撮影機材

天体写真の初心者におすすめなデジタル一眼カメラ3点

天体写真におススメなデジタル一眼カメラ

天体写真を撮影する機材でまずは手に入れたいのがカメラですね。

でも初心者の内はどれが天体写真に向いているデジカメなのかわからないと思うので、私なりにおすすめな一眼レフカメラ&ミラーレスカメラを3点ピックアップしたいと思います。

おススメカメラは随時更新しますね。

PENTAX-KP

pentax-kpにタムロンの18-200mmのズームレンズを取り付けた状態の写真です。

pentax-kpにタムロンの18-200mmのズームレンズを取り付けた状態です。

今初心者の方に一番おすすめしたい天体写真向けのカメラはリコーのPENTAX-KPです。

今現在私も愛用しているミラー有りの高感度デジタル一眼レフカメラです。

天体写真に向いていて高感度&高性能&多機能でそこそこの値段で初心者からベテランまで使えるカメラだと思います。

メーカサイトは下記からどうぞ

高感度&高機能なのに価格が安い

ISO829200と言う高感度カメラで10万円を切るカメラはPENTAX-KPだけだと思います。

α7sは高過ぎるけど高感度カメラが欲しいって方には一番のコストパフォーマンスだと思います。

  • 最高ISO829200の高感度カメラ
  • ボディ内5軸・5段手振れ補正
  • 赤道儀が無くてもアストロレーサーを使用すれば星の追尾ができる
  • リモコンが無くてもカメラ単体でインターバル撮影ができる
  • 光学ファインダーなのでバッテリー持ちが良いし、ファインダーが見やすい
  • Hα(赤い星雲)が結構映る
  • リアル・レゾリューション・システムでLRGBそれぞれが撮影ができる
  • 約2432万画素で充分な画素数(これだけあれば充分ですし、個人的には1800万画素くらいが好きかも)
  • メカシャッターと電子シャッターの両方がある
  • 14bitのRAWファイル

高感度カメラで尚且つ高機能で天体に向いているカメラが新品で10万円を切る(定価は14万くらい)っていうのがホントに魅力です。

高感度とボディ内5軸・5段手振れ補正によって手持ちで天の川が撮影できる!

最高ISO819200と言う超高感度特性!

実際ISO819200はノイズが多くて使えませんが、ISO51200位までならまずまず使えます。

大体ISO51200で露出1秒などで天の川が撮れちゃうんですよね。

手持ちで1秒露光ができるっていうのが驚きです!

1/2秒露光でISO102400などでもややノイズは多いけど天の川の写真が撮れちゃいます。

初心者としてはこういうポイントがあると楽しくて仕方ありません!

赤道儀がなくても適当な三脚があれば、10秒露出とかすればかなり綺麗に星空が写せちゃいます。

こういうカメラは初心者におすすめだと思います。

赤道儀が無くてもアストロレーサーを使用すればカメラ単体で星の追尾ができる

PENTAX-KPにはアストロレーサーと言う付属品を購入すれば、高価な赤道儀を購入しなくてもカメラ単体で星の追尾ができちゃいます!

