撮影機材

天体望遠鏡と一眼レフで写真撮影する場合の機材一式

2017年7月現在の望遠鏡による天体撮影機材一式をセットした状態です。

天体撮影と言えば、やはり天体望遠鏡と一眼レフカメラ、赤道儀と言った機材を使って撮影するのが定番ですね。

私は現在、赤道儀を使って自動追尾して天体望遠鏡に一眼レフカメラを取り付けて撮影しています。

ここまでくると本格的な天体観測に見えるかもしれませんが、ベテランの方はオートガイドやPCを取り付けてやっている人がいっぱいです。

初心者の私は今の機材でいろんな天体を撮影して楽しんでいます!

これでも十分楽しめるのでいいですよ~!

天体望遠鏡

天体望遠鏡はシュミット・ニュートン式の「MEADE LXD55」(口径=15.2㎝、焦点距離=762mmでF5)と言う反射望遠鏡を使用しています。

天体望遠鏡MEADE-LXD55本体

LXD‐55ニュートン式反射望遠鏡を正面から見た写真です。シュミット補正ガラスが付いていますが、これで画像がシャープになります。

LXD‐55ニュートン式反射望遠鏡を正面から見た写真です。シュミット補正ガラスが付いていますが、これで画像がシャープになります。

これ安くて古い反射望遠鏡なのですが、F5と明るくてシャープで軽量コンパクトでなかなかいいです。

シュミット補正ガラスが付いているのでシャープに映る反面、青白いM45(スバル・プレヤデス星団)のような天体を撮影すると青いケラレのような物が映ってしまうのが難点。

実際の撮影では、望遠鏡に自作のフードを被せて露対策をしています。

フードだけでも露が付く場合がありますので、その場合はホッカイロを望遠鏡に張り付けてタオルで巻いて固定しています。

レンズに露が付着すれば撮影どころじゃありませんので、恰好は気にしません!

一眼レフカメラ

前はcanon eos kiss x7iを使用していたのですが、今はpentax kpです。

pentax-kpにタムロンの18-200mmのズームレンズを取り付けた状態の写真です。

pentax-kpにタムロンの18-200mmのズームレンズを取り付けた状態です。

ISO81万まである高感度な一眼レフです。

天体で使用できるのはISO12800~ISO51200までかと思いますが、オートガイドを使わない私としてはなるべく短時間露光で撮影したいので、ISO51200で15秒露出などで撮影しています。

ここまで高感度が使えるとオートガイドがなくても、赤道儀だけで星がピッタリ止まります。

直焦点用カメラアダプター

天体撮影では直焦点撮影を一番良く行います。

その時にカメラと望遠鏡を接続する為に必要なのがTリングアダプターです。

PENTAX KP用のTリングです。左が望遠鏡取り付け側、右がカメラ取り付け側です。矢印のネジはカメラを回転させる為にノーマルのネジを取り外して新たに取り付けました。

拡大撮影用アダプター

惑星や小さな銀河などの天体を狙う時にアイピースやバローレンズを使用して撮影します。

その時に必要な拡大撮影用のアダプターです。

拡大撮影用アダプターとTリングを接続させた写真です。

タイマー機能付きレリーズ

液晶付きで便利なタイマー機能付き電子レリーズです。

私のPENTAX KPには30秒露光までならタイマー撮影ができるので現在はレリーズを使用していないのですが、それ以上の露光(バルブ撮影)になるとタイマー機能付きレリーズは必須ですね。

これは1つは持っておいた方が良いように思います。

赤道儀と三脚

ビクセンSP赤道儀スーパーポラリスと三脚を取り付けた状態です。

赤道儀は「ビクセン SP赤道儀 スーパーポラリス」を使用しています。

古い赤道儀ですが、意外と精度が高くて優秀です。

赤道儀は日本製が良いですね。

海外製品はギヤの精度があまいみたいで、いくら正確に極軸を合わせてもドンドンずれてしまいます。

海外製品の赤道儀を使うならオートガイドは必須な気がします。

自動コントローラー

天体自動導入コントローラー「ビクセンスカイセンサー2000PC」一式です。

自動コントローラーは「スカイセンサー2000PC」を使用しています。

これで天体の導入を行って撮影ています。

バッテリーから電源を取って赤道儀に接続させて使用しています。

パーティノフマスク

黒色自作パーティノフマスク

ピント調整用のパーティノフマスクです。

これを望遠鏡の先端に取り付けて、撮影直前にピントを合わせます。

パーティノフマスクが無くてもカメラで星を拡大してピント合わせをしてもいいのですが、これを使用する方がピントが正確に出せます。

バッテリー

カーバッテリー「34B17L-MF」

私は自分の車に取付けていたバッテリーがヘタってきたので新品のカーバッテリーを買い、今まで車に取付けていた古いバッテリーを天体撮影用に使用しています。

車のエンジンは掛からないかもしれない位ヘタッてますが、赤道儀などの微弱な電流なら一晩全然持ちます。

バッテリーに繋いているのは赤道儀を動かす為の自動コントローラーです。

バッテリークリップでバッテリーと自動コントローラーを接続しています。

星図

春夏秋冬それぞれの星図を1枚ずつ計4枚です。

最近はスマホアプリで星図があるのですが、私は昔ながらの紙の星図を使っています。

暗いところでスマホをずっと見てると、見上げた時に暗闇に目が慣れないんですよね。

こんな感じで撮影しています

2017年7月現在の望遠鏡による天体撮影機材一式をセットした状態です。

これが2017年7月現在の天体写真撮影機材一式のスタイルです。

なるべく機材を減らして気軽に撮影できるようにしている感じです。

オートガイドやPCも使うともっと便利なのですが、なんせバッテリーを増やさなきゃいけないし、荷物が増えちゃいます。

私はカーバッテリー1個でできる範囲でやろうとしています。

気軽に星を撮影しに行きたいので、なるべく軽量に!って感じです。

ただ、その内こだわり出すとどうなるかわかりませんけど・・・

スポンサーリンク

aibou

コメントを残す


CAPTCHA