拘りだすと赤道儀が欲しくなってきますよね。

「赤道儀」と言えば昔は赤緯赤経共にモーターが付いた物が普通でした。

しかし、今では「ポータブル赤道儀」や赤道儀が無くても自動追尾ができる「アストロレーサー」と言う機材も出てきたので、星を自動追尾する機材は3つくらいに分類できると思います。

一応それぞれの特徴を書いておきますね。

オールマイティな赤道儀

赤道儀と言えば、僕的には赤緯赤経共にモーターが付いた物が普通です。

こういう赤道儀ですね。

ビクセンSP赤道儀スーパーポラリスと三脚を取り付けた状態です。

赤緯赤経共にモーターがある事によって、天体の位置情報が入ったコントローラーで検索したい恒星やメシエ・NGC・IC・惑星・月などを自動導入・自動追尾できるようになります。

自動導入は星図を見なくても容易に天体望遠鏡やカメラの視野の中に設定した天体が導入されるので非常に便利です。

天体は写真で撮らないと見えない物がたくさんありますから、手動で視野に導入するのは手間暇と時間が掛かる作業です。

また、コントローラーが対応していればPCにも接続できるので、オートガイド(更に精密な追尾)やいろんな天体ソフトを多用して観測・撮影・コントロールができます。

ですので多種多様な天体観測・天体写真が撮影できますので、オールマイティな赤道儀と言った感じです。

ポータブル赤道儀(ポタ赤)

ポータブル赤道儀(ポタ赤)は、赤経のみにモーターが取り付けられた赤道儀です。

赤経にしかモーターが取り付けられていない為、普通の赤道儀のように天体の自動導入はできません

しかし、一度手動で導入した天体は自動追尾できます。

天体は日周運動で移動していきますので、赤経モーターだけあれば追尾はできるんですね。

自動導入はできないけど、追尾はしてくれると言うのがポータブル赤道儀。

ですので、カメラで星野・星景を撮る場合はポータブル赤道儀で十分だと思います。

天体望遠鏡で天体写真を撮る場合は自動導入が無いので少し不便になりますが、小型望遠鏡なら可能な物がいろいろあります。

赤道儀を使わない自動追尾

赤道儀を使わずに天体の自動追尾ができる「アストロレーサー」と言う機材がリコーから発売されました。

「アストロレーサー」はリコーのカメラに取付ける付属品。

カメラの手振れ補正とGPSによって、星の短時間追尾をする機材です。

よって、広角レンズなら数分、200㎜などのレンズでは数十秒ですがカメラ単体で星の追尾ができるお手軽な機材です。

三脚も何でもいいですし、普通に景色を撮るようにしてアストロレーサーを取り付けたカメラを天体に向けるだけ。

びっくりする位お手軽追尾なので、赤道儀を持ってても1つ持っておきたい位の機材ですね。

当然星の自動導入はできませんし、できるのは短時間の自動追尾のみ。

気軽に三脚を立てて星野・星景写真を撮れる赤道儀もどきです。

リコー(PENTAX)の特定のカメラに取付けられます。

選び方

赤道儀を選ぶ時に僕が考える事を記載してみようと思います。

ここから説明するのは普通の赤緯赤経にモーターが付いている赤道儀の事です。

普通の赤道儀で考える事で、ポータブル赤道儀やアストロレーサーの事もわかると思いますので。

天体望遠鏡を選ぶ

赤道儀を選ぶ上でまず考えなければならないのは、どんな天体望遠鏡を使用するかです。

カメラ単体や小型望遠鏡であればポータブル赤道儀などを選んでも良い訳ですが、そこそこの天体望遠鏡を使用するなら普通の赤道儀を選ばなくてはなりません。

天体望遠鏡は屈折式・反射式・焦点距離や口径などいろいろある訳ですが、特に重さが非常に重要になってきます。

重さによって赤道儀を選択しなければならない訳なんです。

小さな赤道儀に大きな望遠鏡を取り付けても、その重さに対応していない赤道儀であれば天体を追尾し切れません。

もちろん目視だけと言うならそんなにシビヤな事は気になりませんが、天体写真を撮るとなると話は別です。

実際に赤道儀を使って天体写真を撮影しているとわかるんですが、赤道儀はちょっとしたバランス調整不足でも綺麗に星が点にならないものなんです。

天体の追尾と言うのは繊細で、バランスが悪いと精度の悪い追尾となってしまって星が線になってしまいます。

星を点にすると言うのは非常にシビヤな物です。

なので最初にどんな天体望遠鏡を使用するかを決める必要があります。

そしてその天体望遠鏡の重さを確認する必要があります。

もしどんな望遠鏡にするかを悩んでいるなら、下記を参考にしてみて下さい。

搭載可能重量で選ぶ

天体望遠鏡が決まれば、次に考えるのは赤道儀の搭載可能重量。

赤道儀の重さ自体じゃなくて、どれだけの重さの機材に対応しているかってことですね。

これ非常に重要です。

カタログでは大体

  • 搭載可能重量:不動点より25㎝で8.5㎏(モーメント荷重250kg・cm)