制約としては5分までの露光までしかできない点と手振れ補正の範囲内までの星の移動分しか追尾できない点です。

5分の制約については、高感度で撮影すれば5分も露光する必要はないので大した問題はありません。

私は殆どISO25600で30秒以内で露光している事が殆どなので、充分追尾に使えると思います。

また、手振れ補正の範囲内までの星の追尾についてですが、広角で撮れば充分問題なく追尾できます。

200mmや300mmのレンズで撮影するなら30秒位までですかね。

まぁ30秒露光できれば高感度なので十分いろんな天体が撮影できます。

広角レンズなら数分露光できると思います。

私は赤道儀があるのでアストロレーサーは買ってませんが、星を見に行った先で簡易な三脚とPENTAX-KPとアストロレーサーで撮影している人を時々みます。

撮影した写真を見せてもらいますが、綺麗に星野・星景写真が撮れていますよ。

星を追尾して撮影するのに三脚とカメラだけと言うこの手軽さはホントに最高だと思います。

車にカメラと三脚だけ積んでたらいつでもどこでも撮影できちゃうんですもんね。

カメラ単体でインターバル撮影ができる

通常天体写真と言えばリモコンを接続してインターバル撮影をするのですが、PENTAX-KPはカメラ単体で可能です。

なのでタイムラプスなど、何時間も自動でシャッターを切り続けてくれるの便利です。

インターバル撮影は1回最大30秒までの露光と言う制限はありますので、30秒以上の場合はバルブ設定で撮影しないといけないのでその場合はリモコンでやった方がいいですが、ISO感度を上げて撮れば30秒で十分だと思います。

ベテランさんみたいに低感度で長い露光時間を掛けたくなればリモコンを買えば良いと思います。

光学ファインダーなのでバッテリー持ちが良い

天体写真に限らず私は光学ファインダーが好きです。

光学ファインダーはオートフォーカスが一瞬で合うので大好きです。

天体写真はAFは使いませんが、その他の利点として

  • バッテリー持ちが良い
  • ファインダーを覗いた時の見え方が目視に近いので自然で見易い

と言う事です。

天体写真を撮影していると長時間撮影するのでどうしてもバッテリーが気になります。

電子ファインダー(液晶ファインダー)だとバッテリーが30分とかで無くなっちゃったりします。

何個もバッテリーを持って交換していたらいいのかもしれませんが、やっぱり面倒だし撮影中に切れちゃうのは厄介です。

その点PENTAX-KPは光学ファインダーなので、バッテリーがかなりもちます。

電源をONにしていても液晶をOFFにしていれば昔のカメラみたいにバッテリーが全然減りません。

また、熱も発生しにくいので天体撮影には光学ファインダーがいいんですよねぇ。

倍の容量のバッテリーが安く売っているので、それを1個か2個あれば事足ります。

Hα(赤い星雲)が結構映る

馬頭星雲・バラ星雲・北アメリカ星雲など、Hα線で光っている赤い星雲って普通はあまり映らないんです。

ベテランさんになるとカメラの赤外線カットフィルターを外す改造をして、赤が良く映るようにしていたりします。

赤外線カットフィルターを外すと赤い星雲は映るようになるんですが、写真が真っ赤になるので普段使うカメラとして使えなくなっちゃうんですよね。

完全に天体撮影用カメラみたいな感じです。

初心者の私とすればそんなに何個もカメラを買えないし、って事で比較的赤も良く映るカメラがいいなぁと言う事でもPENTAX-KPを選びました。

実際に撮影しても赤色も結構映るんですよね。

そういう意味でもおススメですね。

リアルレゾリューションシステムでLRGBを別々に撮影できる

これは初心者の内は良くわからないと思います。

簡単に言えばLRGBそれぞれを撮影して合成するとより綺麗な写真になるんです。

中級者以上の機能かもしれません。

よくベテランさんがLRGBそれぞれのフィルターで撮影して、最後に画像を合成して1枚のカラー写真にしているのをみるんですが、それって綺麗になるんですが凄く面倒なんですよね。

そういう機能を簡単にできるのがリアルレゾリューションシステムです。

詳しくはメーカーサイトを見て下さい。

まだ私も天体写真にリアルレゾリューションシステム機能を使っていないのですが、普通の写真でテストしてみた結果、明らかに見た目わかる程に高精細で色も綺麗に出る写真に仕上がるんですよね。

ベテランさんがLRGB別々に撮影している意味が良くわかりました。

こういう機能がPENTAX-KPには搭載されているんですよ!

近くにリアルレゾリューションシステムをONにして天体写真撮ってみます。

α7sⅱ(α7s2)

黒文字で書かれた「α7s2」

次にお勧めなカメラはα7Sではなく、α7sⅱです。

α7sはバルブ撮影で微光星が消える問題や充電しながら撮影できない問題などがあり、天体写真にはあまりお勧めしません。

なのでおすすめするのはα7sⅱの方です。

でも高いんですよ・・・

私はPENTAX-KPとα7sⅱのどっちを買おうか悩んだんですが、α7sⅱの価格はPENTAX-KP3台分くらいの高価格なので諦めました(;´・ω・)

またフルサイズなのでレンズもめちゃくちゃ高い・・・

なのでお金のある初心者さんならぜひα7sⅱを購入してみて下さい!

私は持っていませんが、天体観測に行った時に時々見させてもらっているのですが、もういろんな意味でびっくりするカメラです。

動画で天体を見たい人はα7sⅱです!

写真は1220万画素なのでちょっと少ない感じはあります。

メーカーサイトは下記から

動画で満点の星空が撮影できる

PENTAX-KPはα7sⅱに比べたら動画性能はISO36000までなので大したことないんです。

でもα7Sやα7sⅱは動画でもISO409600まで高感度で撮影できます。

実際はISO409600は荒くて使えない感じですが、ISO102400少々位までなら結構使えます。

動画でISO102400やISO120000やISO160000などで星空を見ると、正に宇宙に行ったかのような満点の星空が映し出されます。

これはちょっと感動もんですよ!

人に星空を説明するのに便利

初心者さんは暗いところに行けば写真のように天体が見えると思っている人が結構いるのですが、実際は写真で撮らないと綺麗に見えないんですよね。

なので星を見に連れて行ってあげても少々期待外れされちゃうんじゃないでしょうか?

でもα7sやα7sⅱがあれば、写真程ではないですが色付いた天体がリアルタイムの動画で映し出せちゃうので、人に星空を見せてあげたり説明したりするのにとっても便利だと思います。

ニコ生やyoutubeの動画配信などにも使えるので凄くいいですよ。

望遠鏡に取付ければメシエ天体などがリアルタイムで色が付いて見えるので、人に説明したり天体を見せてあげるのに最適です。

ノイズが少ない

α7sやα7sⅱはフルサイズセンサーでISO409600で、PENTAX-KPはAPS-CサイズのセンサーでISO819600です。

いろいろノイズのテストをしているサイトを見ましたが、α7sⅱの方がPENTAX-KPよりもノイズが少ないです。

PENTAX-KPでISO51600のノイズとα7sⅱのISO102400位が同じ位のノイズのような感じがします。

高感度一眼カメラで一番ノイズが少ないのがα7sⅱじゃないでしょうか。

USB充電ができる

α7sはUSB充電もできないし、充電中はカメラの電源をOFFにしなければ使えません。

でもα7sⅱはUSB充電しながら使えるのでおすすめですね。

天体写真は長い時間使用しますので、5Vのモバイルバッテリーを繋ぎながら撮影できると言うのは超便利です。

光学ファインダーはついていなくて、電子ファインダーだけなのでバッテリーの消耗は激しいですが、モバイルバッテリーがあれば安心です。

ただ、バッテリーの消耗が激しいと言うことは、熱ノイズが出易いと言うことなので、熱に弱いと言えると思います。

ボディ内5軸手振れ補正で手持ちで星空の写真も動画も撮影できる

天の川はもちろん、いろんな星空が手持ちで撮影できるのが便利です。

PENTAX-KPも手持ちで写真は撮影できますが、動画は感度がISO36000でシャッタースピードが1/30までなので殆どなにも映りません。

でもα7sやα7sⅱであれば手持ちで写真も動画も撮影できます。

手軽過ぎて楽しいですよ~!