とか書かれていると思います。

不動点とは、赤道儀の赤経と赤緯の回転する部分の中心点と考えると言いと思います。

不動点から25㎝と言う事は、不動点から上側(望遠鏡を載せるところ)に25㎝と言う意味。

赤道儀の不動点から25cmを表した画像

例えば、上記のスペックの赤道儀に重量8.5kg口径10cmの天体望遠鏡を取り付けた場合、その望遠鏡の中心と不動点の距離が25cmであれば、8.5㎏まで可能と言う事。

この赤道儀に同じく8.5kgで口径20㎝の天体望遠鏡を取り付ければ、不動点は5㎝長くなるので8.5kgはスペックオーバーになります。

荷重モーメントは望遠鏡の長さが長くなる程負担が掛かりますが、荷重モーメントを見るよりも搭載可能重量を見れば良いと思います。

搭載可能重量を考える時には、

  • 天体望遠鏡の重量
  • カメラの重量
  • カメラアダプターの重量
  • フードの重量
  • ヒーターの重量
  • 将来オートガイドを使用した場合の重量

などを考慮する必要があります。

となると、ご自身が選んだ天体望遠鏡の重量よりも多くの重量を搭載できる赤道儀を選んだ方が良い訳ですね。

重量に余裕があればある程安定しますが、搭載可能重量が大きくなればなる程価格が高くなりますので、数kg位は余裕がある位を選べば良いと思います。

例えば、天体望遠鏡6kg+カメラとアダプター1kg+フードとヒーターが800gで使用する予定なら合計7.8kgなので最低でも搭載積載重量が8kgの赤道儀を選ばなけらばなりません。

更に将来オートガイドを取り付ける予定もあれば、10kg位に耐えられる赤道儀を選ぶ必要があります。

※カタログの積載可能重量は、タカハシ製作所やビクセンなどの国産メーカーは信頼できますが、海外メーカーの赤道儀は過度な積載可能重量を記載している場合も稀にありますので、実際に使用している方のレビューなどをチェックしてみる事をおすすめします。

自動導入コントローラーを選ぶ

天体自動導入コントローラー「ビクセンスカイセンサー2000PC」一式です。

赤道儀を購入する際にはコントローラーが付属されていると思います。

その際、ただ単に上下左右にコントロールできるだけの簡易なコントローラーだけの場合もあります。

しかし、天体望遠鏡を使用する場合は拡大率が高いので天体を自動導入できるコントローラーを購入する方が良いでしょう。

見えない天体は数多くありますので手動導入は極めて面倒です。

ですので赤道儀と望遠鏡を購入して天体写真を撮影するなら、自動導入コントローラーを選ぶ事をおすすめします。

PEC機能があるコントローラーを選ぶ

自動導入コントローラーにPEC機能が付いている赤道儀(コントローラー)を選んで下さい。

PECとは、「Periodic Error Correction(周期的エラー訂正)」の略。

赤道儀はギアが噛み合って回転する訳ですが、そのギアの精度のムラによって回転ムラが生じます。

この回転ムラを記録して、動きを修正するのがPEC機能です。

PEC機能があれば、更に星を点にできるようになるのでお勧めです。

赤道儀の追尾精度を表すのに「ピリオディックモーション」と言う指標がありますが、だいたいピリオディックモーションは±4~±10くらいだと思います。

当然精度の高い赤道儀が高価ですが、別にピリオディックモーション±10でもPEC機能があればかなり精度よく追尾できるようになりますので、精度を求める前にコントローラーにPEC機能があるかを確認してみて下さい。

初心者の方なら低価格な赤道儀でもPEC機能があればかなり良い追尾ができるのでおすすめです。

では、初心者におすすめな赤道儀の選び方でした。

スポンサーリンク

aibou

コメントを残す


CAPTCHA