EOS KISS X7i

タムロン18-200mmのズームレンズを取り付けたキャノンEOS KISS X7i

タムロン18-200mmのズームレンズを取り付けたキャノンEOS KISS X7i

天体写真もそこそこ綺麗に撮れる低価格な一眼レフカメラはcanonのEOS KISS X7iだと思います。

「X7」ではなくて、「X7i」の方です。

X7は液晶画面が本体固定で、X7iはバリアングル液晶です。

天体写真は変な角度で写真撮影をするので、液晶画面が固定されていると非常に不便です。

天体撮影には液晶画面が動かせるのがベストですね。

私はPENTAX-KPを使う前はX7iを使っていました。

今では3~4万円で新品ボディがあるんじゃないでしょうか。

とにかくリーズナブルで天体写真も撮りたい人にお勧めなカメラです。

メーカーサイトは下記から

低価格な天体写真向きなカメラ

とにかくできるだけ安く天体写真も撮りたいと言う方にはX7iがおススメです。

私も天体写真を始めた時はこのカメラでした。

本体が新品で3~4万円で購入できるし、CANONはレンズも豊富で安いのがたくさんあります。

中古もたくさん出回っているので安く済みます。

しかも天体写真も結構綺麗に映るんですよね。

下記に赤道儀を使ってX7iで撮影したM42(オリオン大星雲)があるので見てみて下さい。

ただ、赤道儀がないと思ったような天体写真が撮れないと思うので、赤道儀を購入する予定の人でカメラは安く済ませたい方にはお勧めです。

バリアングル液晶

天体写真は変な角度で撮影します。

カメラを上に向けると液晶が見にくくなります。

なのでバリアングル液晶であるX7iはとても使いやすく天体向きです。

バリアングル液晶は、液晶を横に広げてクルクル回転させられるんです。

なのでどんな角度でも見やすくて便利です。

PENTAX-KPやα7sⅱはチルト式の液晶なので上下に開くだけの形ですが、X7iは斜め横から斜め上からでもどこからでも見易いくできます。

KPもα7sⅱもバリアングルだったら良かったのになぁ。

光学ファインダーなのでバッテリー持ちが良くて見やすい

PENTAX-KPもそうですが、X7iも光学ファインダーです。

なのでバッテリー持ちが良くて天体写真向きですね。

USB充電はできませんが、大容量のバッテリーを購入しておけば済みますね。

倍くらいの容量のバッテリーが安く売っていますので、そういうのを1個か2個購入しておけば事足りますね。

ISO感度が最大ISO25600

ISO25600だと拡張機能なのでノイズが多いので使えませんが、ISO6400ならかなり綺麗に撮れます。

ISO12800だとノイズが気になりますが、コンポジットすればどうにかなるかと思います。

私が天体写真に使っていたのはいつもISO6400ですね。

KPやα7sⅱに比べれば感度が低いように思いますが、X7iでも充分天体写真が撮影できます。

ただ、KPやα7sⅱのように感度が高くないので、短時間露光では限界があります。

カメラ単体である程度の星空は移せますが、本格的に撮影するには赤道儀が必要になってきますね。

赤道儀があるとか買う予定だと言う方ならX7iでも十分いろんな天体が撮影できますよ。

天体写真に必要な最低限のカメラの条件

別に天体写真を撮影するのに高価なカメラはなくても撮れます。

ただ、最低限下記のような条件は必要じゃないかと思います。

  • バルブ撮影ができる
  • レリーズ(リモコン)が付けられる若しくはインターバル機能がある
  • センサーサイズがAPS-C以上
  • カメラレンズが交換できる(交換できなくても撮れますが、将来望遠鏡に付けたりしようとしても付けれないです)
  • マニュアルフォーカスができる

こんな感じでしょうか。

上記の条件を満たせば綺麗な天体写真が撮影できますので、コンパクトカメラでも可能です。

また、星景・星野写真だけでも良いならレンズは交換できなくても良いですよ。

ちなみに下記はレンズ交換ができないsonyのコンパクトスチールカメラ「SONY DSC-RX100M2」を借りて撮影した天の川のタイムラプスです。

コンパクトカメラで赤道儀がなくてもこんなのができます。

では、また初心者さんにおすすめのデジタル一眼カメラがあれば掲載してきます。

天体写真ってホント楽しいですよね~!

スポンサーリンク

aibou

コメントを残す


CAPTCHA